選手FOCUS / IN FOCUS

川上 利明 Toshiaki Kawakami

フォワード・FL/NO.8

どんな相手に対しても身体を張ったプレーを信条としている、川上利明選手。ラグビーの名門チームを歩み、高校・大学・社会人と、日本一の経験をしてきている希有な存在だ。一度はラグビーから遠ざかっていた時期もあったが、今再びラグビーは彼の人生の一部となっている。

大阪のラグビー少年にとってのエリートコースを歩む

川上 利明

――質問に入る前に、お姉さん(川上未映子氏)、芥川賞受賞おめでとうございます

ありがとうございます(笑)。

――ではさっそく本題に入りますが、ラグビーを始めたのはいつからですか?

中学校の時です。すみれ(菫)中学って言って名前はかわいいんですが、OBに大西さん(大西一平  元神戸製鋼)や藤田さん(藤田剛  現明治大学ヘッドコーチ)がいた、大阪ではラグビーで有名なところです。仲のいい友達が入部したのがきっかけでした。初めて出させてもらった試合で、ぶつかった相手が吹っ飛んでいくのを見て、「これだ」と思いましたね。

――強豪高校ひしめく大阪で、その後大工大高を選んだ理由を教えてください

中学校3年生の時に大阪市で優勝してオール大阪に選んでもらい、中学校の先生に「大工大高(への進学は)どうだ?」と聞かれて行こうかなと考えました。それに元々大阪はラグビーが盛んな地域なので、知り合いのおばちゃんとかに普段から「大阪なら工大(大工大高)から明治いって、将来は神戸製鋼や」みたいに言われていたので(笑)、そうなればいいなという漠然とした憧れもありましたね。

――その大工大高では三年生の時に高校選手権で優勝していますが、順調でしたか?

2年生の時に府大会の決勝で啓光学園に負けてしまって、その年の高校選手権では場内の清掃係に行かせられたんですよ。僕自身は他の高校の選手がプレーするのを見て、単純に「すごいなぁ」と見ていたんですが、野上監督(当時、現大工大高ラグビー部部長)に「来年は選手としてここの舞台に立つんだ」と言われて、今考えるとくさいセリフなんですが当時は熱くなりましたね。

――そこから快進撃が始まる訳ですね

自分ではその言葉を意識したりはしませんでしたけど、高校選手権が終わってすぐに始まった予選でNo.8に転向して、チームも予選を勝ちあがりました。オール大阪に選ばれ始めたのもこの頃で、自信がついてきました。カバンももらえましたし。

――カバンですか?

今はどうかわかりませんが、当時はオール大阪に選ばれると、代表チームのカバンがもらえました。それが一つのステータスで、高校に入ってそのカバンを持ち歩くこと、つまりオール大阪に選ばれることが最初の大きな目標だったんです。

――そして高校選手権出場が叶います。その時の気持ちは?

この年は公式戦負けなしのまま高校選手権に出場したんです。高校日本代表候補に何人も大工大高から選ばれていたし、優勝できる力はあると思っていたので、みんな自信を持っていました。でもチーム内で激しいポジション争いがありましたから、油断とか慢心とかは全くありませんでした。

――では、優勝した時はどんな気持ちでしたか?

もちろん感動しましたよ。周りからは勝って当たり前っていう目で見られていましたが、勝利を義務づけられているチームほど勝つ難しさがありますから、結果を求められる中で優勝した時はホッとするというか、達成感がありましたね。

――無敗で全国優勝して明治に行きます。憧れが実現しましたね

中学校の頃は明治に行きたいと思っていたんですが、進路を決めるとなると、明治は怖いというイメージがあってちょっとびびっていました。僕も後々明治の怖い先輩になるんですけど(笑)。でも結局明治のセレクションを受けることになって、試験の日にチームメイトの森藤(森藤一馬  元神戸製鋼)と二人で、震えながら新幹線に乗っていた記憶があります。

――憧れの明治に入っていかがでしたか?

