ICT用語辞典
ウィンドウ制御 [ Window Control ]

パケット通信方式のひとつ。TCPにおいて、データを効率よく転送するために利用される。基本的なTCP通信では、データを送信するたびに確認応答を待ってから次のデータを送信する。一方、ウィンドウ制御では、受信側にバッファメモリを用意し、そのメモリがいっぱいになるまで連続してデータを受信できる。つまり、送信側と受信側がそれぞれ用意したウィンドウの容量(ウィンドウサイズ)に収められるだけのデータをまとめて転送するため、より効率的な通信が可能となる。その際、通信途中で送信に失敗したデータを再送するなどの処理も行う。

 

このページのトップへ

専門スタッフがお客様にあったサービスをご提案いたします。

お問い合わせ/お申し込み 資料請求

サービスのお問い合わせ・お見積もり 法人コンタクトセンター 0120-106107 受付時間9:30〜17:00(土日休日を除く)

50名以下の企業・
個人事業主のお客さま

導入事例

関連リンク

サービスの選択に困ったときの
ご相談・ご質問