Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
駅や鉄道でのインターネット接続方法

OCN モバイル ONE 駅や鉄道でのインターネット接続方法

この数年、駅構内や電車内でも、WiFi(無線LAN)によるインターネット接続サービスを利用できるようにしているところがとても増えています。また、サービスが提供されていなくも、プロバイダなどの公衆無線LANサービスに加入することで、外出先で快適にWiFiを使うことができます。

駅や電車内で快適にインターネットを使うには

無線LANサービスが提供されている場合

駅や電車内での無線LANサービスには、無料で提供されるものと有料で提供されるものがあり、最も多いのは、携帯電話キャリアやインターネット・サービス・プロバイダによる有料のサービスです。

キャリアやプロバイダが提供する無線LANサービスの大半は月額数百円で提供されており、すでに契約しているキャリアやプロバイダであれば、一定期間内は割引料金もしくは無料で使えるといった特典が付いている場合がほとんどです。

例えば、OCNが提供する公衆無線LANサービス「OCN ホットスポット」は、OCN会員なら月額300円(324円)(会員でない場合は月額500円(540円))で、東海道新幹線N700系(東京~新大阪間)の車内など、全国47都道府県の「BBモバイルポイント」のマークのあるローミングエリアで高速なWiFiを利用することができます。

※:( )内は消費税を含んだ価格

無線LANサービスが提供されていない場合

特に無線LANサービスが提供されていない場合でも、タブレットやノートパソコンなどでインターネットを利用することができます。方法としては、キャリアやプロバイダが提供するモバイルルーターやモバイル通信SIMカードを利用する方法と、スマートフォンの「テザリング」機能を使う方法の2つがあります。

OCNのサービスを例にとって説明しましょう。モバイルルーターとして、家庭向け高速インターネット並みの高速なデータ通信が可能なモバイルルーター「OCN モバイル エントリー EM LTE」が、モバイル通信SIMカードとして、NTTドコモのXi(クロッシィ)とFOMAの両エリアに対応したSIMフリー端末向けの「OCN モバイル ONE」がそれぞれ提供されています。

また、最近のスマホでは大半の機種でテザリング機能が使えます。テザリングとは、スマホの3G/4G通信を他のモバイル端末でも利用できるようにすることで、いわば、スマホをモバイルルーターのように使う機能です。ただし、テザリング先のモバイル端末で動画やアプリなどの大容量のコンテンツ・データを再生/ダウンロードしようとすると再生が途切れたり、キャリアの月間使用容量制限を超えてしまったりするので注意が必要です。

外で使えるOCNのモバイルサービス

外で便利な公衆無線LAN

空港で快適にインターネットを使うには

最近の空港では、出張や旅行で訪れた利用者のサービスの一環として、ターミナルロビーやラウンジなど構内で無線LANサービスを提供しています。欧米をはじめとする海外の主要空港で早い時期から提供されていたのが、近年、日本国内の空港でも定着しつつあります。

空港で利用できるWiFiには、空港施設自体が提供する無料のサービスや、キャリアやプロバイダが提供する有料の公衆無線LANサービスがあります。後者については、1時間利用/6時間利用/1日利用でそれぞれ使い放題といった、短時間の滞在が考慮された料金プランが設定されていることが多いです。

加えて、空港内のショッピングモールで、独自に無料の無線LANサービスを提供している店舗もあります。接続料金/プランや無線LANの信号強度(WiFiのつながりやすさ)などで、自身にとって使いやすいサービスを選ぶとよいでしょう。

乗り物でのインターネット接続の注意・マナー

モバイル向けの無線LANサービスの広がりによって、今ではすっかりスマートフォンやタブレット、ノートパソコンを外に持ち出して、移動中にもインターネットを利用できる環境が整っています。ただし、言うまでもないですが、自宅を一歩出れば公共の空間になります。押さえておくべきマナーをしっかり守った上でインターネットを楽しみましょう。

電車内でスマホやタブレットなどを利用する場合、優先席付近では電源を切るかマナーモードにするなど、鉄道会社のアナウンスにしたがう必要があります。また、優先席付近でなくても、電話や音声チャットで声を出して話したり、映像・音楽コンテンツやゲームの音を流したりすることは控えましょう。

また、飛行機に乗るときは、航空会社によって搭乗客の電子機器の利用規定が細かく定められているので順守します。基本的に離着陸時には、スマートフォンや携帯電話、ノートパソコン、モバイルルーター、携帯音楽プレーヤー、デジタルカメラなどすべての電子機器の電源をオフにする必要があります。なお、近年は国内でも機内インターネットサービスが提供されている便がありますので、機会があったら利用されてみてはいかがでしょうか。

端末 + OCN モバイル ONE セット 端末セット価格比較
端末 + OCN モバイル ONE セット 端末セット価格比較

このページのトップへ