Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
ocn

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

Officeの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃メール、2日で80万通が流通
[ 2017/04/17 ]

トレンドマイクロは4月13日、公式ブログで「すでにゼロデイ攻撃確認済み、MS Officeの脆弱性『CVE-2017-0199』に注意」と題する記事を公開しました。

それによると、4月10日以降、Microsoft Officeの脆弱性「CVE-2017-0199」を狙ったスパムメールが登場し、流通が急増していることがわかりました。トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤「Smart Protection Network(SPN)」の観測では、RTF形式文書ファイルが添付された攻撃メールが、4月10~11日の期間中に、全世界で80万通以上確認されました。このスパムメールは、オンライン銀行詐欺ツールの一種「DRIDEX」を拡散させる目的と見られています。

マイクロソフトは4月12日に月例のセキュリティ更新プログラムを公開し、この脆弱性に対応しました。4月12日以降、攻撃メールはほとんど見られなくなり、日本国内の受信者への着弾も確認されていません。しかし、すでにゼロデイ攻撃が登場しており、日本を対象に入れた脆弱性攻撃が発生してもおかしくありません。ユーザは更新プログラムの早急な適用が望ましいでしょう。また不審なメールについては、不用意に添付ファイルを開かないようにしましょう。


「CVE-2017-0199」を狙う攻撃ファイルが添付されたメール数推移(トレンドマイクロ「Smart Protection Network」による集計)
Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

 

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウィルス対策からパスワード管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

 

このページのトップへ