Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_ict

インターネット
ゲートウェイ
セキュリティ
ソリューション

高セキュリティ

サンドボックスを含む充実したセキュリティラインナップより必要な機能を選択できます。

フレキシブルなSaaS対応

SaaSの利用状況に合わせて回線帯域やリソースを柔軟に変更できます。

フルアウトソーシング

面倒な運用作業やレポーティングも一元的にアウトソースできます。


お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00
(土日祝日を除く)


特長と利点

ソリューション概要
機能概要
ICTコンサルティング
  • インターネットバックボーンとの直結により信頼性、キャパシティ、スループットを向上
  • 充実したセキュリティランナップから必要な機能を選択可能
  • ビジネスニーズに合わせてリソースを迅速に増減
  • インターネット関連の保守、運用、サービスデスク業務をアウトソースし運用コストを削減
201600909

ファイアウォール

インターネット、DMZ、内部セグメント間の通信を送受信者のIPアドレス/ポート番号によって制御します。

URLフィルタリング

コンテンツフィルタリングルールを設定し、危険なWebサイトアクセスをブロックします。

受信メールのスパム対策

宛先不明、送信元認証不可、迷惑メールと判定した場合、隔離・削除・転送処理します。

サンドボックス

従来のアンチウイルスソフトやIDS/IPSで検知できなかった未知のマルウェアを検出します。

Web認証プロキシー機能

標的型攻撃対策のマルウェア検知機器と連携した自動遮断が可能なWebプロキシー(代理接続)です。

Webウイルス対策

動的コンテンツをスキャンし、ウイルス、フィッシング、標的型攻撃サイトへの通信をブロックします。

相関分析・アナリスト分析

サンドボックスでも検出できない未知の攻撃を判断/遮断するNTT Com独自SIEMエンジンやアナリストによる分析を行います。

追加機能

  • メールリレーサーバー
  • メールウイルス、スパム対策サーバー
  • DNSサーバー
  • お客さまActive Directory(AD)連携

インターネットゲートウェイソリューションは、コンサルティングフェーズから始まります。はじめに、お客さまの現在の運用状況に関する課題や問題点を明らかにします。ここでの目標は、お客さまが将来経験するはずの成長や企業統合にも役立つ計画を練り上げることです。

cmn_jp_fig_solutions_cc_common_01

調査

まず現在のインターネットアクセス基盤を調査します。現行のICT環境の状況を判断するため、各地域や本部のICT/ビジネス担当者にインタビューを行います。この調査により、現在の状況を正しく把握し、解決すべき課題を確定させることができます。 

集計

現在の環境の診断を終えた後、インターネットゲートウェイソリューションの提案に向けて全体的な設計に進みます。データセンター、サーバー、ネットワーク、セキュリティ、DR/BCP、UX(ユーザーエクスペリエンス)、運用の監視など、ソリューションのさまざまな側面についてポリシーを策定します。これらのポリシーに基づき、システムの移行、再構築、運用方法の変更に関するアクションプランが立案されます。

財務分析

最後に、現行システムと提案モデルを比較し、ROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を算定します。算定に際しては、既存システムの費用分析、新システム導入後の変化、運用のためのリソースシミュレーションを行います。各地域での聞き取りを通じて現行のTCO算定を実施し、提案するソリューションによる新たなTCO、ROIを比較可能にします。

こうした調査、設計、および財務分析の結果が、インターネットゲートウェイソリューションの実装に反映されます。

このページのトップへ