試合日程・結果

若手主体で臨んだ今季初のオープン戦で勝利。

ShiningArcs

40

VS

日野自動車レッドドルフィンズ

21

5月10日(土)、ホームグランドのNTT千葉総合運動場グランドに、日野自動車レッドドルフィンズを迎えて、今シーズン初の練習試合が行われました。対する日野自動車は、トップイーストに所属ながら、トップリーグ昇格を視野にチーム強化を進めています。シャイニングアークスは、若手主体のメンバーで試合に臨みます。

13時、日野自動車ボールでキックオフ。前半3分、左サイドをCTB諸葛彬選手が大きくゲイン。そこから連続攻撃を仕掛け、最後はWTB伊藤拓巳選手がトライ。SO川本祐輝選手のゴールも決まり、7-0と先制。
続く10分、敵陣22m付近のマイボールラインアウトからモールを形成し、押し込みながら最後尾にいたSH鶴田諒選手が大外に回り込んでトライ。G14-0。

しかし14分、18分に相手に連続してトライを奪われ、14-14の同点とされる。

23分、敵陣30m付近での左ラインアウトから鶴田選手が内に抜け出し、フォローしていたFL金正奎選手に繋ぎトライ。G21ー14。
27分、No.8アマナキ・レレィ・マフィ選手がハイタックルの反則で10分間の退場。
31分、日野自動車が自陣ゴール前スクラムから中央にラックを作り、左でボールをもらったがSHがパスフェイントから自分で抜け出しトライ。G21-21と再び同点に。
ここで、前半終了。

後半5分、敵陣ゴール前ペナルティからラックを作り、鶴田選手→LO八藤後裕太選手へ繋ぎトライ。 G28-21。
22分、選手交代。 CTB佐藤晴紀選手OUT→溝口裕哉選手IN。
25分、センター付近でのクイックスタートから左に展開し、タッチライン際をFL山下弘資選手が相手を振り切って走りきりトライ。G35-21。

28分、選手交代。 SH鶴田選手OUT→西村渉選手IN。
37分、選手交代。 SO川本選手OUT→リチャード カウフシ選手IN。 WTB伊藤選手OUT→菊池功一郎選手IN。
40分、自陣左ラインアウトからターンオーバーして繋ぎカウフシ選手がビッグゲイン。そこからフォローしていた選手に繋ぎ、最後はFB沼尻大輝選手がトライ。G×40-21。 ここから得点は動かずフルタイム。

チームとしての連携はまだ取れておらず、簡単に抜かれる場面などもありましたが、個々のフィジカルの充実がみて取れました。チームはこれから徐々に、形を作っていきます。まずは、初戦を勝利で終えることができました。次戦も、グランドで会いましょう。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