Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
logo_ocn

OCN有害サイトブロックサービス

よくあるご質問

こちらはOCN有害サイトブロックサービスのよくあるご質問ページです。

OCN有害サイトブロックサービスの概要について

Q1.「OCN有害サイトブロックサービス」とはなんですか?

A1. 本サービスは、インターネット上の有害情報をフィルタリングする(アクセス規制する)サービスです。アダルトサイトや不法なサイトから大切なお子さまを守ります。

Q2.利用料金はいくらですか?

A2. 200円(税込価格216円)(コンピュータ1台あたり)

複数台のコンピュータでご利用の場合、その台数分のライセンス数でのご登録が必要です。

お申し込みいただいた当月の料金は無料です。ただし、以前に入会した会員が、退会した後、再度入会した場合は、入会月も有料となります。

Q3.家にある2台のパソコンに導入したいのですが?

A3. 1台ごとにお申し込みが必要となりますので、台数分だけお申し込みを行ってください。

登録・インストール・退会方法について

Q1.サービスに申し込むにはどうすればいいのですか?

A1. お申し込み方法につきましてはこちらをご覧ください。

Q2.インストール方法は?

A2. インストール方法につきましてはこちらをご覧ください。

Q3.退会方法は?

A3. OCNマイページにより解約を行います。こちらをクリックし、OCNのメールアドレス/メールパスワードを入力してログインしてください。

サービス仕様について

Q1.すべての有害サイトがブロックされるのですか?

A1.  毎日専門のスタッフがインターネットを監視、有害/危険サイトを常にチェックをし、ブロックリストを作成しておりますが、インターネットの世界では毎日膨大な数のページが登場しております。更新のタイミングに間に合わない場合、そのサイトがブロックされない可能性がございます。

その際は手動でご登録いただくか(こちらを参照)、お問い合わせフォームにて登録をご依頼ください。

Q2.どのような項目をフィルタリングしているのですか?

A2. 76カテゴリに該当するサイトをフィルタリング可能です。日本の法令や文化、流行、お客様からのご要望を元に独自の基準による分類方式を採用しています。単に有害なサイトだけでなく、各ご家庭でのインターネット利用に不必要と思われるサイトをフィルタリングできるようなフィルタリングルールをご用意しております。

[ルールの設定]では各ご家庭のポリシーに合わせ、より柔軟に規制できるようにフィルタリングルールの設定画面もご用意しております。

Q3.登録されている有害サイトの数と内訳を教えてください。

A3.  2016年12月時点において、登録されている有害コンテンツ数は、”約28億コンテンツ”(※)となっております。

(※)コンテンツとは、バナー広告をはじめ、画像・動画の共有や引用などサイト内に保持しているコンテンツ数の統計をおこない算出した数になります。

フィルタリング対象サイトは、トレンドマイクロと協力関係にあるURL収集専門会社のネットスター株式会社において、専用のエンジン等を用いて自動収集した後、国内最大の規模を誇る35名の専任リサーチャがサイト内容を全て目視で確認した上で、データベースへの登録作業を365日体制で実施しております。

Q4.データベースをダウンロードする必要があるのですか?

A4. 本サービスではLookupシステムという独自の方式を採用しており、フィルタリング対象のURLデータベースはインターネット上に存在し、常に最新情報が使用されています。お使いのパソコンにデータベースをダウンロードする必要はありません。
Lookupサーバ側のデータベースは一定間隔で自動更新され、常に最新の状態になっています。

Q5.フィルタリングしないで通常通りインターネットの閲覧をすることは可能ですか?

A5. 保護者が事前に設定したパスワードを入力すると、フィルタリングサービスのON/OFFを切り替えることが可能です。

Q6.子供が設定を勝手に変更したり、プログラムを削除したりできないのでしょうか?

A6. 設定の変更、フィルタリングサービスの停止、プログラムの削除には、すべて保護者が事前に設定したパスワードが必要になります。

Q7.どうしても見たいサイトがフィルタリングされてしまったり、見せたくないサイトが表示されたりすることがあります。データベースにサイト情報を追加、削除することは可能でしょうか?

