選手FOCUS / IN FOCUS

石神 勝 Masaru Ishigami

フォワード・LO

彼もまた、元々はサッカー選手であった。その運動能力の高さを見込まれてラグビーを始め、ドンドンとのめり込んでいった。ひょろひょろっとした長身のサッカー選手が、いつの間にか逞しいLOへ。だからラグビーは面白い。

石神 勝

高校ラグビー部の先生に導かれて、ステップアップを重ねた

――ラグビーを始めたきっかけは?

中学生のときはサッカーをやっていて全国大会まで行けまして、その試合を、たまたま高校のラグビー部の先生が見ていて、「あいつをラグビーに引っ張りたいな」と思ってくださったみたいです。それで、わざわざ学校も調べて来ていただいて、誘ってもらいました。でも、サッカーをしている人からしたら、ラグビーって怖いじゃないですか。それで、最初は断っていたのですが、それでも何度も熱烈に誘っていただいて、その熱意に負けてというか、それで始めましたね。

――岐阜第一高校に進学したのは、ラグビーをするためだったのですね?

そうですね。岐阜第一高校は、僕が入った年に初めて15人制の試合をするような、人数も揃わないラグビー部でした。僕が入った年に結構人数も入りまして、初めて15人制の試合をしました。でも、岐阜は元々ラグビーチームがそれほどあるわけではないんですよ。10チームくらいしかなくて。でもその中でも最終的には3位まで上がっていけるようになりました。

――ラグビーを始めてみて、どう思いましたか?

サッカーで体を動かしていましたから、キックも出来るし、持って走ることにもすぐ慣れて、最初はとっつきやすかったですね。1年目から自分が伸びていくなぁというのを感じていました。今はまったくボールを蹴ったりしないですけど、高校のときはフォワードでしたが、トライの後のキックを蹴ったりとかしていまして、色々と任される部分もあって楽しかったですね。

――ラグビーはコンタクトプレーが多いですが、そこに抵抗はありましたか?

やっぱり、タックルという部分は全然違いますから、最初は戸惑いなんかもあったりしました。入部して2週間くらいで手の指を骨折してしまいまして、今までサッカーをやっていて骨なんか折ることはなかったので、それでちょっとびっくりしました。人数不足なので、そのまま試合に出ることもあって、「え?自分出るの?」みたいな(笑)。でも、チームをまとめる役なんかもやらせてもらったりして、自分には期待が大きかった分、自由度もありましたので、そういう部分は楽しかったですね。

――そして、大東文化大学に進学されるわけですが、大学でもラグビーは続けようと思っていたのですか?

そうですね。特に大東文化と決めていたわけではないのですが、元々高校のときから大学でもラグビーを続けたいとは思っていました。ですが、岐阜はあまりラグビーが盛んではないですから、大学のレベルも低いし。レベルの高いところでやりたいと思っていたところ、たまたま僕の先生の母校である大東文化大学からお誘いの話があって、高校の先生も是非自分の母校でやって欲しいと言ってくださったので、大東文化大学に入りました。

――大東文化大学といえば、フォワードが強力なチームですね。

僕が入った年は歴代の中でも一番身長が高いチームで、僕でもでかい方ではありませんでした。それに高校のときに有名選手だったり、全国大会に出ていたりの選手が多く、最初はかなりギャップを感じていました。

――レギュラーで出場できたのはいつ頃ですか?

4年生からですね。1年生も2年生もそんなに試合に出た記憶も無いですし、3年生の前半くらいまで1年生の試合に出ているような、そんな状態でした。大学って部員数も多いですから、試合に出られないメンバーもすごく多いじゃないですか。そういう環境の中で、試合に出る重みを感じて、いい勉強になりました。

――レギュラーを勝ち取るためにはどうしていましたか?

大東文化って昔からそうなんですけど、選手主体のチーム作りというのがあって、あまりコ-チングってされないのですね。みんな自分で考えながらやるようにしていて、だから僕自身も色々なところから情報を取ってきて、それを実践するしかないという環境だったので、単純に人並み以上に練習をしていました。僕は同じポジションの人に比べて、細いというか体重が軽かったので、ロックの空中戦だとか、体が軽い分、走ってアピールするしかないと思っていたので、そういうところがうまくいったのかなと思います。

――社会人になってラグビーを続けようと思った理由は?

レベルの高さっていうのはすごく魅力でした。今は違うと思うのですが、大東文化ってみんな体はでかいし、能力もあるのですが、コーチングが無いのでみんな荒削りなんですよ。社会人になってから結構伸びる選手が多くて、そういう先輩を見てきましたので、自分もチャレンジしてみようと思いました。

――ヤマハ発動機ジュビロに入団しますが、実際にトップリーグでプレーすることで感じたことは?

