Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
OCN

OCN ひかり電話

基本機能

 

テレビ電話

OCN ひかり電話の基本機能として、テレビ電話がご利用いただけます。
OCN ひかり電話に接続したIPテレビ電話端末とOCN ひかり電話、NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話契約者とのテレビ電話がご利用いただけます。

※:本機能に対応したホームゲートウェイをご利用いただく必要があります。

※:NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話をお使いで、平成22年5月31日までに「テレビ電話」「高音質電話」をご利用されていない場合、OCN ひかり電話にお申し込み後、本機能をご利用いただくためのお申し込みが別途必要です。本機能のお申し込みにより、「高音質電話」「データ接続通信」もご利用可能となります。

※:テレビ電話への通話料は音声通話料とは異なります。

※:東日本エリアから西日本エリアへ発信する際、着信側がNTT西日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)の電話番号(加入電話などからの番号ポータビリティをした番号は除く)から継続使用している番号の場合、「テレビ電話」はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-east.co.jp/tariff/appendix/eb13s008.html)をご確認ください。

※:西日本エリアから東日本エリアへ発信する際、着信側がNTT東日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)からひかり電話オフィスA(エース)(電話サービス)に移行された一部の番号の場合、「テレビ電話」はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s008.html)をご確認ください。

留意事項

ご利用上の留意事項

  • 通常の電話番号(0AB~J番号)で利用できます。
  • 「テレビ電話」の契約がないOCN ひかり電話やNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話契約者とは、音声での通話のみとなります。
  • 緊急通報(110/119/118)は、音声通話として発信できます。
  • OCN 光でご利用のOCN ひかり電話でも、通信相手によっては、標準品質のテレビ電話となる場合があります。
  • IPテレビ電話端末等にテレビ電話の着信があった場合は、IPテレビ電話端末等のみ呼出音が鳴ります。他の電話機等へは着信しません。IPテレビ電話端末等がない場合は、呼出音が鳴らず音声通話により再接続となります。
  • 音声通話で着信した場合は、IPテレビ電話端末以外の電話機とも通話できます。

他の付加サービス等と併せてご利用の場合の留意事項

【通話中着信】

  • 転送条件が、無条件転送もしくは話中時転送であることが条件となります。

【優先着信機能】

  • LANポートにて優先着信機能は利用できません。TELポート(加入電話機等)にて優先着信機能の設定をしている場合、テレビ電話のご利用ができない場合があります。

【指定着信機能】

  • LANポートにて指定着信機能は利用できません。TELポート(加入電話機等)にて指定着信機能の設定をしている場合でも、テレビ電話の利用は可能です。

【着信課金】

  • テレビ電話での着信はできません。

ご利用方法

通信機器

本サービスのご利用には、OCN ひかり電話に対応したテレビ電話対応機器が必要です。
通話相手もOCN ひかり電話およびNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話、法人向けひかり電話(ひかり電話ビジネスタイプを除く)に対応したテレビ電話対応機器をお持ちである必要があります。

高音質電話

OCN ひかり電話の基本機能として、高音質電話がご利用いただけます。
高音質電話は、OCN 光でご利用のOCN ひかり電話およびNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話、法人向けひかり電話*1契約者同士なら、従来の固定電話よりも高音質で通話ができる機能です。*2
標準音声の周波数帯域(3.4kHzまで)と比べ、約2倍の帯域(7kHzまで)を使用するため、よりクリアな通話を実現します。

img_w756_h200_01

*1「法人向けひかり電話」とは、NTT東日本・NTT西日本が提供する「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ビジネスタイプ」「ひかり電話ナンバーゲート」の総称です。
高音質電話はひかり電話ビジネスタイプではご利用いただけません。

*2一部、本機能がご利用いただけない番号がございます。

※:東日本エリアから西日本エリアへ発信する際、着信側がNTT西日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)の電話番号(加入電話などからの番号ポータビリティをした番号は除く)から継続使用している番号の場合、高音質電話はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-east.co.jp/tariff/appendix/eb13s008.html)をご確認ください。

※:西日本エリアから東日本エリアへ発信する際、着信側がNTT東日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)からひかり電話オフィスA(エース)(電話サービス)に移行された一部の番号の場合、高音質電話はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s008.html)をご確認ください。

