選手FOCUS / IN FOCUS

秋葉 俊和 Toshikazu Akiba

フォワード・PR

「気は優しくて力持ち」を地でいく、秋葉俊和選手。意外なことに、ラグビーを始めるまでは、剣道に打ち込んでいた経歴を持つ。今シーズンはバイスキャプテンを務め、チーム全体にも気配りをする彼は、前半戦全勝に浮かれることなく気を引き締め直す。

始めたときから、団体競技のラグビーは楽しかった

秋葉 俊和

――ラグビーを始めたきっかけは

小学校1年生から剣道をやっていたんですけど、中学に入るとレベル的に物足りなくなって、高校に入ったら違うスポーツをやってみたいなと考えていました。ですけど、サッカーやバレーなどのメジャーなスポーツでは、高校から始めるのでは試合に出られないと思い、高校からの初心者が多いラグビーならなんとかなるかと思って始めました。

――始めてみて、どうでしたか?

団体競技でみんなとわいわいやることが、単純に楽しかったですね。

――帝京大学に進んだいきさつは?

高校3年の春にセブンス(7人制ラグビー)の全国大会に出場してプレーしているのを、帝京大学の監督が見てくださっていて、そのあと夏合宿に行った時に帝京大学も同じ菅平の合宿だったので、そこでお話をいただいたという感じですね。

――どんな話があったんですか?

高校時代のポジションはNo.8だったんですが、大学でPRをやらないかと。No.8で、という話は一度もなかったですね。高校の監督にも「大学ではNo.8としては使えない」と言われていたし(笑)、初めはやっぱりしんどいので嫌だなと思いましたけど、変わることで上を目指せるならいいかなとPRへの転向を決めました。

――帝京大学での4年間を振り返って

寮でもみんなと一緒に過ごしていましたし、今振り返っても楽しかったなぁと思います。

――上下関係が厳しいという話を耳にしますが

自分が4年生になった時は緩くしましたけど、1年生の時は厳しかったですね。洗濯や掃除など全部1年生の仕事ですし、グランドの準備もしなければなりません。当時は土のグランドだったので水撒きも必要で、午前午後にある練習の2時間前にはグランドに行ってました。だからご飯を食べる時間もなくて、20kgぐらい痩せましたね。

――印象に残る試合は?

2年の時の関東学院大学との交流戦です。それまで自分はCかDチームだったんですけど、たまたまPRの人が怪我をしていたので試合に出してもらったんです。その試合をきっかけにAチームに絡めるようになったので、ひとつのターニングポイントになりました。この試合自体は10-15で負けたんですが、当時関東学院が一番強い時期だったのでPRとして今後戦える手応えを感じました。それから4年生の時の明治との対抗戦は面白かったですね。この直前の慶応戦でHOが二人ともけがをしたので、自分がHOで試合をしたんです。

――今度はPRからHOですか

PRだとスクラムやラインアウトでも、試合中1度2度ボールに触れればいい方だと思うんですけど、この試合はトライもできたし、いろいろボールに絡めたんですね。ボールを持ってアタックしてプレーできる部分が新鮮で面白かったです。

試合風景

――逆に今までで一番辛かった事は??

ケガで練習できなかったのが辛かったですね。あれは2年前ですかね。11月の釜石戦だったんですけど、試合が終わっても息苦しい感じが残っていたんです。試合中相手とぶつかって打撲すると試合後も多少胸が苦しいというのが時々あるので、その時も最初はそうだと思っていたんですけど、帰りの新幹線では起き上がれなくなるほど苦しくなって。その試合が盛岡であったんですけど、東京まで辿り着けず、大宮駅で救急車に待機してもらって病院に向かい、そのまま手術を受けました。

――何と診断されたんですか

詳しくは覚えていないんですが、試合中に相手と当たった時に胸の中の血管が切れたらしく、体内で出血して心臓や肺を圧迫していたみたいです。手術をして1週間程で退院して会社に戻りましたが、くしゃみをするだけでも痛くて、当然練習に行っても見ているだけで何もできませんでした。3, 4ヶ月間ラグビーができず、精神的に辛かったですね。

――病院での治療も続いていたんですか?

