試合日程・結果

攻め続けながら自らのミスでチャンスをつぶして、敗戦。

ShiningArcs

21

VS

NTTドコモレッドハリケーンズ

24

2013年6月28日(金)、NTTドコモレッドハリケーンズとの練習試合が30分 × 2本の形で行われました。

16時キックオフ。試合の入りは、シャイニングアークスのアタックが功を奏し、敵陣へ攻め込み、22m内に入り込んで連続攻撃を仕掛ける。ボールを支配し続けていたが、11分、ターンオーバーされ、そのまま一気に自陣深くまで持っていかれてしまう。13分、自陣ゴール前5mの相手ボールラインアウトからモールを形成され、そのまま押し込まれてトライを奪われてしまう。G×0-5。

16分、連続攻撃で敵陣ゴール前まで運び、最後は密集からPR楢山選手がトライ。小野選手のゴールも成功し、7-5。

その後もボールポゼッションで上回り、何度かチャンスを作るが、肝心の場面でハンドリングエラーを犯してしまったり、反則を取られてしまったりでトライを奪えない。そして、前半終了。

後半開始早々、ラインアウトから連続攻撃を仕掛け、中央ラックから左サイドへ展開。ボールを持ったSH鶴田選手が絶妙のパスダミーで自ら持ち込み中央にトライ。G14-5。

9分敵陣ゴール前の連続攻撃を仕掛けているところ、ハンドリングエラーしたボールを奪われてカウンターアタックを仕掛けられ、一気にトライまで持っていかれる。G14-12。

12分、敵陣でアタックを仕掛けているところをまたしてもターンオーバーされ、左サイドを突破されてトライ。G×14-17。

17分、ドコモゴール前ラック状態から執拗にピック&ゴー攻撃を仕掛けるシャイニングアークス。最後は立った状態で体を交錯させながらボールを受け取った鶴田選手がインゴールを中央まで走りこんでトライ。G21-17。

23分、相手のキックボールを下がってキャッチしようとしたCTBリチャード選手とWTB沼尻選手が交錯して転倒。こぼれたボールを相手に拾われ、そのまま走られトライされる。G21-24。

その後、敵陣ゴール前で攻め続けるシャイニングアークス。ゴールまでもう一歩のところでハンドリングエラーを犯してしまいトライを奪えない。そして、ノーサイド。

敵陣で圧倒的に攻撃していたのに、自らのハンドリングエラーでターンオーバーされ一気にトライを奪われてしまう展開の繰り返し。攻め込みながらも最後の詰めができず、もどかしい敗戦を喫してしまいました。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