A7. パスワードを入力し、管理画面を表示し、[URLの登録]画面から許可するURLのリストや、フィルタリング対象にするURLのリストを追加することが可能です。追加できるURLの数は100個までとなっております。

Q8.パスワードを忘れてしまった場合にはどうすればよいですか?また、サービス解約後に「パスワードの認証に失敗しました」「認証に失敗してから48時間以上が経過しているためフィルタリングサービスを停止しました」と表示され、その後パスワードの入力を求められますが、その場合どうすればよいですか?

A8. メールにてご連絡いたしますのでこちらをクリックし、必要な情報をご記入の上お待ちください。また、解約済みの場合、パスワード入力時に表示されるシリアル番号をご確認の上、こちらよりお問合せください。なお、OCNのサービスをご解約され、お客さま番号がお分かりでない場合、「N999999999」を入力し、OCNのメールアドレスは記入せず、「本問合せの回答を希望するメールアドレス」欄に受信が可能なメールアドレスをご記入ください。

Q9.Windowsの制限付ユーザでも利用できますか?また、管理者ユーザとその操作上の違いはどのような点ですか?

A9. Windowsの制限付きユーザでもフィルタリングサービスはご利用いただけます。また、管理画面の起動(設定の変更、フィルタリングサービスのON/OFF)、ソフトのインストール/アンインストールを行う場合には、管理者ユーザでログオンする必要があります。

Q10.規制対象プロトコルは何ですか?

A10. ●Ver2.3(Windows7)をご利用のお客様
HTTPのみとなっております。HTTPを使用してアクセスする場合には、ブラウザやソフトウェアの種類に関わらず、フィルタリングを行うことが可能です。

●Ver2.5(Windows8、8.1、10)をご利用のお客様
初期設定はHTTPのみとなっております。サービス管理画面の設定画面より「HTTPSフィルタリング機能を有効」にすることでHTTPSをフィルタリングの対象にすることによりブロック可能です。

各種機能について

Q1.フィルタリングサービスの動作状況を確認するには、どうすればよいですか?

A1. パスワードを入力し、管理画面のON/OFFによって、タスクトレイのアイコンが下記のように変更されます。また、アイコン上にマウスを移動すると、現在適用されている利用者名、フィルタリングスケジュールの状態がポップアップで表示されます。

  • 「ON」アイコン:フィルタリングが行われている状態を示します。
  • 「OFF」アイコン:フィルタリングが行われていない状態を示します。
  • 「警告」アイコン:通信状態などにより認証が行えない状態を示します。

 

Q2.あるサイトにアクセスした際、別ウインドウなどで表示される広告や、ページの一部にアダルト画像が張り付けられていた場合などは、どのように動作するのでしょうか?

A2. 規制対象となっているページであれば、該当のウインドウが規制画面となります。また、バナーなど画像ファイルのみがフィルタリング対象の場合、その画像だけが表示されません。(Microsoft Internet Explorerの場合、×マークが表示されます)

Q3.自動アップデートとは何のアップデートでしょうか?有効にする必要はありますか?

A3. ソフトのプログラム自体のアップデートを指しております。プログラムの機能拡張やセキュリティなどの修正が発生した場合、プログラム自身をインターネット上から自動的にダウンロードし、更新する機能を備えています。頻繁に更新が発生することはありませんが、有効にしていただくことを推奨いたします。
※ソフトウェアVer2.1以降では「自動アップデート」設定はなく、常に有効になっています。

ただし、自動アップデートの設定により一定間隔でインターネットに対する通信が発生することになりますので、ダイヤルアップルータなどをご利用のお客様はご注意ください。

Q4.保護者用のパスワードを変更することは可能ですか?

A4. お客様ご自身で管理画面より、パスワードの変更が可能です。
インターネットに接続した状態で、[システム]→[認証設定]にてパスワードを入力してください。
なお、パスワードは半角6文字以上12文字以内の英数字を指定してください。

Q5.家族の中で別々のフィルタリングルールを設定することはできますか?

A5. 管理画面の[使い方の設定]→[利用者ごとに設定]にてご家族を利用者として登録し、個々のフィルタリングルールを設定することができます。

Q6.アクセス履歴やフィルタリング結果を確認することはできますか?

A6. 管理画面の[システム]→[システム設定]にてWebアクセス履歴を記録する設定を行うと、アクセス履歴、フィルタリング結果を記録し、後から確認することができます。

Q7.過去に閲覧したサイトを規制、または許可するようにできますか?

