OCN Phone ドットフォンオフィスOCNドットフォン オフィス(050IP電話)三次貨物運送有限会社

運輸業

三次貨物運送有限会社様

写真
電話は運輸ビジネスの生命線。050番号の導入で、膨大なコスト負担を大幅にダウン、企業イメージアップ効果も実現

三次貨物運送は、広島県三次市に本社をもつ企業。56名のトラック乗務員を正社員として抱え、広島市から関西圏を中心に物流に貢献している。得意先との連絡に、新たな積み荷の獲得に、乗務員との連絡に、電話は運送業のいわば生命線である。だが、同社が050番号の導入に踏み切ったのは、膨大な通信コストを削減するためだけではない。同社の狙いとは、そしてその効果とは。

Keyword コスト 050 IP電話

課題
・業務拡大のため、全国に電話をかける機会が増大、通信コストの増加を何とかしたい
決め手
OCNドットフォン オフィスを導入
効果
・050番号の導入で、会社の通信コストが大幅にダウン
・電話環境の改善で、ISOの要件をクリア
・先進性のアピールで企業イメージがアップ

課題

24時間365日、電話はいつでも稼働中 「求荷求車情報ネットワーク」への加入で、かけるエリアが全国に拡大

 トラックの積み荷は、時代を映している。かつて三次貨物運送が運んでいたのは製材やチップなど、三次市の主要産業であった林業の製品。現在は自動車関連の部品が65%を占め、部品工場や組み立て工場を結ぶ物流が中心である。また、高速道路の事故車の撤去、積雪時の高速道路用凍結防止剤の運搬、三次市の名物である鵜飼用の鮎の稚魚の輸送など公共性の高い仕事も担っている。
 「広島県を中心に関西圏までが主なエリアですが、積み荷があればどこへでも行きます。トラックは荷台に積み荷があってはじめてビジネスになりますし、安全・確実に届けるのが仕事ですから、電話はビジネスの生命線なんです」(細川喜一郎・代表取締役社長)

写真
高速道路の事故車等の撤去も業務の一つ。スムーズな道路運行に貢献している。

 積み荷を安全・確実に届けるためには、乗務員とトラックの状況を事務所サイドで常に把握しておく必要がある。また、道路の渋滞や事故、急な悪天候など、刻々と変化する輸送環境に対応するためにも、事務所と56人の乗務員(ドライバー)は頻繁にやりとりをする。事務所から乗務員のケータイへかける件数は、膨大になるということである。
 「帰社が2日後といった長距離輸送の場合は、安全確認のために毎晩607時に乗務員のケータイへ電話をし、電話点呼を行なっています。また、乗務員からいつ緊急の連絡が入るかわかりませんから、営業時間終了後の会社への着信は、私と電話当番の社員のケータイに転送する仕組みを採っています。もちろん取引先との打ち合わせや『渋滞で積み荷の到着が遅れる』といった荷主さんへの連絡も電話でします。当社の電話は24時間・365日いつでも稼働中なんです」

 運送業は、時期によって仕事量が変動する。年度末などの繁忙期は依頼を断らざるを得ないほどだが、需要の閑散期も確実にやってくる。乗務員から「仕事をさせてよ」と注文がつくこともあるという。

 「走るのが好きという社員の期待に応えたいですし、原油の高騰という逆風も吹いていますから、業務効率アップは経営課題でもある。谷間の時期をなくそうと、2006年に日本貨物運送協同組合連合会が運営する『WebKIT』という求荷求車情報ネットワークに加入しました。これは、運ぶ荷物があるけどクルマがないという荷主企業とクルマがあるけど運ぶ荷物がないという運送業を、インターネット上で結ぶものです。当社では、広島のA社の荷物を東京で下ろしたら、『WebKIT』で見つけた『横浜から姫路までのB社の積み荷』を運ぶという風に利用しています。決済は運営側が担当してくれますが、受発注は参加企業同士で直接行なうんです。ですから、荷主企業への確認のため、直接電話をかけないといけない。『WebKIT』に加入してから広島県外の全国へ電話をかける機会がかなり増えた。通信コストはさらに上昇しました」

決め手

経営の効率化と経費削減効果にプラス 先進的な企業が使っている050番号に注目

 『WebKIT』への加入を契機に、細川社長は通信環境の見直しを真剣に検討し始めた。単にコストダウンを狙うなら、できるだけ料金の安いサービスを選べばいい。だが、電話は同社のビジネスの生命線。品質と信頼性も重要である。
 「そんなときに、NTTコミュニケーションズの営業担当者から050番号の導入をアドバイスされ、当社の求める条件に合うサービスではないかと気持ちが大きく動きました。実は『WebKIT』に加入して積み荷を探し始めたとき、050番号を導入している会社が多く、ちょっと驚いたんです。思い返してみると、昨年末あたりから私のケータイのかかってくる電話も050番号が多くなっていたし、名刺に050番号が刷り込んである企業も増えてきました。私自身もそうでしたが、電話でも名刺でも050番号表示を受け取ったとき、先進的なことをやっている会社だというイメージをごく自然に抱くんですね。050番号を導入すれば、さらなるプラス効果も期待できるのではと思いました」

