試合日程・結果

スクラムで崩され、アタックのチャンスを作れず敗戦。

ShiningArcs

18

VS

ヤマハ発動機ジュビロ

55

2011年10月29日、ヤマハスタジアム。9,514人の観客を集めてシャイニングアークスのトップリーグ開幕戦が行われた。対するヤマハ発動機ジュビロは、今シーズン再びチーム強化をし、昨年度とは全く違ったチームになっている。

13時、風下になったシャイニングアークスSO君島選手のキックオフでゲームスタート。だが、ダイレクトアウトとなってしまい、相手ボールでセンターからスクラム。注目のファーストスクラムだったが、相手の展開するボールをターンオーバーし、陣地を挽回。しかし5分、ペナルティから相手ボールのゴール前ラインアウトとなる。何とかこらえるがオフサイドの反則を与える。ヤマハFB五郎丸選手がショットを選択し、これを決める。0-3。7分、リスタートからの敵陣30m付近で今度はヤマハがオフサイドの反則。これを君島選手が難なく決めて、3-3の同点にする。10分、スクラムでアングルの反則を取られ、ヤマハ五郎丸選手がショットを選択したが外す。しかし、自陣から抜け出せず相手の連続攻撃を受けてしまい、13分、完全に余らせた状態でトライを許す。ゴールも決まり、3-10。17分、LOアイザックロス選手の巧判断からラインブレークし、更にNo.8フォトゥ選手が突破し、相手22mライン近くまで攻め込む。19分、敵陣30m付近で相手ペナルティ。ショットを選択した君島選手がこれを決め、6-10とする。両チームのスーパーブーツ(キックの名手)通しの戦いの様相を見せてきた。しかし、直後のリスタートのキック処理の隙を突かれてトライを奪われた!と思いきや、ついていた山下大悟選手がグラウンディングさせず。ピンチを凌ぐ。

しかし、24分、自陣ゴール前での相手ボールスクラムからトライを奪われる。ゴールも成功し6-17。この日のシャイニングアークスは、セットプレーが安定しない。特にスクラムでの反則が多く、相手有利なアタックに繋がってしまっている。そのため受けに回ってしまい、ペナルティが多くなる。

36分、敵陣ゴール前マイボールラインアウトでSH鶴田選手からHO濱田選手につなぎ、待望のファーストトライ!ゴールも決まり、13-17。しかし、39分にペナルティからショットを決められ、13-20で前半を終える。

セットプレーでの不安定さやペナルティの多さがあったが、風下で完全アウェーの試合を考えれば、それほど悲観する前半では無かったといえる。

後半スタート。1分、シャイニングアークスの連続攻撃で敵陣に攻め込むが、ターンオーバーされ逆にトライを奪われ、ゴールも決まり、13-27。7分、更にヤマハCTBマレ選手にステップでラインブレークされトライを奪われる。13-34。14分、ヤマハの素早いパス回しの連続攻撃からトライを奪われ、13-41。相手の勢いが止まらない。ペナルティを犯すと相手はスクラムを選択する。コラプシングを繰り返すシャイニングアークス。どうしてもレフリングに合わせることができない。そして、22分にその相手ボールでのゴール前スクラムの連続からNo.8モセ選手にトライを奪われ、13-48。

29分、敵陣での連続攻撃の後、ゴール前マイボールラインアウトからラック状態になり、フォトゥ選手がピックアンドゴーでトライ! 18-48。34分にようやくスクラムからのファーストフェーズで山下大悟選手がゴール前までビッグゲイン!だが惜しくもトライまでは至らず。相手の強いプレッシャーを受け続けていたためか、後半途中から選手の足が止まりだす。試合終了のホーンが鳴ってから、自陣裏スペースに蹴り込まれたが、選手の足が止まって、トライを許す。18-55。ここでノーサイド。

今日の敗戦はトップリーグ公式戦、13分の1の結果でしか無い。試合は続く。立ち止まっている暇はない。
選手やスタッフは、もう気持ちを切り替えて次戦に向かっています。次戦のサニックス戦は、新潟での戦いとなりますが、応援よろしくお願いします。

大沼照幸監督のコメント

大沼照幸監督

セットプレーでもっと戦えると思っていました。しかし、特にスクラムを崩されて、セットプレーからのアタックができませんでした。それに接点の強さという部分でもヤマハさんの方が上回っていたと思います。来週すぐにサニックス戦がありますので気持ちを切り替えて、本来の今シーズン我がチームの目指す「ボールを動かしてアタックをして、トライを取るラグビー」を目指して次戦に臨みたいと思います。

林雅人ヘッドコーチのコメント

林雅人ヘッドコーチ

うちもどちらかといえば、そんなにスクラムが弱いチームだとは思っていませんが、少しレフリングの解釈に合わせられなかったのかなあ、という思いはあります。ただ、相手のセットプレーへのこだわりや新しい選手のリクルートや適材適所の起用に清宮監督らしさは感じました。今日のゲームに関しては、スクラムを支配されてしまったので、セットプレーからのファーストフェーズのアタックがほとんどできなかったことにつきます。また圧力を受け続けていたため疲労が脚に溜り、後半は足が止まってしまいました。次戦のサニックス戦は、相手の早いテンポに付き合うことなく、我々のラグビーをやりたいと思います。

友井川拓キャプテンのコメント

友井川拓キャプテン

開幕戦でアウェーでしたので、難しい試合ではあったのですが、それを気にすること無く、自分たちにフォーカスして、半年間準備していたことをしっかり出そうと話していました。試合前のチームの雰囲気もすごく良かったですし、試合前のアップも含めて最高の準備ができたと思っていたのですが、セットプレーやブレイクダウンでなかなか我々のラグビーをさせてもらえませんでした。もっともっとアタックする機会を増やしていかないと難しいので、これからはセットプレーの安定とボールキープするところにフォーカスして次のサニックス戦に臨みます。

山口泰生選手のコメント

山口泰生選手

相手がスクラムやモールでのFW戦にこだわってくるというのは、もちろんわかっていましたが、我々は自分たちのやるべきことにフォーカスしていこうということは確認していました。スクラムに関しては、レフリングの解釈に合わせることが最後までできませんでした。もっと早くから合わせていくことが必要だったと反省しています。また、スクラムで優位に立たれたせいで、相手のペネトレーター(突破役の選手)にブレイクされてしまいました。ただ、落ち込んでいる暇はありませんので、気分を切り替えて次戦に臨みます。

*試合写真は、公式facebookページにも多数掲載しています。

ページトップへ