試合日程・結果

新生シャイニングアークスの展開ラグビーで、トップリーグ前哨戦に勝利。

ShiningArcs

19

VS

キヤノンイーグルス

12

8月8日、キヤノンスポーツパーク。北海道夏合宿を終え、トップリーグ開幕に向けて最後の練習試合となる今日の対戦。相手も、怪我人を除いてのベストメンバー構成で、セレクションマッチの様相。1stステージでの対戦が無い分、余計に現時点での力を試す「がちんこ」試合となりました。想い起こせば、昨シーズンもちょうど同じ時期に対戦が組まれ、そこで敗戦を喫してしまったことで、開幕に向け暗雲が立ちこむ結果となってしまいました。そしてこの日も、新生シャイニングアークスの今シーズンを占う、大切な一戦となりました。

17時、キヤノンボールでキックオフ。序盤から昨シーズンとは全く違うラグビーを展開していくシャイニングアークス。昨シーズンまでだったらアタックでFWにボールが渡ると、縦をついて相手を巻き込んでラックを形成しそこからまた攻撃を仕掛けるところが、今日の試合ではボールが止まりません。FWもラインに参加しボールを動かし続けるため、グランドをめいっぱい使って展開していきます。また、選手が自在に動き、カモフラージュを交えるため、相手ディフェンスを混乱させていきます。

◆しかし、前半9分、自陣右サイドでの相手ボールラインアウトから逆サイドに展開され、先制トライを奪われてしまいます。 ゴールも成功。0-7。

先制トライを奪われるも、ボールを展開していくシャイニングアークス。

■前半15分、中盤左ラインアウトから一気に攻め込みます。CTB 諸葛 彬選手がラインブレイクし大きくゲイン。そこからWTBに入った鶴田諒選手に渡り逆サイドに大きく展開。最後は、LO アイザック・ロス選手がトライ。SO エルトン・ヤンチース選手のゴールは失敗し、5-7。

■前半20分、敵陣ゴール前10m、右サイドでのマイボールラインアウト。スローが乱れてしまいましたが、イーブンボールをアイザック・ロス選手が拾いトライ。 ヤンチース選手のキック成功。12-7。

この後も展開ラグビーを続けチャンスを掴むのですが、トライを獲りに行くラインアウトが乱れてしまい、得点を伸ばすことができません。前半終了、12-7。

後半開始。○6分、PR 斉藤展士OUT、甲斐尚哉IN。
○後半9分、HO須藤拓輝OUT、種本直人IN。

■後半10分、敵陣でのラインアウトを起点に攻撃を継続し、大きく展開。最後は、WTB鶴田諒選手が右隅にトライ。 ヤンチースのゴール成功。19-7。

○後半11分、LOアイザック・ロスOUT、アマナキ・レレィ・マフィIN。
○FL小林訓也OUT、金正奎IN。

○後半14分、SH西橋勇人OUT、岡健二IN。

○後半17分、PR上田竜太郎OUT、秋葉俊和IN。No.8 山下弘資OUT、栗原大介IN。
○CTB 溝口祐哉OUT、佐藤春紀IN。

◆後半24分、自陣深くから蹴ったキックをキャッチされてのカウンターアタックから外に展開されキヤノントライ。 ゴール失敗。19-12。

○WTB鶴田諒OUT、小泉将選手IN。

○後半28分、SOエルトン・ヤンチースOUT、ブラッキン・カラウリアヘンリーIN。
〇後半34分、FB沼尻大輝OUT、鶴谷知憲IN

得点は、そのまま動かず、フルタイム。

チームは、これほどまでに変われるものなのか、と観戦していた誰もが思ったに違いありません。それほどまでに、昨シーズンまでとは全く違うラグビーを見せてくれました。それは、北海道夏合宿の約2週間を経て短期間にまた加速して進化していました。

8.23 いよいよトップリーグ開幕!秩父宮ラグビー場で会いましょう。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