Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
OCN

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

無線接続型のキーボードやマウスに脆弱性
[ 2016/02/29 ]

無線接続のキーボードやマウスに脆弱性があるとして、IPA(情報処理推進機構)セキュリティセンターおよびJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月25日、脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」において注意を呼びかけました。

この脆弱性は、通称「MouseJack」と呼ばれるもので、Bastille社により発見されました。2.4GHz帯(ISMバンド)を使用する無線機器に存在しており、Bluetoothの無線機器は影響を受けません。

Bastille社によると、無線接続のキーボードやマウスは、独自の無線通信プロトコルを実装していますが、このプロトコルの暗号化に不備があるとのこと。そのため、攻撃者が、100mの距離からユーザーの端末にキー入力を送りつけたり、キーボードに打ち込まれた内容を傍受したりすることが可能となります。

影響を受ける入力機器は、AmazonBasics、Dell、Gigabyte、HP、Lenovo、Logitech、Microsoftなどの製品で、それ以外のメーカーにも存在する可能性があります。2月29日15時時点で、Logitech(日本ブランド名:ロジクール)は、この問題を修正するファームウェアアップデートをリリースしています。その他のメーカー製品に関しても各社のオフィシャルサイトなどで対応状況を確認し、安全に使えるよう注意をしてください。

Copyright c 2015 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

OCNの総合セキュリティサービス

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition

ウイルスバスター for Home Network

【無料】ノートンセキュリティスキャン


OCNセキュリティトップ

OCNの総合セキュリティサービス

高い防御力と動作の軽さを両立

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

キャンペーン

OCNの総合セキュリティサービス

製品ピックアップ

キャンペーン

 

このページのトップへ