試合日程・結果

今シーズン初陣を勝利で飾る。

ShiningArcs

26

VS

筑波大学

17

5月6日(日)、シャイニングアークスの今シーズン初となる練習試合がNTT千葉総合運動場グランドで行われた。対するは筑波大学。昨年の大学選手権で2位になるなど、国立大学最強のラグビー部である。シャイニングアークスのスターティングメンバーは、新加入選手8人を擁するフレッシュなメンバー。快晴・強風の中、試合は行われた。

13時、シャイニングアークスのボールでキックオフ。2分、連続攻撃から左に展開し、CTBマット・サンダーズ選手が左隅にトライ。CTB佐藤晴紀選手のゴールも決まり、7-0。両チームとも極力キックを使わず、自陣深くからでもボールをつないでビルドアップしていく。15分、シャイニングアークスが自陣でペナルティを犯し、相手はショットを選択。これが決まって、7-3。18分、敵陣ゴール前でのマイボールラインアウトからモールを押し込みトライ。G14-3。しかし21分、相手の連続攻撃を受けトライを奪われる。G×14-10。27分、連続攻撃を仕掛けるシャイニングアークス。マット・サンダーズが大きくゲイン。敵陣ゴール前ラックからHO白隆尚選手がピック&ゴーでトライ。G21-10。このまま、得点は動かず、前半終了。
後半開始。CTBマット・サンダーズ選手OUT→CTB土肥健人選手IN。SH西村渉選手OUT→SH鶴田諒選手IN。前半同様、両チームともボールをつないでいく。一進一退の攻防。シャイニングアークスも敵陣まで連続攻撃で攻め込むが、強風のせいかハンドリングミスなどでトライまで至らない。逆に20分、筑波大学に展開され中央にトライされる。G21-17。22分、LO八藤後裕太選手OUT→LO石神勝選手IN。31分、敵陣での相手の反則にSH鶴田諒選手がクイックスタート。ボールはNo.8山下弘資選手に渡り、そのまま振り切ってトライ。G×26-17。32分、No.8山下弘資選手OUT→FL笠原歩選手IN。34分、FL森山健選手OUT→No.8山下弘資選手IN。その後も敵陣ゴール前まで攻め込むチャンスを作るがトライはならず、ゲームセット。今シーズン初の練習試合を勝利で飾った。

ページトップへ