試合日程・結果

NTTダービー vsドコモ戦に勝利を飾り、春のオープン戦を終える。

ShiningArcs

35

VS

NTTドコモレッドハリケーンズ

21

6月28日(土)、ドコモ大阪南港グランド。第38回を迎えるNTTラグビー全国大会のメインゲームとして、対ドコモレッドハリケーンズ戦が行われました。メインの前にはNTTグループ各地の地域チーム同士の対戦が組まれ、シャイニングアークスOBの選手たちも元気な姿を見せてくれました。
この大会の対ドコモ戦は毎年白熱した接戦となり、フレンドリーマッチとは思えぬ激しい試合になります。今年のトップリーグを占う上でも楽しみな一戦です。

15時、シャイニングアークスボールでキックオフ。曇り空ですが、蒸し暑い天候の中でゲームは始まりました。
■2分、敵陣25m付近のマイボールラインアウトから大きく展開します。そして、最後は右サイドでパスを受けた15番 ブラッキン・カラウリア ヘンリー選手がトライ。10番 川本祐輝選手のゴールも決まり、7-0。その後も敵陣でアタックを仕掛けますが、ミスもありトライには至りません。
◆逆に13分、ペナルティを相手に与え、自陣からの相手ボールラインアウトを起点にトライを奪われてしまいます。G7-7。
その後は、お互いに一進一退の攻防を繰り広げますが、得点は動きません。

9番 西橋勇人OUT、菊池功一郎IN。菊池選手が14番に入り、鶴田諒選手がSHに入ります。
3番 小野慎介OUT、楢山直幸IN。
いいアタックも繰り出していたシャイニングアークスですが、もう一歩のところでミスもあり、チャンスを自らつぶしてしまいます。7-7のまま、前半終了。


後半開始。◆4分、ドコモに大きく展開されてトライを奪われてしまいます。7-14。しかしその後はいい流れを掴み、敵陣でアタックを仕掛けていきます。

5番 馬屋原誠OUT、アイザック・ロスIN。
7番 アマナキ・レレィ・マフィOUT、八藤後裕太IN。
1番 上田竜太郎OUT、山口泰生IN。

■17分、敵陣ゴール前でのスクラムから鶴田選手⇒友井川拓選手へとボールが渡りトライ。G14-14。

15番ブラッキン・カラウリア ヘンリーOUT、リチャード・ハビーリ・カウフシIN。

13番 諸葛彬OUT、マットサンダーズIN。

■22分、敵陣22mでのマイボールラインアウトを起点に展開。鶴田選手⇒6番 山下弘資選手が突破してトライ。G21-14。
■続いて25分、敵陣に入り込んでの攻撃でアドバンテージ状態から10番 川本選手がキックパスでタッチライン際を狙います。こぼれ球を拾った19番ロス選手が持ち込んでトライ。G28-14。

4番 石神勝OUT、杉浦直人IN。10番 川本祐輝 OUT、小野寛智 IN。

■32分、マイボールラインアウトから13番 サンダーズ選手がビッグゲインでゴール前まで持ち込みます。パスを受けた14番 鶴田選手がトライ。G35-14。
オフロードパスを有効に使い、タックルされてもラックにせず、連続攻撃を組み立てていきます。個人で突破できる選手も増えました。連続4トライを奪った後、最後に一本トライを返されて35-21となりましたが、後半は危なげないゲーム運びで勝利を飾りました。

これで春のオープン戦は終了です。いい形で終えることができました。この後選手は十日間休みを過ごし、それが終わるといよいよ夏合宿に向けて更にチーム力を強化していきます。今シーズンのシャイニングアークスにどうぞご期待ください。

グランドで会いましょう。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