A7. 管理画面の[使い方の設定]→[URLの登録]にて「新しいURLを追加」をクリックします。カテゴリを選択にて規制する場合には許可されていないカテゴリを、許可する場合には「許可カテゴリ」を選択し、URLを入力し、設定ボタンを押します。

Q8.アクセス履歴をエクスポートすることは可能ですか?

A8. アクセス履歴のエクスポート機能はありません。
アクセス履歴は、管理画面からWebアクセス履歴を表示する場合のみ確認が可能です。

Q9.投稿規制とはどのような機能ですか?また、有効な使用方法はありますか?

A9. 投稿規制に設定したカテゴリに登録されているWebサイトは、通常のWeb閲覧は可能ですが、64byte以上のデータの送信が制限されます。
掲示板サイトを投稿規制に設定すると、記事の閲覧は可能ですが、掲示板への投稿が出来なくなります。
ショッピングサイトの場合にも、商品の閲覧は可能ですが、購入時に個人情報などの送信が制限されます。

Q10.現在使用している製品のバージョンは確認できますか?

A10. 管理画面の[システム]→[サポート情報]に現在のバージョン情報が表示されます。

Q11.深夜にインターネットを利用できないようにすることは可能ですか?

A11. 管理画面の[使い方の設定]→[利用者ごとの設定]にて変更ボタンを押し、詳細設定にて特定時間帯のインターネット利用を制限することができます。

Q12.フィルタリング有効/フィルタリング無効/Web閲覧禁止の各状態について教えてください。

A12. [フィルタリング有効]に設定すると、設定されているフィルタリングルールに従って、フィルタリングが行われます。
[フィルタリング無効]に設定すると、フィルタリングルールによらず、すべてのWebサイトが閲覧できます。
[Web閲覧禁止]に設定すると、フィルタリングルールによらず、すべてのWebサイトの閲覧が禁止されます。

Q13.管理画面の[現在の状態]タブにおいて、ON/OFFの違いを教えてください。

A13. フィルタリングサービスがONの場合、利用者ごとのフィルタリングルール、フィルタリングスケジュールが有効になります。
フィルタリングサービスがOFFの場合、設定によらずすべてのWebサイトの閲覧が可能になります。

Q14.ログオン時にフィルタリングを使用しないようにできますか?

A14. 管理画面の[システム]→[システム設定]にて「ログオン時にフィルタリングを有効にする」のチェックを外すことにより可能です。

その他の項目について

Q1.ルータのファイアウォール機能を使用しています。フィルタリングサービスを利用する際、変更などは必要でしょうか?

A1. ファイアウォールなどをご利用いただいている場合でも、特別な設定は必要ございません。

Q2.他のURLフィルタリングを行うソフトを使用しています。併用することは可能でしょうか?

A2. 不具合を起こす事が確認されているため、他のURLフィルタリングソフトは削除して、ソフトのインストールを行ってください。

Q3.サービスを利用することでホームページの閲覧速度が遅くなったりする事はないのでしょうか?

A3. ホームページの表示を行う前に規制の有無を確認するため、画像が多く貼り付けられたページなどでは若干表示速度が遅くなる場合があります。

Q4.オンラインゲームの利用に影響が出ることはありますか?

A4. 「ゲーム」カテゴリを規制対象とした場合には、ゲームが実行できない場合や、オンラインゲームのサイトにアクセスできない場合があります。「ゲーム」カテゴリを規制対象からはずしていただければ基本的に問題はございません。

Q5.OCN以外の回線でもフィルタリングは有効でしょうか?

A5. OCN会員向けのサービスですが、OCN以外の回線をご使用いただいている場合でもフィルタリングサービスは有効になります。

Q6.パソコンを買い換えた場合にはどうすればよいのですか?

A6. 新しいパソコンに再度プログラムをインストールしてください。お申し込み時にご案内したシリアル番号と、これまでご利用していたパスワードを入力していただければそのままご利用可能です。

Q7.以前Windows98、98SE、ME、2000で使っていたのですが、対応のソフトウェアは再ダウンロードできないですか?

A7. Windows98/98SE/ME/2000につきましてはOSのサポートをマイクロソフトが行っていないため、有害サイトブロックサービスにつきましてもサポートを終了しております。サポート終了をご了承頂いたうえでご利用頂く場合は以下よりダウンロードをお願いします。
Windows98/98SE/MEはこちら
WIndows2000はこちら

このページのトップへ