試合日程・結果

雨の中、オープン戦初戦を白星で飾る。

ShiningArcs

28

VS

東京ガス

10

5月28日(土)今季オープン戦初戦となるゲームを、ホームグランドに東京ガスを迎えて行った。前日に梅雨入りし、あいにくの雨模様の中、この日を待ち望んでいた多くのファンの方々もグランドに駆けつけてくれた。

13時。東京ガス、キックオフ。試合開始早々から、今年目標と掲げる「ボールを動かすラグビー」へのプレースタイルの変化が見られる。7分、敵陣左サイドのマイボールラインアウトからモールを形成し、そのままLO石神がトライ。この日SOに入ったウィングのゴールも決まり7-0と先制。その後も多くの時間を敵陣で展開するが、雨でボールがスリッピーになっているせいか、ハンドリングミスもありトライまで至らない。35分、ウィングがステップで相手をかわしゴール前まで持ち込む。ラックからこぼれたボールをNo.8マーフィーが拾い上げトライ。ウィングのゴールも決まり、14-0。そして、38分。今シーズンのプレースタイルを象徴するかのようにワイドに展開。ボールが渡ったWTB友井川が大きくゲイン。ゴール前のラックからSH西村が持ち込みトライ。ウィングのゴールも決まり、21-0。前半を終える。

大きくメンバーを入替え、SO君島のキックで後半開始。交代したメンバーたちも「ボールを動かす」ことを意識したプレーを随所に見せる。10分、相手のキックをキャッチしたWTB沼尻がそのままライン際をビッグゲイン。FL小林、SO君島へとつなぎ、最後CTB磯田がトライ。SO君島のゴールも決まり、28-0。しかし、ここから流れが悪くなる。ボールがスリッピーなためのミスもあり、展開するがなかなか前に出られない。逆に30分、相手にパスをインターセプトされ、トライを許してしまう。ゴールは失敗し、28-5。更に35分、自陣ゴール前で相手に展開されまたしてもトライを奪われる。28-10。ゲームはここからお互い得点が動かず、ノーサイド。初戦を白星で飾った。

大沼 照幸監督のコメント

大沼 照幸監督

―今日の試合の感想を

選手は、エネルギッシュな姿勢で試合に望んでくれたと思っています。やろうとしていたことができた部分もあるし、「ボールを動かすラグビー」をやるためにはまだまだフィットネスが足りないとか、正確なシェイプができていないとか、課題も明確になってきました。ただ、課題だけでは無く、得たものもすごく多かったと思います。例えば、ブレークダウンの仕事とか、ボールを動かしてしっかりとオーバーラップを作ってトライを獲るという形で成果が出ました。結果として、相手に2トライ獲られたのは残念でしたが。

―目標としている「ボールを動かすラグビー」には、やり辛い天候だったと思いますが。

たしかにやり辛いコンディションでした。ただこういう天候でも、特に前半は、しっかりとクイックにボールをリサイクルしてオーバーラップの状態でトライを獲るといういい形ができていましたので良かったと思います。

―去年までだったら、今日のような相手にはもっとFWで勝負していったと思いますが。

そうですね。FWが近場でゴリゴリと行っていたでしょうね。今日の前半も、ゴール前、FWで押し込もうとしてトライを獲りきれなかったケースがあったように、ゴール前は一番ディフェンスがきつくなるところなんですね。今年はボールをシフトしてしっかりと動かしてトライを獲っていく、というスタイルを確立したいと考えています。

ページトップへ