III.経営成績

 以上のような事業展開の結果、IP系サービスなど成長分野での収入は堅調な伸びを示す一方、固定電話市場の縮小、マイラインなどの競争激化による音声電話収入、専用・データ収入の減少、景気の低迷の長期化等により、営業収益については減収となり、経常損益についても当初の見通し並の成果となりました。

1. データ・IP系などの収入は、IPへの強いニーズを背景に、IP系サービス収入が堅調に伸びたものの、専用サービス収入の減少が影響し、2,899億円(前年同期比▲221億円 7.1%減)にとどまりました。

(1)OCN
 インターネットにおけるブロードバンド需要の増加を背景に、ADSL市場は引き続き拡大しています。OCNはADSL市場において順調にシェアを拡大しているほか、多様化するアクセスラインへの対応、セキュリティ機能などの付加価値サービスの充実、IPv6サービスメニューの充実、バックボーンネットワークの増強による品質向上などの結果、9月末現在で約395万加入となりました。

(2)IP・データ・専用サービス
 長期化するIT不況から、法人のお客さまにおいてネットワークコストの節減や拠点の統廃合などが急速に進んだため、専用・フレームリレー・パケットサービスなどでは既設回線の廃止や、広帯域と経済性を両立する「Arcstar IP-VPN」、「e-VLAN」などへの移行が進みました。
 法人向け市場では、ネットワークコストの低廉化や通信データ量の急増を受けたブロードバンド化のニーズに対応するために、「Arcstar IP-VPN」と「e-VLAN」については、モバイル・リモートアクセスを含むアクセスラインの多様化や提供エリアの拡大を進めるとともに、ネットワークマネジメントサービスなどの付加価値サービスの充実をはかり、次世代の企業ネットワークとして新たな市場の拡大に努めました。

(3)SI等
 当社の強みであるIPネットワークサービスに、データセンターサービスや、セキュリティ・サービス、マネジドサービス(監視・運用サービス)などの高付加価値サービスを統合したトータルソリューションサービスを積極的に展開してきました。


2. 音声伝送収入は固定電話市場の縮小をカバーするため、IP系サービスとのバンドルやモバイルサービスの拡充などを図るとともに、電話サービス関連経費の徹底削減による利益確保に取り組んだ結果、2,453億円(前年同期比▲182億円 6.9%減)となりました。



 以上の結果、当中間期の営業収益は5,352億円(前年同期比▲404億円 7.0%減)、営業利益は690億円(前年同期比▲58億円 7.7%減)、経常利益は681億円(前年同期比▲47億円 6.6%減)となりました。

 なお、海外投資などの評価損の発生に伴い、348億円の特別損失を計上した結果、中間純利益は109億円となりました。

 事業見通しについては、当面、電話サービスのみならず、データ・専用サービスの収益減少が見込まれるものの、新たな収益の柱として成長しつつあるIP系サービスをベースとして、ソリューション、ネットワークマネジメント(ユビキタス)、セキュリティ、グローバルの4つの領域を軸として事業を展開し、また、徹底したコスト削減努力を継続することで、収益の改善に努めていきます。
 また、国際事業全体での収支は大幅に改善し、2005年度には国際事業全体での収支黒字化を目指していきます。
 

戻る