OCNドットフォン オフィス画面
 細川社長の決断を後押ししたのは、2004年5月に取得した『ISO9001・2000』の要件の一つ、『経営環境改善への対応』だった。創業者である先代社長のあとを継いで社長に就任した細川社長は、新しい時代の運送業をめざして経営改革と社員の意識改革を推進してきた。「みんなの弁当代は会社じゃなくてお客様が買ってくれているんだ」「ドロドロに汚れたクルマじゃお客さんに喜んでもらえないだろう」と具体的な言葉で、顧客満足を考える視点をもつことを促したのである。
 「ウソをつかない経営が私のモットーですし、社員が任されているんだという意識をもつことでさらに働きやすい環境が生まれたと思います。私も社員に任せられるから、地域振興の手助けなど三次市のための活動にも時間が割けるんです(笑)。ご存知のようにISOは毎年、何か一つ改善を積み重ねる必要があります。環境整備、ホームページの開設とやってきて、2007年は何をやろうかと考えたとき、そうだ電話だと思った。050番号を導入すれば、050番号から一般加入電話へは、全国どこへでも一律料金ですし、ケータイへも事業者問わず一律料金でかけられる。経費削減と経営環境の改善にもつながります」
 2007年6月、三次貨物運送は050番号のIP電話サービス「OCNドットフォン オフィス」を導入した。乗務員に050番号のコストメリットをしっかり認知してもらうために、休憩室に「会社への連絡は050番号へ」と紙に書いて貼り出したほか、ケータイの電話帳メモリーも「会社の電話番号は050番号に書き換えよう」とアドバイスした。むろん、会社の電話機にも050番号をキチンと表示、会社全体で050番号導入への準備を整えたのである。
フロー図

効果

先進性のアピールで、企業イメージ効果も実感 もっとお得になる新サービスへの期待も大

 現在、三次貨物運送では乗務員へも得意先などへも発信はすべて050番号からである。全国を走り回っている乗務員も、もちろんケータイから050番号へかけてくる。
 「『WebKIT』の荷主企業は、当社からはほとんどが遠距離ですから、全国一律3分あたり8円(税込8.64円)でかけられるコスト効果は大きいですね。また同じOCNの050番号同士だと無料になるのはもっと嬉しい(笑)。事務所から乗務員のケータイへかける際も事業者問わず1分あたり16円(税込17.28円)なので050番号を使います。乗務員のケータイは、個人利用のケータイなので、事業者もバラバラ。わかりやすい通話料は助かります。さらに乗務員のケータイから事務所へかかってくる電話も050番号ですから、 050番号へかかってくるほど発信通話料が安くなる『着割』の効果も大きい。コスト削減効果を実感しています。もともと電話が多い業種ですから、通話チャネルをもう少し増やしていつでも・どんなときでも、050番号が使えるようにしようと思っています」

 050番号の導入と合わせて、細川社長は名刺も新しくした。従来からの会社の代表番号とFAX番号も併記してあるが、050番号が一番上。受け取った人の目に止まるようにとの配慮である。


写真
会社の電話機には050番号とメリットを見やすく掲示。社員の意識を促している。

写真
乗務員のケータイには、会社の050番号を登録済。全員が050番号へ電話をかけてくる。
 「『御社は050番号ですか』と、受け取った人に言われることもあります。私が感じたように、先進的なことをやっている会社だというイメージも合わせて受け取ってくれていると思いますね。ISOの課題をクリアできた上に、企業のイメージアップ効果が出た点でも一石二鳥。当社は三次市ではリーダー的な立場にある企業ですから、先頭を切って先進性を積極的にアピールしていくことで、三次市や三次市の企業のイメージアップにつなげていきたいと思っています」
 細川社長には、いま注目し、期待しているIP電話サービスがある。NTTコミュニケーションズが最近提供開始した画期的な新サービス、PHSを会社の内線電話の感覚で使える『ドットフォン ユビキタス』である。
 「これを導入し、乗務員にPHSをもたせれば、彼らが全国どこにいても050番号同士なので無料になると聞いています。会社にとってもさらなるコスト削減効果が見込めますし、乗務員も通信コストの負担はプライベート用だけで済む。当社のような電話がビジネスの生命線である企業にとっては、まさに朗報ですね。サービスの導入を検討していきたいと思っています」
More Info
三次貨物運送では、社有のトラックの色を白と青のツートンカラーから白一色に変更しつつある。白は自動車メーカーから出荷したままの色。塗装に費用をかけないため車両費が安くなる上に、汚れが目立つから乗務員の「キレイにしよう」という意識もアップする。青で描かれたドーベルマンのイラストは、細川社長自身のデザイン。「かっこいい、乗りたい」と、乗務員の人気の的だ。
三次貨物運送有限会社

代表者/代表取締役社長 細川喜一郎
設 立/1957年11月
社員数/60名
本 社/広島県三次市十日市西四丁目10"26
事業内容/
一般区域貨物自動車運送事業、とび・土木建設業、鋼構 造物建設業
ホームページ
シンプルだが、 運送業の新しい息吹を感じさせるホームページ。ウソのない経営をするという社長の信念が伝わる。

お問い合わせ/お申し込み 資料請求

OCNドットフォン オフィス(050IP電話)トップ サービス詳細(メリット)オプションサービス対応機器レンタルサービス
導入事例料金ご利用に必要なものご注意事項
お申し込み・お問い合わせよくあるご質問

他のIP電話・直収電話・グローバルボイスへ

このページのトップへ

お問い合わせ/お申し込み 資料請求

サービスのお問い合わせ・お見積もり 法人コンタクトセンター 0120-106107 受付時間9:30〜17:00(土日休日を除く)

ご契約者さま向け(サポート情報)

ご利用明細

オプションサービスの設定/
操作マニュアルダウンロード

050IP電話活用ガイド

工事・故障情報

関連サービス

050 plus for Biz

BizFAX ストレージ&リモート

ひかりライン

サービスのお問い合わせ・お見積もり 法人コンタクトセンター 0120-106107 受付時間9:30〜17:00(土日休日を除く)