僕が入った次の年にヤマハは2位になって、入ったときもかなりレベルの違いを感じていて、えらい強いチームに来ちゃったなという思いがありまして(笑)。こんなところでやっていけるのかなという戸惑いはありました。ラグビーの基準というか、理解度が違って、今までは単純にあまり考えずにプレーをしていたのですが、ラグビーってこんなに頭を使ってやるスポーツなんだって。社会人になって初めて思うようになりました。だから、逆に頭を使い始めてプレーがうまくいかなくなったりして、最初は悩むこともありました。

――最初は大変だったのですね。試合に出られるようになったのはいつ頃からですか?

1年目は本当についていくので精一杯でした。一応2年目からは出場していますが、2, 3試合に少し出場したくらいです。それが3年目、4年目と続くうちに少しずつ出られるようになって、5年目くらいからフルタイムで出られるようになりました。

未完成なチームだからこそ、自分の「色」を出していきたい

――今季からShiningArcsへ移籍されました。移籍を決める時に思ったことは?

僕がヤマハに入ったときは、1年目からトップリーグ2位の成績で、入った時点で確立されたチームというか、出来上がっているチームに、自分がどう入っていくかというところだったのです。でも、ShiningArcsは今年からトップリーグに初めて昇格して、僕も入ってみて感じるのですが、まだ、未完成なチームだなと思うんですよ。だから、ある意味自分で変えていけるじゃないですけど、自分の「色」を出せるというか、自分が役に立てたらなという気持ちがありました。また引っ張っていかなくてはいけない立場にもなるので、自分が成長するためにも、このチームでやっていくのが良いかなと思っていました。

――ShiningArcsに入団後、実際にプレーをしてみて思うことは?

まだ1年目なので、仲間のことはまだはっきりとわかっていないと思うんですよ。僕自身が。もっともっと仲間を理解したいし、それで仲間の癖とか、こいつがどうしたいと考えていることがわかってくると、チームとしての歯車も合ってくると思うし、僕自身も良いプレーを出せると思うので。もっともっとチームメイトのことが知りたいですね。何を考えているのか。どういう癖があるのか。

――夏合宿を経て、チームへの理解は深まりましたか?

そうですね、だいぶわかるようになりましたね。普段の練習だけでは、何をどう考えているかわかり辛いこともありますので。合宿みたいに何人部屋みたいなところに入って、ずっと話しをしていたり、当然ラグビーのことを話す時間が多くなるので、そういう部分でも、すごく有意義な合宿になったと思います。ラグビーに対する考え方っていうのは、その人のプレーに出てくるのですよね。例えば、前の選手をフォローする時に、その選手が器用ならば、パスをするだろうなと考えられるので、周りを見ていけるし。まっすぐしかいかないなと思ったら、近くに寄れるので、もっと仲間のことがわかれば、もっと良い組織というか、チームになると思います。

――ShiningArcsではどのような立場でありたいと思いますか?

僕はShiningArcsではちょうど中堅くらいの年齢なので、うまくベテランと若手をつなげる役にもなりたいです。今は若手の選手がなかなか試合に出られないのですが、僕がヤマハでそうしてきてもらったように、若手を引き上げる役にもなりたいと思っています。

――合宿を終えて、チームの仕上がりは?

チームとしてはかなり仕上がっているなと思います。細かいところの修正だったり、精度を高めるところしか残っていないと思いますので、あとは粛々と準備して、開幕に臨めれば問題なくいけるんじゃないかなと思います。

――トップリーグで戦っていた経験から、今季の戦い方はどうしていけばいいと考えていますか?

下から上がってきたチームで、トップリーグに留まり続けるチームって今までに無いですから、厳しさは確かにあると思います。でも僕らはチャレンジャーなので、精神論じゃないですけど、勢いとか元気だとか、そういうのを無くしたら間違いなく勝てないと思うので、例え五割の確立でも勝負してみるとか、そういうチャレンジする精神がないと、まず難しいのではないかと思います。内容も大事ですが、勝ち点制なので、ポイントを取っていくとか、勝利にこだわっていく。そういう部分が大事じゃないかなと思います。

――自身の今季の目標は?

僕も試合に出られるとは限っていないので、まずは試合に出場出来るように頑張ること。それで出場できたら、しっかりチームに貢献して、役割を果たすことです。あとは、ロックって密集の中で一番暴れる存在だと思っているので、もっと激しさを増していきたいし、チームではそんな存在でありたいと思っています。

――石神選手にとってラグビーの魅力とは?

熱中するというか、一つのことに集中するというか、自分が上を目指すことに貪欲になっていくという部分があって。例えば、皆でお酒を飲んでいるときでも、真剣にラグビーの話をしているとか、そこから帰ってきてもラグビーのビデオを見ているとか、一つのことを貪欲に目指せるというところは、ラグビーの魅力だと思います。

――最後に、サポーターの方々に向けてメッセージをお願いします。

今年の目標は、もちろんトップリーグで上位を目指していきたいと思っています。そのためにも、サポーターの応援はすごく力になるので、是非会場に来ていただいて、応援していただきたいです。「走れ!」と言ってくれれば、あと5メートルでも前進できるかもしれませんので、声を掛けていただけたらなと思っています。是非、会場に来てください。