選手FOCUS / IN FOCUS

佐藤 元太 Genta Satou

フォワード・FL

高校、大学のラグビー部ではキャプテンを務めていた。そして今年、選手会長の役目を担う。ShiningArcsに入団してからは、2回に渡って約2年間を怪我のリハビリに費やしている。それらの経験があったからこそ、選手会長としてチームの「つなぎ役」になり牽引していくことも求められている。

佐藤 元太

中学校からずっとラグビー漬けの生活を送ってきた。

――ラグビータウンと言われる埼玉県、熊谷の出身ですが、やっぱりラグビーが盛んな地域でしたか?

そうですね。中学校でもラグビー部のある学校は県内11校くらいありました。たとえラグビー部が無くても、どこの中学校でもグランドにポールが立っているような、そんな地域ですね。

――ラグビーを始めたのはいつからですか?

中学校1年生の2学期からですね。それまでは小学校の時からずっとサッカーやっていました。中学校でも最初はサッカー部でした。僕の二つ上に兄がいて、野球をやっていたんですけど、ラグビー部の先生と仲が良かったんです。その先生が、僕がサッカー部にいることを兄から聞いていたみたいです。ラグビー部の隣でサッカー部は練習していましたので、サッカーの練習中も僕の脇に来て「いつラグビー部入るんだ?」と誘われていました。たまたま僕らの学年は、ラグビー部に入る人が結構多かったし、一つ上の学年の部員は5人くらいしかいなかったので、1年生からすぐに試合に出られるというので、楽しそうだなと思っていました。それに、もともと親父が昔ラグビーをやっていたので、その影響もあってラグビーにも興味がありましたので、それからラグビーを始めることにしました。今思えば一番最初に親父に買ってもらったボールが、サッカーボールでもなく野球のボールでもなくラグビーボールでした。(笑)

――それからラグビーに熱中していくわけですね。

そうですね。今までやったことのないスポーツだったので楽しかったですね。体も中学校の頃から大きかったので、体をぶつけて良いっていう所にすんなり入っていけました。そういう部分も大きかったですね。

――高校は埼玉の強豪、熊谷工業高校に進学します。

中学の時に埼玉選抜に選ばれまして、他の中学の人と仲良くなったりして「みんなどこ行くの?」という話しになった時に「熊谷工業に行こうかな?」「みんなで行った方が楽しいよね」と話し合ったりして、熊谷工業に行くことを決めました。地元でラグビーがやりたいというのもありましたし、その頃は埼工大深谷高校(現在は正智深谷高校)にトンガからの留学生部員が入ってきて、埼工大深谷が全盛期の時でした。だから、日本人主体のチームが外国人のいるチームに勝てたら楽しいだろうな、という思いが僕には凄くあったので、熊谷工業高校を選びました。

――当時のポジションは?

FLです。タックルがすごく好きだったので、タックルが一番出来るポジションならFLだと思っていたので、ずっとFLをやっていました。

――レギュラーメンバーに選ばれたのはいつ頃ですか?

1年生の頃から出場させてもらっていて、ずっとレギュラーだったのですが、やっぱり1年生の頃は通用しない部分がいっぱいありました。

――熊谷工業高校での成績はどうでしたか?

高校時代、一回も花園には出場できませんでした。1年生の時は県予選の決勝で負けて、2年生の時は準決勝止まり、3年生ではまた決勝で負けてしまいました。悔しかったですね。3年生の時は夏の大会では良い成績を残していたので、花園出場を賭けた試合で負けてしまった事はすごく悔しかったですね。

――高校生活はずっとラグビー漬けでしたか?

はい、その通りです。練習が終わって家に帰るのは夜の11時くらい。学校が休みの日なんかも、午前中に練習が終わって、近くのコンビニでお昼を食べてからもう一回午後も自主練習していたりとか。3年生の時にはキャプテンをやっていましたので、良い経験をさせてもらったな、と思いますね。

――なぜキャプテンに選ばれたと思いますか?

