Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
家庭でのインターネット接続方法

OCN モバイル ONE 家庭でのインターネット接続方法

引越しや接続機器の変更のたびに変わってしまう、家庭でのインターネットの接続・設定方法。「あれ、どうやるんだっけ?」と思ったら、インターネットをはじめるのに必要なものから通信回線プランの選び方まで、ここで一からおさらいしておきましょう。

端末ごとの接続方法

インターネットをはじめる際に必要なものって?

今や私たちの生活にすっかり浸透したインターネット。ニュースを読んだり、映画や音楽を鑑賞したり、メールやSNSで友人とコミュニケーション、アプリをダウンロードしたり…最初の接続設定さえしっかりやれば、すぐに楽しいネットの世界が開けます。基礎の基礎から確認しましょう。

自宅でインターネットをはじめよう!と思ったら何を準備する必要があるのでしょう

10代~20代の方でしたら、すでにスマートフォンや携帯電話でインターネットの世界を経験していることかと思います。ここでは、リビングやダイニング、書斎、寝室など、自宅の好きな場所でインターネットを楽しむための準備・方法をおさらいしておきます。


パソコン(デスクトップ、ノートパソコン)、タブレット

モデム、ルーターなど

通信回線
(光ファイバー、ADSLなど)
OCNのロゴ
プロバイダとの契約

まずはパソコンやタブレットを選びます。たくさん種類があって選ぶだけでも大変ですが、用途で選ぶとよいでしょう。メールやWordなどキーボードをよく使う方はタブレットよりパソコンのほうが快適。ソファやベッドに寝転びながらネットのコンテンツを楽しみたい方であれば、もちろんタブレットが便利です。

パソコンやタブレットをインターネットに接続するために必要なネットワーク機器については、使う通信回線の種類を決めて、インターネット・サービス・プロバイダと契約すると自宅に届けられます。

通信回線には、インターネット・サービス・プロバイダが提供する光ファイバーやADSL、ダイヤルアップ接続、ケーブルテレビのインターネット接続サービスなどがあり、利用のしかたに合った回線と料金プランを選びます。

それが決まれば、インターネット・サービス・プロバイダとの契約になります。プロバイダと契約すると、選んだ通信回線に合ったネットワーク機器(光ファイバーであればルーター、ADSLであればモデム)が自宅に送られてきますので、それをパソコンと接続します。タブレットのようにWiFi(無線LAN)での利用が前提の場合は、別途無線LANルーターが必要になります。

自分に合った通信回線プランを選びましょう

光ファイバーやADSLといったインターネットの通信回線プランは、各バリエーションが多くて選ぶのが大変そうに見えます。パソコンやタブレットを選ぶときと同様、用途や利用スタイルから、自身に最もフィットするものを選ぶとよいでしょう。

自宅では映画やストリーミング動画などの大容量コンテンツをじっくり楽しみたいという場合は、最も通信速度が速い光ファイバー回線がオススメです。Webサイトの表示やファイルのダウンロードやアップロードの速度もダントツに速いので、使用料金もぐっと下がった今では一番のオススメです。利用には光ファイバーの配線工事が必要ですが、集合住宅などであらかじめ配線済みの場合もあります。

一方、特に大容量コンテンツを利用しないので、リーズナブルにインターネットを楽しみたいという場合は、ASDL回線にするとよいでしょう。導入が簡単で光ファイバーほどではありませんが通信速度も十分に速く、快適に使うことができます。

また、かつて家庭用インターネットの主流だったダイヤルアップ接続という通信回線もあります。今となっては通信速度が遅く、低価格化が進む光ファイバーやADSLを選んだほうが得策ですが、料金が最も安いので、メールの送受信にしか使わないといった用途で選ばれることが多いようです。

最高速度が圧倒的に速い光ファイバー

料金が割安、導入が簡単なADSL

回線をつないで、パソコンでインターネットの設定をしましょう

ルーターやモデムが届いたら、配線やパソコンとの接続を行って機器側の準備を整えます。光ファイバーを選んで配線工事が必要な場合は、契約時に定めた配線作業日に通信事業者の作業スタッフが自宅に来て作業をしてくれます。作業は多くの場合、数時間で済むでしょう。

配線が済み、ルータ/モデムとパソコンをイーサネットケーブルで接続したら、パソコンでのソフトウェア設定に移ります。設定は、契約時に受け取ったマニュアルやCD-ROMのガイドにしたがって進めます。多くのプロバイダでは、手動で設定する方法のほか、「かんたん設定ツール」といった、対話形式で設定を行えるツールを用意していますので、そちらを利用するとよいでしょう。

設定がわからない!という方には

設定が済んだら、いよいよインターネットに接続してみましょう。Windowsパソコンの場合は「Internet Explorer」、Macパソコンの場合は「Safari」という、標準のWebブラウザのアイコンをクリックして起動します。

タブレットやスマートフォンを使って自宅でインターネットに接続する場合

タブレットを使って自宅の好きな場所で気軽にインターネットを楽しみたい場合、ワイヤレスで接続できるWiFi環境が必要になります。また、スマートフォンで、携帯通信キャリアの3G/4G回線を使わずインターネットに接続したい場合も同様です。

自宅でWiFi環境を利用できるようにする方法はいくつかあります。最も一般的なのは、無線LANルータまた無線LANアクセスポイントのいずれかの機器を買ってきて、プロバイダとのインターネット接続(こちらは無線LANに対して、有線LANと呼びます)に使っているルータ/モデムにつなげて使う方法です。この方法であれば、WiFiアクセスのために追加の通信費がかからず、有線LANとあまり変わらない快適なWiFiアクセスが利用できます。

SIMフリーのタブレットやスマートフォンをお持ちであれば、最近人気が増している、割安なモバイル通信SIMカードを別途契約して使う方法もあります。この場合、自宅だけでなくタブレットを外に持ち出してインターネットにアクセスすることもできます。

家の中と外で使えるOCNのモバイルサービス

光ファイバーと併用でお得な割引

端末 + OCN モバイル ONE セット 端末セット価格比較
端末 + OCN モバイル ONE セット 端末セット価格比較

このページのトップへ