いや、治療はひたすら安静にするだけなんです。普通腕とか足を折っても、別の箇所を鍛えることはできるんですけど、それもできず、呼吸するだけでも苦しくて痛いんです。またその年、チームがトップリーグの入替戦にまで進んだのですが、自分はスタンドで見ていることしかできなくて、俺は何でここにいるんだろうと悔しかったですね。

自分のプレーでチームを引っ張っていきたい

――今年から体制が変わってご自身に変化はありましたか?

1年目の選手は今しか知らないのでここが原点になると思うんですけど、自分や上の代の選手は前の環境を知っているので、大きくサポートしていただいている今、これまで以上に頑張っていかなきゃなという気持ちが強くあります。勝つという目標軸は変わらないですけど、自分の中で勝利に対する気持ちは以前より強くなっています。

――今年、バイスキャプテンに指名されました

最初、何で自分なんだろうと驚きましたが、今年スタメンとして試合に出ている若手が少ないという状況があって、若手を引っ張る意味で自分を選んでいただいたと思っています。

自分のプレーでチームを引っ張っていきたい

――高校時代のキャプテン経験は活かされていますか?

高校時代は身体が大きい方だったし、みんなの信頼を得られていたと思うんですけど、自分はあまり口で言う方ではないので、今は試合に出てプレーで引っ張れるような選手になれればと思っています。

――バイスキャプテンとして全勝の前半戦を振り返ってどうですか?

今シーズンは後半戦が勝負と思っていますが、チームも毎試合成長しながら勝てていることは良いと思います。今後は混戦になると思うのですが、強いチームと当たっても1戦1戦きちんと戦っていけば、全勝なり自分達がトップに立つことができると思います。

――FWの課題や手ごたえは?

トップイーストの中でも大きくて強いFWが揃っていると思いますが、5戦してまだまだ力を出し切れていないと思いますので、もっとFWで崩して前に出られるチームにしていきたいですね。今までの試合の中では個人技だけで戦えた部分があるんですが、これからはそれだけでは勝てないと思うので、これからはFW8人がもっと組織的に一丸となって戦えるような試合をしたいですね。

――ここ2戦は、苦戦するシーンもありましたが

他のチームも何戦かやってレベルも上がってきているだろうし、自分たちが最初の3戦で快勝できたので、若干余裕がでてしまって、浮き足立った部分があるのかなと思います。

――5-5の同点だった前節明治安田生命戦のハーフタイムにはどんなことを話したんですか?

自分たちがやるべきことをきちんとして、自分たちのラグビーをしていこうという事です。明治安田生命は勢いに乗ると怖いチームで、プレースタイルも他のチームと違って前からプレッシャーをかけてきたので、受けに回ってしまって自分たちのリズムに乗れなかった。一つひとつ皆がやるべきことをやっていけば自分たちのリズムになるので、そこをキチンとしていこうと話し合いました。

――今のチームの雰囲気は

開幕戦から全勝ですが、ここ2戦は苦戦しました。この状態で後半戦に臨んだらとんでもないことになるという危機感が、みんなの心にあります。全勝に浮かれることなく、後半戦に向けてみんな必死で練習に取り組んでいます。

――秋葉選手が注目して欲しいプレーはどこですか?

アタック、ディフェンス共に激しいプレーを心がけているので、その激しさを見ていただければと思います。スクラムが絶対的に強いと言えるプレーヤーではないので、フィールドで魅せられるプレーを心がけています。それから今後の課題としてはスクラムの強化ですね。......あと、実は入部して公式戦でまだ1回もトライしていないので、トライが目標です。今シーズン、どこで1トライを挙げるか注目して下さい。

――秋葉選手にとってラグビーとは?

ラグビーは楽しいですね。やっていても楽しい、見ていても楽しいスポーツだと思います。人をふっ飛ばしたり、タックルしたり、大きい相手でも倒せるのが楽しいですね。それに、15人みんなでひとつになって得点を取るのを直結して感じられる点が、ラグビーの魅力だと思います。

――今シーズンの見どころについて

トップイーストの中でも身体が大きく強い選手がいるのでどんどん前に出て、去年以上にパスやランでボールを動かして、15人が一体となってトライを取るところがこのチームの一番の見どころです。今年は全勝でトップリーグに上がるという目標を掲げてチーム一丸となって頑張っていますので、応援よろしくお願いします。