やっぱり1年生から試合に出ていた経験があったからだと思います。キャプテンとしては、僕は言葉で言うよりは、自分が体を張って皆に「ついてこい!」みたいな感じでした。一生懸命やって皆がついてきてくれればいいなと思っていました。周りにもサポートしてくれるメンバーがいたので助かりました。

――大学でもラグビーを続けたいという気持ちはありましたか?

大学でも続けたい気持ちはありましたけど、どこの大学でやりたいというのは、全く無かったですね。高校3年の春に左膝の靭帯を切ってしまって、試合に出られたのが冬の最後の大会でした。だからそれまでの間はセレクションも全く受けられなかったので、僕を取ってくれる大学が全然無かったんです。立正大学の堀越監督は僕の中学校からの先輩なんですが、そんな状況でも堀越監督はずっと僕を誘って頂いていて、当時の立正大学は大学リーグの2部でしたが、立正大へ行くことに決めました。

――立正大学でもキャプテンを務めていました。何が大変でしたか?

選手の個々にカラーがあると思うので、この選手とはどう接すればいいのか?とか、やっぱり大学になると人数が多いだけにチームも分かれてくるので、Aチーム(レギュラー候補)以外の下の選手をどうやって盛り上げて底上げさせるか、そういう部分が一番大変でしたね。僕はそんなに厳しく言う方ではないので、自分の行動で示して、自分の理想とするキャプテン像を目指してやっていました。

――当時はどんなプレースタイルだったのでしょうか?

僕はディフェンスの方が好きでしたね。もう大学になると体格差が出て来て、身長体重を比べるとFWの中では僕は小さい方の選手で、突破できる選手は他にいましたので、オフェンスはそいつらに任せていました。最終的にチームがトライを取る事が出来れば良いので、どれだけ早く密集からボールを出すとか、タックルして相手からボールを奪うという、見えない所で仕事をするということを意識してやっていました。自分の持ち味はタックル。それで今までやってきた部分もあるので、それが自信というか、自分の勝負するところはどこかと言われればタックルしかありません。

――今でも印象に残っている試合はありますか?

4年生の時の入れ替え戦です。リーグ戦で最下位になってしまって、2部の埼玉工業大学との入れ替え戦になりました。その時の埼工大のキャプテンが、中学校の時の同期でしたので、今までの試合の中でも一番負けたくない試合でしたね。自分たちの代で2部に落とす訳にはいかないというプレッシャーもある試合でしたので、一番思い出に残っています。その試合には勝つことができました。

――社会人でラグビーを続けることは考えていましたか?

トップリーグチームのどこかでやりたいなという気持ちは凄くありまして、色々なチームの試験を受けさせて頂いたんですけど、競争が厳しくてどこにも取ってもらえなかったんです。それでもラグビーをやりたいという気持ちはあったので、その時に堀越さんからShiningArcsの事を教えて頂いて、当時はトップイーストにいたチームでしたが、上を目指してやってみようかなという気持ちでShiningArcsを選びました。

怪我から完全復活して、結果を残したい。

――入団当初、チームの印象はどうでしたか?

最初の一年は、仕事してラグビーをする大変さがもの凄くありました。仕事が終わらなければ練習に参加できないこともあって、週2回しか練習に行けない時もありました。また、チームの体制も整い始めて、僕もこれからという時にまた膝を怪我してしまって、今度は逆の右膝の靭帯を切ってしまい、手術をしました。ですから入団した一年目は、ほぼリハビリをしていました。今は、練習環境も充実して色々な面でサポートして頂いているので、恵まれた環境の中で充実したラグビー生活を送ることができています。

――怪我をしてしまった時は、どんな気持ちでしたか?

