ICT用語辞典
VRRP [ ブイ・アール・アール・ピー Virtual Router Redundancy Protocol ]

ルータなどのネットワーク機器を冗長化するためのプロトコル。通信経路に複数の迂回経路を用意することで、障害が発生した際にも通信を途切れさせないようにする。複数のルータを1つのグループとし、仮想ルータを構成する。グループ内の1台のルータが通信を行い、残りのルータはバックアップとして、稼働するルータが障害を起こしたときに自動的に通信を受け継ぐ。1台のルータが複数のグループに所属できるため、それぞれのルータの負荷が同一になるように運用することも可能。

 

このページのトップへ

専門スタッフがお客様にあったサービスをご提案いたします。

お問い合わせ/お申し込み 資料請求

サービスのお問い合わせ・お見積もり 法人コンタクトセンター 0120-106107 受付時間9:30〜17:00(土日休日を除く)

50名以下の企業・
個人事業主のお客さま

導入事例

関連リンク

サービスの選択に困ったときの
ご相談・ご質問