選手FOCUS / IN FOCUS

菱山 卓 Taku Hishiyama

バックス・SO/CTB

明治大学4年の時に、主務として史上初の早明戦出場を果たした、菱山卓選手。その優れたマネージャー的センスで、ベテランと若手の橋渡しの役目もこなす。昨年度は、ケガでシーズンを棒に振ったが、今年は激しいレギュラー争いに食い込み、充実したシーズンを送っている。

CTBにポジションを変えたことが、レギュラーへの道を近づけた

菱山 卓

――ラグビーを始めたのはいつからですか?

明大付属中野中学に入った時に、先にラグビーを始めていた兄から「おまえもやれ」と言われて始めました。小学校の時にスポーツは全般的にやっていましたが、中学からは新しいスポーツをやってみたいなと思っていたのでいいきっかけでした。

――その後進学した中野高校ではどうでしたか?

高校の監督は明治大学出身で戦艦大和っていうあだ名を持つ大和監督(大和貞  元日本代表)でしたが、現役時代はタックルの凄いプレーヤーだったので、練習はタックルと走ることばかりで技術的なことをやった記憶はないですね。夏休み中は毎日午前と午後の2回練習があってきつかったですし、面白くないなと思っていたんですけど、2年生では都大会の決勝まで行き、3年生の時は2年生主体のチームでもベスト4までいけたので、監督の教えがあったからかなぁと思います。

――大学でもラグビーを続けることに迷いはありませんでしたか?

最初はラグビーを辞めようとも考えていたんですけど、高校の先輩も多く進学しているし、高校でキャプテンをやっていた先輩から勧誘されて、続けることに決めました。

――明治大学では、競争が激しかったですか?

全国クラスのすごい選手がたくさん集まっていましたので、この中でやっていけるのかなという不安がまずありました。まだ公式戦の出場機会がなかった大学2年の時に、「CTBに変わった方がいい」と副キャプテンからアドバイスされて、そこからCTBの練習をその副キャプテンと二人三脚でやっていくうちに、レギュラーに定着できるようになりましたね。

――4年生の時、主務としての早明戦出場は史上初と聞きました

元々入部当初は戦力外的な扱いだったのでマネージャーとして手伝っていたんですけど、3年生でレギュラーを取れたので、自分としては最終学年は選手に専念したかったんです。主務の仕事は、部費の管理や関東ラグビー協会との折衝などチームの運営の責任者として、4年生1人が専任でやらなくてはいけなかったんですね。すごく重要な職務であると認識していました。でもマネージャーとしてのノウハウを知っていたのが同学年では僕だけしかいなかったし、自分で言うのもなんですが、先輩のマネージャーから「人間的に任せられるのはお前だけだ」と言われて、そこまで言われたらやるしかないなと思って引き受けました。

――主務としての苦労した点は?

OBと選手の間に入る役割だったので、どちらの意見を聞くのかという部分が一番苦労しました。また当時は監督が不在の時期で、学生主体でチームの運営をしていましたので、大所帯のラグビー部の練習から生活まで全て自分たちで決めなければならなかった点も大変でした。

――学生主体になると、甘えたり緩んだりということはありませんでしたか?

自分たちに甘えている部分があるとは思っていなかったですけど、結果がでないと「甘えているからだ」とOBなどから言われてしまい、非常につらい思いをしましたね。

――選手として最後の大学選手権は2回戦で敗退してしまいましたが、どんな記憶が残っていますか?

実際にノーサイドの笛を聞いた瞬間は、中学から大学まで八幡山グランドにずっと通っていた思い出が頭の中をよぎりましたね。花園で試合をしていたんですけど、試合が終わった後、親に電話して「ありがとうございました」と言いました。10年間、決して安くない学費をずっと出してもらって、好きなラグビーを続けさせてくれたわけですから、負けて一区切りついたと思って、結果報告を兼ねて感謝の言葉を伝えようと思ったんです。

中学・高校・大学と明治一筋でラグビーを続けた中学・高校・大学と明治一筋でラグビーを続けた

――大学卒業後明治生命に入り、その後NTT東日本へ移籍した経緯は?

元々NTTに入りたかったのですが、大学卒業当時はラグビー部の採用がありませんでした。明治生命で3年間プレーしている中でいろいろと悩みが出てきてしまい、NTTにいた先輩に相談をしたところ、一緒にやらないかと言ってもらったので移籍を決意しました。

――移籍の話を伝えた時のチームメイトの反応は?