1年生ではHOでリザーブでした。1年先輩に山岡さん(山岡俊  現サントリー)という素晴らしい先輩がいらっしゃったので、これではずっと試合に出られないと思いました。それで2年生の時にキャプテンに申告して、FLに転向しました。高校時代プレーしていたNo.8には祐也(斉藤祐也  現豊田自動織機)がいたし、FLも片方は岡本さん(岡本淳平  元近鉄)が副キャプテンだったので席は一つしかなくて、そこで同級生の元(元申騎  現サントリー)と競う事になりました。

当時「学生最強の3列」と謳われた、明治大学時代の勇姿当時「学生最強の3列」と謳われた、明治大学時代の勇姿

――2年生で出場した大学選手権は準優勝に終わってしまいましたね

選手権2回戦の法政大戦にFLで途中出場して良いプレーができたので、そこからずっとFLでスタメンだったんです。でも決勝でシンビン(10分間の退場)になり、チームも関東学院に敗れてしまいました。3連覇の目標を途絶えさせてしまって、凄く責任を感じました。

――3年生で初めて早明戦に出場しました

2年生の対抗戦は出ていなかったので、初めて早明戦に出られて嬉しかったです。ここを目標に明治でラグビーをやっていた部分もあったし、勝って(27-24)自分たちのアイデンティティを強く感じられました。大観衆の前でのプレーはやはり格別ですし、早明戦という伝統の戦いは独特の雰囲気がありました。僕は、いざ試合が始まってしまえば観衆が多くても少なくても気にならなくなってしまうのですが、早明戦ではモール等で転がって天地がわからない状況になると、地面から満員の観衆の地鳴りみたいな音が聞こえてきて、特別な感覚を味わいました。

――雪辱を期したい最終学年の大学選手権では、2回戦でまたしても関東学院に敗退

もちろん最終学年なので優勝しかないと思ってました。自分はFWリーダーを務めていたのですが、1~5番のレギュラー選手が卒業してしまって一度に抜けたのは大きかったですね。下級生も頑張ってくれましたが、セットプレーで苦戦しました。3年間関東学院に勝てなかったのは悔しかったですね。

――明治伝統の、学生主体の運営に難しさはありましたか?

まずプレーヤーであるキャプテンが周りの選手を評価して選ぶことは難しいですし、客観的に見る人が必要だと思いますが、当時はそうせざるを得ない状況でした。選手はその環境で頑張るしかなかったですから、与えられた中でやるだけのことはやっていたと思います。でも、キャプテンが仕切るっていうのも大学でしかできない良い伝統だと思います。

――そして、その後神戸製鋼に

神戸製鋼のラグビーに対しての情熱を感じました。伝統もありましたし、会社の体制も整っていました。何よりも当時最強ともいえる存在でしたから、ラグビーをまた一から勉強できると考えました。全早明戦(現役とOBの混成チームによる、全早稲田大学対全明治大学の定期戦)の機会などで、小村さん(小村淳、元神戸製鋼)に実際の話を聞かせていただいたりして決めました。

――実際に入ってみて、神戸製鋼はどうでしたか?

練習に対する緊張感が違いましたね。良いプレーを10回しても、ひとつ悪いプレーをすれば試合に出られなくなるほど、ミスに厳しかったです。それに大学までは個々の力で突破できる時もあるんですけど、社会人ではそうはいきませんでした。まずチームメイトに信頼されなければ試合に出場できませんでしたから、認めてもらえるようにとにかく身体を張ったプレーを心がけました。

――社会人日本一のチームは、これまでとはレベルが違いましたか?