※:別途、高音質電話対応機器が必要です。

※:NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話をお使いで、平成22年5月31日までに「テレビ電話」「高音質電話」をご利用されていない場合、OCN ひかり電話にお申し込み後、本機能をご利用いただくためのお申し込みが別途必要です。
本機能のお申し込みにより、「テレビ電話」「データ接続通信」もご利用可能となります。

※:高音質電話による通話は、標準音質の通話と同じ通話料3分8円となります。

留意事項

ご利用上の留意事項

  • 通話先の電話機が「高音質電話」に対応していない場合、標準音質での通話となります。
  • 「 高音質電話」対応の電話機から117(時報)や177(天気予報)等のガイダンスをお聞きになる場合は、標準音質の音声となります。

他の付加サービスと併せてご利用の場合の留意事項

【通話中着信】

  • お話し中に「高音質電話」対応の電話機から電話がかかってきた場合、かかってきた電話との通話は標準音質の通話となります。

【着信課金】

  • 高音質電話での着信はできません。

ご利用方法

通信機器

  • 本機能のご利用には、高音質電話対応の電話機が必要です。
  • 通話相手が本サービスに対応した高音質電話対応機器をお持ちである必要があります。

接続方法

  • 本機能対応の電話機はホームゲートウェイのLANポートに接続します。
  • ホームゲートウェイの設定が必要となる場合があります。

データ接続通信

OCN ひかり電話の基本機能として、データ接続通信がご利用いただけます。
0AB~J番号を利用して接続先を指定することで、帯域確保型のデータ通信が利用可能なサービスです。
データ接続通信は対応端末を利用し、OCN ひかり電話やNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話(アクセスライン:フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト)契約者、およびひかり電話オフィスタイプ(アクセスライン:フレッツ 光ネクスト)契約者、ひかり電話オフィスA(エース)契約者と帯域確保型のデータ通信が可能となる機能です。
また、NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話ナンバーゲートとのデータ通信が可能です。

※:東日本エリアから西日本エリアへ発信する際、着信側がNTT西日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)の電話番号(加入電話などからの番号ポータビリティをした番号は除く)から継続使用している番号の場合、データ接続通信はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-east.co.jp/tariff/appendix/eb13s008.html)をご確認ください。

※:西日本エリアから東日本エリアへ発信する際、着信側がNTT東日本が提供するひかり電話ビジネスタイプ(電話サービス)からひかり電話オフィスA(エース)(電話サービス)に移行された一部の番号の場合、データ接続通信はご利用いただけません。該当の電話番号についてはこちら(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s008.html)をご確認ください。

※:別途、データ接続通信対応機器が必要です。

※:NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話をお使いで、平成22年5月31日までに「テレビ電話」「高音質電話」をご利用されていない場合、OCN ひかり電話にお申し込み後、本機能をご利用いただくためのお申し込みが別途必要です。本機能のお申し込みにより、「テレビ電話」「データ接続通信」もご利用可能となります。

※:データ接続通信の通信料は、テレホンカードによる充当はできません。

留意事項

ご利用上の留意事項

  • 通信先がデータ接続通信に対応していない機器の場合、データ接続通信での接続はできません。

他の付加サービスと併せてご利用の場合の留意事項

【発信者電話番号通知リクエスト】

  • データ接続通信で着信した場合、音声メッセージでの応答はしません。

【通話中着信】

  • お話し中に、データ接続通信で着信した場合、通話中着信は作動しません。

【迷惑電話お断り】

  • 「迷惑電話リスト」に登録された電話番号からの着信が、データ接続通信 による場合には着信拒否はされますが、メッセージで応答はしません。

【FAXお知らせメール】

  • データ接続通信での着信の場合、FAXお知らせメールは作動しません。

【着信課金】

  • データ接続通信での着信はできません。

ご利用方法

通信機器

  • 本サービスのご利用には、OCN ひかり電話に対応したデータ接続通信対応機器が必要です。
    通信相手もOCN ひかり電話またはNTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話に対応したデータ接続通信対応機器等をお持ちである必要があります。

このページのトップへ