試合日程・結果

相手のアタックを止め切れず、敗戦。入れ替え戦出場に回る。

ShiningArcs

14

VS

近鉄ライナーズ

38

1月18日(土)、近鉄花園ラグビー場。トップリーグ2ndステージ最終節。この節でBグループでここまで2位から5位の、豊田自動織機、近鉄、リコー、NTTコムのうち3チームがワイルドカードトーナメントに進出し、1チームが入れ替え戦出場に回ります。スタンドには近鉄の大応援団が陣取り、ゴール裏でも近鉄の旗が多数振られています。完全なアウェー。しかしシャイニングアークスファンも多数詰めかけてくださり、負けじと応援を送ってくれています。肌寒く、時折小雨がぱらつく天候。

14時、近鉄ボールでキックオフ。深めに蹴られたボールをFBブラッキン・カラウリアヘンリー選手が手堅くキックでタッチに出す。3分、自陣10mでの相手ボールラインアウトを起点に22mエリア内で攻撃を受けていたが、LOアイザック・ロス選手が鋭く反応してインターセプト。そのまま約80mを走りきり先制トライ。SO君島良夫選手のゴールも決まり7-0。

しかし、ここから相手のアタックを受けてしまい自陣から抜け出せない。9分、自陣ゴール前で攻撃のフェーズを重ねられトライを奪われてしまう。G7-7。相手ランナーが鋭いこともあるが、要所でタックルがやや高くラインブレイクを重ねられてしまう。18分にもまたゴール前でアタックのフェーズを重ねられて防ぎきれず、トライを奪われる。G7-14。その後も自陣から抜け出せない。相手のアタックにタックルしても二歩三歩と前に出られてしまう。また、スクラムとラインアウトのセットプレーも相手に研究されているためか、相手を支配するところまではいかない。32分、またしても自陣ゴール前でじっくりと回されて耐え切れずトライ。G7-21。ここから得点は動かず、前半終了。

前半は、相手が素晴らしいアタックをし、ブレイクダウンでも激しく競ってきたためもあるが、シャイニングアークスも本来の力を出せていないように思える。本来強みとしているはずのセットプレーとディフェンスで優位に立てていない。特にディフェンスが受けに回って止め切れない。

シャイニングアークスボールで後半キックオフ。FL石神勝選手OUT、小林訓也選手が怪我から復帰してIN。SH鶴田諒選手OUT、岡健二選手IN。1分、自陣35m付近の近鉄ラインアウトを起点に右へ展開されてディフェンスラインを破られ、トライ。G7-28。是が非でも欲しかった後半の先制トライを相手に奪われてしまった。しかし、替わって入ったSH岡選手の早いリサイクルから攻撃にテンポが生まれ始める。敵陣に攻め込むが、トライを取り切れない。

13分、HO種本直人選手OUT、濱田宇功選手IN。

17分、相手のキープレーヤーの一人7番タウファ統悦選手がシンビンで10分間の退場。

18分、WTB小泉将選手OUT、小川優輔選手IN。

23分、本来チャンスタイムであるはずの時間帯に、外に展開されて突破を許し、トライを奪われる。G7-35。しかし、25分、敵陣での相手反則からクイックスタートし、カラウリアヘンリー選手が相手を個人技で抜き去ってトライ。G14-35。

27分、PR秋葉俊和選手OUT、上田竜太郎選手IN。斉藤展士選手OUT、小野慎介選手IN。LO木曽一選手OUT、馬屋原誠選手IN。CTB山下大悟選手OUT、溝口裕哉選手IN。

29分、自陣ゴール前25mでのシャイニングアークスのハンドの反則に相手が手堅くPGを狙い成功。14-38。

そしてここから一進一退の攻防になるが、互いに決め手に欠き、フルタイム。

相手が素晴らしいパフォーマンスを見せたと同時に、シャイニングアークスが本来の力を出し切れなかったために大差がついてしまいました。
この試合の結果、順位がBグループ5位で確定し、入れ替え戦出場が決定しました。
試合は、2月15日(土)、埼玉・熊谷ラグビー場において13:00キックオフで行われます。(※対戦相手は、1月26日に決定)。
今度こそ、後のない正真正銘崖っぷちに立った試合となります。皆さま、最後まで、グランドで会いましょう。最後まで応援をどうぞよろしくお願いします。