背中を押してくれる人と止める人が半々でしたが、みんなとよく話し合って納得してもらい、最後は気持ちよく送り出してもらえました。みな人間的に良い人ばかりで今でも親交があります。この前の明治安田生命戦(10月21日)では、当時のチームメイトもいましたから狙われましたしね(笑)

――念願叶ってNTT東日本に移籍して、環境は変わりましたか?

今まで以上に仕事とラグビーを両立させたいという強い思いがあったのですが、実際17:30まで働いてそこから練習をやってみると結構きついなって(苦笑)。でも自分が望んで移籍したわけだし、そこから逃げるつもりはありませんでした。

――当時のチーム状況はどうでしたか?

レギュラーが固定されてしまっていたせいか、ウェイトトレーニング一つにしても器具が十分に揃っていないことを理由にやらない人がいたり、みんなで切磋琢磨する気がないように見えて、もっとやれるでしょという気持ちでしたね。大学で自分がBチームだったときには、何が何でもAチームの奴からレギュラーを奪い取ってやるっていう気持ちでやっていましたから、特にそう感じたのかも知れません。

ポジション争いは激しいが、切磋琢磨しあえる今の環境に充実している。

――今年体制が変わりました。その変化は菱山選手の目にはどう映っていますか?

今までは練習時から緊張感に欠け、結果に対する執着心も強くなかったと思います。それにみんな口では勝ちたいと言うんだけど、どうやったら勝てるのか?というところまで追究していなかった気がします。体制が変わってシンボルチームになったからには、結果を残さないといけないことをみんなわかっているので、練習でのひとつひとつの動きも昨年までと大きく違いますね。グランドの中で笑っている人は、ひとりもいなくなりました。

――NTTコミュニケーションズ  ラグビー部の良さは?

全体練習が終わるまでは同じポジション同士みんなライバルですが、個人練習になるとみんなでアドバイスしあってお互いの練習に協力するし、高めあう環境ができているのが良い部分なんじゃないかなと思います。競争したいと思って移籍してきたので、自分自身にとってもこの環境はいいですね。

――菱山選手個人としての目標はありますか?

昨年までとは違い、今は同じポジションに選手が5人も6人もいて、リザーブに入るのも厳しくなってきています。まず、練習中から声を出して常に100%の状態にしていって、スタメンを守ること。そして試合に勝ち続け、来年はトップリーグでプレーしたいと思っています。

ポジション争いは激しいが、切磋琢磨しあえる今の環境に充実している。

――菱山選手が考えるCTBの魅力とは?

アタックでゲームの流れを作るのもディフェンスで相手の流れを切るのも、CTBの役目だと思うんですよ。攻撃ではSOが司令塔と言われますけど、SOに指示を伝えるのはCTBの役目ですし、自分で突破していくこともできる。守備になればラックの中でボールを取りに行ったり、タックルで倒しに行ったりするのは、チームにとって重要な働きだと思います。あまり派手ではないと思うんですけど、自分がさぼったらチームが負けると思っているので、大きい相手が突っ込んできても身体を当てて止める激しいプレーを見ていてください。

――終盤戦はどういったところが鍵になりますか?

まずいかに相手の得点を抑えるか、その為にどうするかということをみんなで考えています。NTTは伝統的にディフェンスのチームで、相手の攻撃を凌いで少ないチャンスで点を取っていくチームです。リーグ後半は得点能力の高いチームが続きますが、点取り合戦に付き合うのでなく、いつも冷静に守って自分たちのペースに持ち込むことが勝利への鍵だと思っています。

――ところで部員の中でも、特に仕事が忙しいと聞きましたが

練習がある日は定時に退社させてもらっていますが、練習のない日は仕事漬けの日々ですね。ラグビーをやっているから仕事ができないと言われるのは嫌だし、それが原因でラグビー部のイメージが悪くなると他の部員にも迷惑がかかりますから。

――そんな大変な思いをしてもラグビーを続ける理由は何でしょうか?

昨年の一年間、ケガをしてチームを離れていました。プレーしていないと途中で気持ちが切れかけてしまうんですけど、やっぱりラグビーが好きだからまたやりたいと思うんです。それに僕は、やるならとことん上手くなりたいんです。ラグビーって、練習でライバルと競い合ったり高め合ったりして、その中から試合に出た15人で、勝利という1つの目標を達成させる喜びがすごく大きいんです。今そうやって凌ぎあう関係の中でプレーしているから、ラグビーを続けていられるんじゃないかなぁって。そうじゃなかったらあんな痛いスポーツを続けられないですよ。(笑)