試合日程・結果

ShiningArcs

28

VS

キヤノンイーグルス

19

10月1日(土)、雨が心配されたが曇り空で収まり、千葉ホームグランドでは7月2日のNTT大会・ドコモ戦以来となる、サテライトリーグ開幕戦 vs キヤノンイーグルス戦が行われた。久しぶりに生観戦できる試合とあって、たくさんのファンの方々がグランドに詰めかけてくれた。

13時、キヤノンボールのキックオフ。立ち上がりから自陣に攻め込まれる展開が続く。そして、12分、オフロードパスをつながれファーストトライを許してしまう。ゴールも成功し、0-7。19分、相手陣内深くまで攻めていたが、ターンオーバーされ深くから抜けだされて展開され、最後独走トライされる。ゴールは失敗し、0-12。シャイニングアークスは、受けに回ってしまって、アタックがなかなか組み立てられない。そして、21分にも相手陣内から展開され、11番に走りながら背後にボールを蹴られ、そのまま押さえこまれトライ。ゴールも成功し、0-19。キヤノンの大型外国人FW二人の圧力もあってか、攻撃の糸口がつかめないまま、前半終了。

ハーフタイムには、林HCから「1対1で勝つこと、とにかくアタックすること、二人目、三人目とアタックすること」等と指示が出る。

そして、シャイニングアークスボールで後半キックオフ。連続アタックが決まりだす。10分、連続アタックを仕掛けた後、相手ゴール前でのペナルティをクイックスタートして、後半No.8にポジションチェンジした八藤後がトライ。SO川本のゴールも成功し、7-19。16分には、スクラムターンオーバーから連続攻撃を仕掛け、最後ゴール前ラックでの密集からLO杉浦がピック&ゴーしてトライ。ゴールも決まり、14-19と追いあげる。38分、相手陣内ラックから左に展開し、WTB佐藤晴紀がトライ。替わったFB栗原のゴールも決まり、21-19と逆転。すぐ後の41分にも、SH鶴田が蹴り出したボールをWTB佐藤晴紀が押さえこんで連続トライ。ゴールも成功し、28-19。ここでノーサイド。サテライトリーグ初戦を勝利で飾った。

ページトップへ