林雅人監督のコメント

林雅人監督

――今日の試合の感想を。

1stステージが終わってBグループに入ってしまった時から、ワイルドカードトーナメントに出場して勝つことが目標でしたので、自分たちの力の無さで勝てなかったことが残念です。選手は一年間頑張ってくれましたが、自分の指導力の無さでこのような結果になりました。

――前半は、ほとんど自陣から抜け出せなかったですが。

まず、近鉄のラグビーが素晴らしかったということがあります。そして、自陣ゴール前で守っている時間帯で敵陣に行くきっかけを掴めないまま、居続けてしまいました。また、セットプレーでも制圧できませんでした。トライを獲られた展開では、ゴール前での最後のタックルで差し込まれてしまい、粘り強いディフェンスができなかったですね。

――ラインブレイクされてしまう場面が多々ありましたが、原因は?

相手のアタック能力と相対的な部分がありますが、今日の近鉄のアタックはすごく良かったと思います。あとは、要所要所でタックルが高くなってしまいました。

――今シーズンを通して、チームとして好不調の波が大きかったという印象があります。

残念ながら多くのチームにその好不調の振れ幅があります。トレーニングを積んで、不調時のチームパフォーマンスを限りなく好調時に近づけていくということしか無いですね。コーチ陣とも話し合ってその幅を少なくするようにトレーニングを行ってきましが、今日の試合を振り返れば、いいパフォーマンスが出せませんでした。

――敵陣ゴール前での攻撃からトライを奪いきれませんでしたが。

ディフェンスよりもアタック能力を身に付ける方が難しいですね。そこがまだ十分に育っていない部分があります。今日までの直近の4試合で3トライ、4トライ、3トライ、4トライ、とトライを獲ってきていますが、今日の近鉄のディフェンスは素晴らしく、我々は前進できずに攻めが単調になって悪循環に嵌ってしまいました。

――入れ替え戦に望むにあたって。

試合まで一ヶ月近くありますが、いい準備をして来季にまたトップリーグで戦えるようになんとしても勝ちます。応援よろしくお願いします。

友井川拓キャプテンのコメント

友井川拓キャプテン

大阪までたくさんおファンの皆さまが来てくださった中で勝てなかったことは、非常に悔しいです。試合は近鉄さんのアタックにもディフェンスにも圧力を受けてしまい、自分たちのやりたいことができずにこういう結果になってしまいました。目標だったワイルドカードに進出できなくて残念です。また来年チャレンジできるように、しっかり入れ替え戦を勝ってまたトップリーグで戦いたいと思います。

小林訓也選手選手のコメント

小林訓也選手選手

――怪我からの復帰戦でしたが。

絶対勝たなければいけない大事な試合に間に合ったのですが、残念な結果になってしまいました。怪我していたところに関しては、本番になったらどんな感じになるかわからなかったのですが、やってみたらいつものように問題無くプレーできました。

――出場する時間までベンチで見ていた感想は?

エリアが取れずに、全部自陣でゴールを背負ってしまっていました。近鉄からすれば、攻撃は最大の防御という形になっていたと思います。ブレイクダウンで人をかけてしまって、アタックに回せなかったですね。近鉄は誰もがボールを持って前に進んで来ていました。

――それにしても、今日の近鉄は強かったですね。

何をやらせても強かったですね。前半は防戦一方でしたが、後半は攻めている場面でも攻めきれませんでした。我々に関しては、セットプレーでも焦ってしまって自滅をしてしまった部分があったのではないかと思います。ただ、ここ一番で自分たちの力を発揮できないところに問題があるのだと思います。選手の心のむらなのかどうなのかわかりませんが、試合本番で力が出しきれないということは、我々が弱かったということですね。

――これで入れ替え戦出場になってしまいましたが。

勝つしかないです。4年前に経験していますので、入れ替え戦だけは避けたかったです。ただこれから一ヶ月は勝つことだけに集中してできますので、もっといいプレーを見せることができると思います。いや、いいものなんて見せなくていいんですね。勝てばいいんですね。モールでもピックアンドゴーでもなんでもいいから、泥臭く勝って終わりにしたいです。
勝ちます!

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