News Release
平成17年2月23日


「Group-VPN」 のサービス拡充について
〜「Group-VPN『バックアップPlus』プラン」の提供および
「ユビキタスVPNソリューション」への対応について〜

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は平成17年2月24日より、中小規模の企業ネットワーク向けVPNサービス「Group-VPN」において、工事や万が一の回線故障 などが発生した際に自動的にバックアップ専用回線に切り替わり、お客さま通信を確保する「バックアップPlus」プランを提供開始します。また同時に、モバイル/リモートアクセス環境を実現する「ユビキタスVPNソリューション」についても、「Group-VPN」の対応を開始します。これにより、企業ネットワーク利用時の信頼性向上および、モバイル端末やISDN/ダイヤルアップ環境からの簡易なリモートアクセスが可能となり、幅広い利用シーンで「Group-VPN」が活用できます。


1.「Group-VPN『バックアップPlus』プラン」 の提供について

(1)概要
 「Group-VPN」において現在提供している「フレッツ」プラン、「ACCA ADSL」プランに加え、 「バックアップPlus」プランを追加します。本サービスは、メイン回線にNTT東日本・西日本が提供する「Bフレッツ」または「フレッツ・ADSL」を、バックアップ回線にアッカネットワークスの「ACCA ADSL(12M)」を利用し、メイン回線に工事や故障が発生した場合、自動的にバックアップ回線へ切り替わることでお客さま通信を確保するサービスです。
 なお、今後バックアップ回線としてISDNへの対応も予定しています。

(2)サービスメニュー
<メイン回線>
:Bフレッツ(ベーシックタイプ/ハイパーファミリータイプ/ニューファミリータイプ/ファミリー100タイプ)
:フレッツ・ADSL各種
<バックアップ回線>
:ACCA ADSL(12M)タイプ

(3)特徴
経済的かつ広帯域なバックアップソリューションを実現
 バックアップ専用としてACCA ADSL(12M)タイプを利用することにより、低コストで「Group-VPN」各拠点の信頼性が向上できます。さらに、バックアップ時でもブロードバンド回線による広帯域な通信が可能です。

異キャリア・異メディアのアクセス回線の組み合わせにより高い信頼性を確保
 メイン回線としてNTT東日本・NTT西日本のBフレッツまたはフレッツADSL、バックアップ回線としてACCA ADSLを利用するため、異キャリア(NTT東日本・NTT西日本とアッカネットワークス)かつ異メディア
(光アクセスとADSLアクセス)による信頼性の高いバックアップネットワークの構築が可能です。

「バックアップPlus」プラン専用のレンタルルータにより簡易にネットワーク構築が可能
 VPNを構築するためのお客さま拠点のルータは、NTT Comにてバックアップも含めた設定を行った上で、レンタル提供します。さらに、設置工事・保守もオンサイトにて行いますので、お客さまの手を煩わせることなく、簡易にネットワーク構築が可能です。

(4)サービスメニュー・利用料金
 【別紙1】参照

(5)受付開始日
 平成17年2月24日

2.「ユビキタスVPNソリューション」への対応開始について

(1) 概要
 現在「Arcstar IP-VPN」などにて提供中のモバイル/リモートアクセス環境を実現する「ユビキタスVPNソリューション」について、「Group-VPN」でも対応を開始します。これにより「Group-VPN」においても、多彩なモバイル環境からのセキュアなリモートアクセスが可能となります。

(2)サービスメニュー
モバイルアクセスサービス(FOMAタイプ)
モバイルアクセスサービス(@FreeDタイプ)
モバイルアクセスサービス(AIR-EDGEタイプ)
MOVEライト(ダイヤルアップアクセスサービス)
RADIUSホスティングサービス

(3)特徴
さまざまなモバイル端末などからのリモートアクセスに対応
 FOMA、@FreeD、AIR-EDGEといったモバイル端末や電話網/ISDNなど、さまざまなリモート環境からのアクセスに対応します。リモートアクセスに要する帯域は、0.5〜5Mbpsの中からお客さまの利用帯域に応じて選べます。

全国どこからでも同一番号でモバイルアクセスが可能
 お客さまごとに専用アクセス番号を設定し、全国どこからでも同一番号でモバイルアクセスが可能です。

(4)サービスメニュー・利用料金
 【別紙2】参照

(5)受付開始日
 平成17年2月24日

<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで