Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
ocn

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

ランサムウェア「WannaCry」の攻撃、国内でも16,436件を確認
[ 2017/05/17 ]

トレンドマイクロは5月16日、公式ブログで「ランサムウェア『WannaCry/Wcry』による国内への攻撃を16,436件確認」と題する記事を公開しました。

すでにサポートを終了していたWindows XPの更新プログラムが配布される等、先週末より世界的な事件となっているランサムウェア「WannaCry」ですが、トレンドマイクロが確認した結果、日本も多くの攻撃を受けていたことが判明しました。

同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」が集計したデータによると、5月12日21時42分~15日9時00分(日本時間)の間に、確認・ブロックした「WannaCry」の攻撃は、全世界で92,141件、日本国内で13,645件でした。5月12日21時42分というのは、攻撃が急拡大し、トレンドマイクロが「緊急事態」と判断したタイミングにあたります。

このタイミング以前・以後のデータも加算すると、2017年5月7日9時00分~5月16日9時00分の9日間で、合計16,436件の攻撃を、日本国内で確認・ブロックしていました。この攻撃数は、法人のパソコンについては、ネットワークに複数台ある場合も「1件」とカウントされているため、実際にはさらに多い台数が攻撃されたと推測されています。

国別で見ると、初期の2017年5月7日9時00分~5月12日21時42分の間に、トレンドマイクロが確認・ブロックした「WannaCry」は2,128件で、日本への攻撃は105件。日本が占める割合は5%以下にとどまっていました。しかし、緊急事態発令後の2017年5月12日21時42分~5月15日9時00分では、日本が占める割合は14%近くまで上昇しており、海外に限った「対岸の火事」では済まない状況であると言えます。

今後、WannaCryや類似ランサムウェアによる攻撃が続く可能性があります。脆弱性に対するパッチ適用、バックアップの保存等、日頃からできるだけ対策を行ってください。


トレンドマイクロがブロックしたWannaCry国別攻撃数(緊急事態発令後:2017年5月12日21時42分~5月15日9時00分)
Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

 

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

 

このページのトップへ