試合日程・結果

開始早々から4連続トライを奪われるも、怒涛の反撃で僅差の敗戦。

ShiningArcs

21

VS

三洋電機ワイルドナイツ

26

11月28日(日)、ShiningArcsは地元NTT千葉総合運動場ラグビー場にて、サテライトリーグ最終戦で三洋電機ワイルドナイツと対戦。終盤まで勝負の行方が分からない熱戦となった。
試合は開始早々から、トップリーグ首位を走る三洋電機の猛攻により、3分、7分、15分そして19分と4連続トライを奪われ、早々に0対26と大量リードを奪われる。ShiningArcsもSO川本と怪我から復帰のSH岡のハーフバック陣から徐々にテンポが生まれる。そして28分、バックスに展開し最後はCTB磯田がゴール左中間にトライ。川本のゴールも成功し、7対26と反撃の狼煙をあげる。更に攻め込むものの、得点をあげることは出来ないまま前半を終了する。
後半に入ると一進一退の攻防が続き、徐々にShiningArcsがペースを掴む。11分、ゴール前でNo.8川上のアタックから左に展開、最後はWTB河津がインゴールに飛び込みトライ。ゴールも成功し、14対26と追いすがる。続いて24分、PR秋葉と怪我からの復帰戦となる神田が入り、迎えたゴール前での相手ボールスクラム。一気に押し込みターンオーバーに成功すると、奪ったボールを途中出場のNo.8鷹クロフォードがインゴールに運びトライ。ゴールも成功し、21対26といよいよ逆転圏内に迫る。その後も果敢に攻めるものも、あと一歩及ばずそのままノーサイド。トップリーグ首位の三洋電機に対し5点差の僅差ではあるが敗戦、今季サテライトリーグの通算成績は1勝3敗で全日程終了となった。

ページトップへ