試合日程・結果

ShiningArcs

84

VS

キヤノンイーグルス

45

6月23日(土)、NTT千葉総合運動場グランド。「ラグビーフェスタ 2012」のメインイベントとして、キヤノンイーグルスとの練習試合が行われた。試合形式は、40分 × 3本の変則マッチ。心配された天気も徐々に良くなり、多くのファンの方々も観戦に来てくださった中で試合は行われた。

12時、キヤノンボールでキックオフ。序盤から攻め続け、敵陣での展開を続けるシャイニングアークス。9分、右サイドライン際の攻防からWTB沼尻大輝選手が抜け出しトライ。SO君島良夫選手のゴールも決まり、7-0。15分、相手ペナルティからNo.8マーフィー・ダレン選手がクイックスタート。FL小峰徹也選手が大きくゲインし、最後はWTB友井川拓選手がゴールポスト脇にトライ。G、14-0。21分、相手ボールでの敵陣ゴール前スクラムで相手が反則。逆にマイボールスクラムでの再開になり、そのままスクラムを押し込みトライ。G、21-0。38分、マイボールラインアウトから展開し、ダレン選手がラインを突破。最後は友井川選手がゴール右にトライ。G、28-0。ここで、1stセット終了。終始ボールを支配し、危なげなくリードを保った。

大きくメンバーを替えて2ndセット開始。6分、No.8山下弘資選手が中央をゲインしてCTBマット・サンダーズ選手に渡し、相手を振り切ってトライ。FB佐藤晴紀選手のゴールも決まり、35-0。しかし8分、キヤノンにトライを奪われる。G、35-7。11分、マイボールラインアウトからモールを押し込み、ダレン選手がトライ。G、42-7。続いて13分、右サイドから左サイドへと大きく展開し、FB小川優輔選手がトライ。G、49-7。17分、キヤノンにラインブレイクされトライを奪われる。G、49-14。31分、22m付近のラックから連続攻撃。WTB菊地功一郎選手が抜け出してゴール中央にトライ。G、56-14。37分、ゴール前でのペナルティをクイックスタートし、No.8山下弘資選手が持ち込みトライ。G、63-14。40分、キヤノンのキックパスが通り、トライ。G×、63-19。1stセットの勢いをそのままに、大きく点差を引き離した。

3rdセットも大きくメンバーを入れ替えてスタート。攻撃を仕掛けるが、あと一歩のところで決めきれない。一進一退の攻防が続く。しかし19分、スクラムからWTB高山将一選手がトライ。G、70-19。21分、自陣で相手パスをインターセプトしたNo.8山下弘資選手が独走トライ。G、77-19。29分、左サイドから逆サイドに大きく展開して、WTB高山選手が再びトライ。G、84-19。しかし、ここから流れはキヤノンになり、立て続けに4連続トライを奪われてしまう。84-45。ここでゲーム終了。ラグビーフェスタのメインイベントとなったこの練習試合を、勝利で飾ることができた。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

一本目

二本目

三本目

ページトップへ