Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
ocn

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

ネットワークカメラをボット化する、新マルウェア「PERSIRAI」出現
[ 2017/05/13 ]

トレンドマイクロは5月11日、公式ブログで「IoTの新たな脅威、ネットワークカメラをボット化する『PERSIRAI』の出現」と題する記事を公開しました。

4月にIoTボットネットを構築する、新しいマルウェアの検体が確認されました。
このマルウェアは、「PERSIRAI」(ペルシライ)と呼ばれ、「MIRAI」から派生した新種と見られます。ネットワークカメラを対象にしており、影響のあるモデルは、OEM生産のものも含め1,000以上にのぼります。
ネット端末機器のオンライン検索エンジン「Shodan」で調べたところ、「PERSIRAI」で侵害可能なネットワークカメラは、世界中で約12万台が確認されています。

PERSIRAIは、MIRAI同様に、IoT機器を踏み台にして「分散型サービス拒否(distributed denial-of-service、DDoS)」攻撃を実行します。
攻撃者はまず、アカウント情報が初期設定のままといった、脆弱なIoT機器を探索し、管理画面からログインした後、コマンドインジェクションを悪用してネットワークカメラにPERSIRAIをダウンロードします。

PERSIRAIは、自身が利用した脆弱性の利用をブロックし、他の攻撃者に侵害されてしまうことを回避します。一方で、コマンド&コントロール(C&C)サーバと通信して攻撃のためのデータを入手し、他のネットワークカメラへの攻撃、さらにはDDoS攻撃を開始します。

トレンドマイクロが確認したC&Cサーバでは、イランの研究機関が管理する、特殊な国コード「.IR」が利用されていました。マルウェアの作者が、特定のペルシャ文字を利用しているのも確認されており、これが「PERSIRAI」の名称の由来(Persia+MIRAI)となっています。


「PERSIRAI」の感染フロー
Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

 

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウィルス対策からパスワード管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

 

このページのトップへ