Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
OCN

OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

ここでは、最新のセキュリティ情報やセキュリティコラムをご覧いただけます。

常時接続の安全対策

はじめに~便利と同時にリスクもともなう常時接続

「いつでも快適に接続できる」のはインターネット側からも同じ

1分○円といったダイヤルアップ接続とは違い、ADSLや光ファイバーなどの「ブロードバンド」接続では月額固定料金となっています。そのためほとんどのお客さまがブロードバンドルーターなどを使って「つなぎっぱなし」の状態でご利用いただいています。

ブロードバンドルーターやADSLモデムは、複数のPCでも同時にインターネットを利用できるように「内部的なネットワーク」のLAN側 と「インターネット回線」のWAN側との間でアドレス変換などを行っていますが、このルーターのWAN側ポートはすでに「インターネット」であるため、世界 中のどこからでもアクセス可能なのはあまり知られていません。

インターネットを利用して、いつでもどのサイトへもアクセスできるということは、逆にインターネット側からも自分のブロードバンドルーターやADSLモデムへもアクセス可能ということです。

セキュリティ対策をしっかりしておかなければ、悪意を持ったユーザーから不正アクセスの対象として狙われる恐れもあります。常時接続はセキュリティ上のリスクが高いことを十分理解してご利用ください。

ブロードバンドでも使うときだけ接続するという考えも

セキュリティの面からみると非常に有効なのが、ブロードバンドコースであっても「使用していないときには接続を切る」という使い方です。ダイヤルアップ コースのように逐一「接続」-「切断」する必要はありませんが、PCを使わないときにはブロードバンドルーターや ADSLの設定画面で回線を切断し、物理的にインターネットから遮断してしまえば、不正アクセスなどを心配する必要もありません。手っ取り早く確実にセ キュリティを最優先できますので、利用状況によりご検討ください。

 

このページのトップへ