一年間リハビリを続けるモチベーションをどう保っていくのか、という事を考えた時は結構辛かったですね。仕事をしながらリハビリを続けて、果たして復帰できるのか、という不安がありました。去年(2010年度)も、5月のオープン戦に三菱重工相模原との試合で、開始5分くらいにタックルをして脱臼をしてしまい、3ヶ月間リハビリをして、9月のNECとの練習試合で復帰したら、また開始10分くらいでタックルして脱臼をしてしまいました。シーズン直前の最後のアピールの場でしたし、体の調子も悪くなくてこのままシーズンに入れれば必ずチャンスはあると思っていたので、直後は正直メンタルはボロボロでしたね、次回脱臼したら手術と担当医から言われていましたし。でもその夜、木曽さんとマフ(ダレン・マーフィー選手)から「必ずまた一緒にプレーしよう」ってメールを貰って、この二人のメールにすごく救われた部分がありましたね。一緒に頑張っていこうと言ってくれる人がいるから、リハビリも続けてこられたし、復帰してやろうと思いましたね。

――入団3年目(2009年度)にはほとんどの試合でレギュラー出場していましたね。

ちょうど膝を怪我して復帰した年に試合に出させてもらって、その前までは同期の笠原がずっと出場していました。負けられないという気持ちもあったし、試合に出たいという気持ちもありました。本当に、良いライバルとして笠原がいて良かったなと思います。良いライバルがいるからこそ、常に練習でも100パーセント出し切らないとレギュラーは勝ち取れない、という思いにさせられました。

――今はどんな所を意識してプレーしていますか?

仕事量ですね。僕はそんなに派手なプレーは出来ないので、地道にタックルして、しっかりオーバーして、常にボールのいる所に顔を出して「あいつはどこでもいるよね」みたいな、そんな風に言われるくらいになりたいですね。

――これからも伸ばしたい所は?

今はやっぱりスピードとパワーですね。もっともっとパワーをつけないと、僕は体が小さいから大きな相手には勝てないし、スピードで相手を振り切っていかないと駄目なので。大きい相手に負けないパワーと、相手をかわす瞬発力を今伸ばしているところですね。

――話は変わりますが、釣りが好きだそうですね。

そうですね、「FishingArcs」と名乗ってチームの仲間と週末は釣りに行ったりしています。成田の方に行ったりとか、この間も勝浦の方に小林訓也とか、石田とか笠原とか八藤後とか、みんなで行きました。石神さんがリーダーなんですけど(笑)。オフ中もみんなで一緒にいられるというのは、いいコミュニケーションになってリフレッシュになりますしね。この雰囲気はいいと思っています。

――皆さん仲が良いですね。

はい。ただ、昨年は移籍組の人が多く入って来て、チーム内でも競争しなくちゃいけないということを教えてもらいましたし、それまでは欠けていた部分だったのかなと思います。やっぱり、トップリーグを経験した選手の知識とか経験値というのは凄いなと、肌で感じますね。

――今年は選手会長も務めていらっしゃいますね。

去年まではベテランの選手に頼ってしまう部分も多かったのですが、今年は同期の友井川がキャプテンになって、僕が選手会長を務めていますので、若手の色を出していきたいと思っています。例えば、思いついたらすぐ行動じゃないですけども、自分たち、チームが思っている事をできるだけ早くチームスタッフに伝えたりだとか。チームを強くするために色々考えるのは友井川で、僕は選手がどれだけいい環境でラグビーが出来るのかを考えていきたいです。あとは、僕が選手会長になって一番目指したいのは、会社やサポーターズ倶楽部のファンの方々だけでなく、もっと地域密着型の愛されるチームになっていくことです。

――これからの目標を教えてください。

僕としては、今年の一年間が勝負だと思っています。社会人になって今年は5年目ですが、2年間はケガをして試合に出ていません。去年の1シーズンはチームに貢献出来てないので、今年は自分がどれだけチームに貢献出来るか、そして良い結果を残すこと、そこを自分の目標として掲げたいと思っています。試合に出ることが全てだと思いますので。

――最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

いつも応援ありがとうございます。今シーズンは早く怪我から復帰して、チームに貢献して熱い試合を皆さんに見せたいと思っています。会場で待っています。応援宜しくお願いします。