モールで一歩足を下げるだけでも「簡単に下げるな」とか、小さなプレーも決して疎かにしませんし、1対1のプライドというか、痛いところから逃げないというのがありましたね。スクラムの練習でも局面局面全て100%力を出すことを求められましたし、回りは凄い人たちで追いつくだけでも一杯一杯でしたね。

課題が明らかになった来シーズンは、必ずもっと強くなれる

課題が明らかになった来シーズンは、必ずもっと強くなれる

――それからNTT東日本に来るきっかけは?

神戸製鋼を辞めた時に、ラグビーを辞めて普通の会社員になろうともしたんです。ただまだ26歳でしたしウェイト(ウェイトトレーニング)は続けていました。だんだん働きながらラグビーがしたいと思い始め、ちょうどNTT東日本から話を頂きました。

――NTT東日本に入って最初の感想は?

まず、またラグビーが出来るのが嬉しかったですね。公園とかで一人でボールに触る機会はありましたが、チームとして練習するのがこんなに嬉しいものなのかと感慨深かったです。

――チームの印象は?

初めて試合を見た印象は、足を引きずりながらもプレーしている選手がいたり、守備を頑張っていて「凄いなぁ」と思いました。守勢に回ることが多い試合だったのですが、アタック力を上げたら面白いチームになるなとスタンドで考えてました。

――どんなところで貢献していこうと考えてましたか?

正直いって、当時はひとつひとつの練習の目的を考えない選手が多かった気がします。メニューをこなすだけでなく、何のためにそのメニューに取り組むのかということを意識していけるように、自分の経験を伝えて強くしていきたいと思いました。

――今シーズンを振り返ってどうでしたか?

もったいないなと思いました。実際にプレーしていても、(敗れた)横河電機やセコムとはそれほど差はなく、トップリーグに行くチャンスは十分にあったと思います。ただ、今年の経験によって、何ができて何ができなかったのかが明らかになったので、来シーズンは今シーズンより絶対に強くなります。

――優勝するチャンスもありましたが、最終的に3位になってしまったターニングポイントは?

それは12月のセコム戦に負けたことです。僅差とか関係なくて、負けたこと。それが全てです。

――あの敗戦が尾を引いてしまいましたか?

うーん、尾を引くような影響があったとは思いませんが、あの負けで最終戦の横河戦はただ単に勝つだけでは優勝出来なくなってしまい、勝ち点とか点差とか、優勝が条件付きになったじゃないですか。そういう緊迫した試合の経験が少ないので、試合前から難しいことを考えてしまっていた気がします。セコム戦に勝利していれば、横河戦は勝ち点とか点差に関係なく、勝てば優勝できたわけです。

――では、プレーオフの勝敗を分けた要因は?

僕はセットプレーだったと思います。例えばラインアウトでは、セコムは12月の時とは違った立ち方で入ってきて、僕たちは対応しきれずマイラインアウトも奪われました。そうしたセットプレーの差が勝敗を分けたと思います。

――強いチームとの差を埋めていくにはどうしたらよいでしょう?

やはり今以上にタイトなゲームをこなすことです。強いチームと試合を重ねてそれに勝っていくことで、若い選手は勝ち方を覚えていくし、より多くの経験を積んでもっと成長していく筈です。

――川上選手の来シーズンに向けての抱負を聞かせてください

まず試合に出られるように頑張ることです。今シーズンは全試合出場させてもらいましたが、来シーズンにその保証はどこにもありません。それと、経験の少ない若手をどうやって引き上げていくか。自分は今30歳ですけど、こんな"オッサン"からレギュラーを奪い取る若手が早く出てこないかなとも思ってます。それはチームのレベルが高まっていくことの現われですから。

――今シーズン応援してくれたサポーターにメッセージを

サポーターの皆さまには、大変感謝しています。せっかくの休日や時には雨の中、ご観戦、ご声援を送っていただきありがとうございました。ゲーム終盤で体力が落ちてきた時に身体を張ることができたのも、皆さまのご声援のお陰だと思っています。ぜひ来季も競技場に足を運んでください。どうぞよろしくお願いします。