Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_voice

.Phone Direct

.Phone Direct

シンプルかつ柔軟なIPテレフォニー環境を実現

  • “システム”の形態に合わせて、最適な“ネットワーク”を選択可能

リーズナブルな利用料金で、通信コストを大幅に削減

  • 外線接続を1拠点に集約、ゲートウェイ機器コストや外線回線数を最小化
  • IP電話のリーズナブルな外線通話料金により、通話コストを削減

パーソナル番号化で、ワークスタイルを革新

  • リーズナブルな番号利用料金で、社員1人1番号の“パーソナル番号化”を実現
  • ロケーションフリー050番号利用なら、転勤などで日本国内どこへ行っても番号の変更不要
サービス概要
特長/メリット
料金
対応IP-PBX/SIPサーバー一覧
解説記事

IP-PBX/SIPサーバー専用IP電話サービスです。
多くの企業で、IP-PBX/SIPサーバーを活用した IPテレフォニー“システム”の導入が進んでいます。 そのポテンシャルを最大限に引き出すためには、 システム運用の要となる“ネットワーク” が重要な鍵を握ります。
「.Phone Direct」は、シンプルかつ柔軟な ネットワークでコストの削減とワークスタイル の革新を実現するIP電話サービスです。 “システム”と“ネットワーク”の高密度な 連携により、IPテレフォニーの可能性 をひろげ、お客さまのビジネスを次 のステージへお連れします。

ネットワークイメージ図

ネットワークイメージ図

シンプルかつ柔軟なIPテレフォニー環境を実現

  • 拠点間の内線用VPNからダイレクトに外線IP電話に接続
  • “システム”の形態に合わせて、最適な“ネットワーク”を選択可能
  • 外線接続チャネルの追加は、ネットワーク側の設定で柔軟に対応

リーズナブルな利用料金で、通信コストを大幅に削減

  • リーズナブルな基本料金で外線接続が可能、電話回線からの置き換えでコストを削減
  • 外線接続を1拠点に集約、ゲートウェイ機器コストや外線回線数を最小化
  • IP電話のリーズナブルな外線通話料金により、通話コストを削減

パーソナル番号化で、ワークスタイルを革新

  • リーズナブルな番号利用料金で、社員1人1番号の“パーソナル番号化”を実現
  • パーソナル番号化で、他人あての電話の取り次ぎや伝言メモといったムダな業務を削減し、社員の生産性向上を実現
  • ロケーションフリーの050番号利用なら、転勤などで日本国内どこへ行っても番号の変更不要
  • 着信転送・ボイスメール・着信通知メールなどの機能によりコンタクトロスを解消し、顧客対応力の向上を実現

ご利用料金 [月額]

基本料金 付加機能料金
80円(税込86.4円)/番号ごと

800円(税込864円)/チャネルごと※1
番号ポータビリティ 500円(税込540円)/番号ごと※2
メッセージBOX 300円(税込324円)/番号ごと 
高機能転送 200円(税込216円)/番号ごと※3

 ※1:アクセスネットワークにGroup-VPNをご利用の場合は、1番号1チャネル分が無料となります。
 ※2:番号ポータビリティを利用できるアクセスネットワークは制限がありますので、別途弊社営業担当にお問い合わせください。
 ※3:高機能転送の利用には、メッセージBOX機能の利用が必須となります。

その他の付加機能料金[月額]

有料機能/サービス 単位 料金
迷惑電話お断り機能 CUG 2,000円(税込2,160円) 
非通知着信拒否機能 CUG 2,000円(税込2,160円) 
Web通話明細 CUG 600円(税込648円)
トラフィック情報参照サービス チャネル管理IDごと 3,000円(税込3,240円)

 ※別途、アクセスネットワーク/回線などの利用料金などが必要となります。

ユニバーサルサービス料のご請求について

お客さまのご利用いただく電話番号ごとに、毎月「ユニバーサルサービス料」をお支払いいただきます。金額など詳しくはこちらでご確認ください。
 ※アクセスネットワークにGroup-VPNをご利用の場合の1番号の無料分についてもユニバーサルサービス料が必要となります。

通話料

.Phone Directを
ご利用の
お客さま
無料 ●NTTコミュニケーションズの050IP電話
無料 ●Arcstar IP Voice
●ひかりライン ※1
などのNTTコミュニケーションズの直収電話
無料 ●無料通話先プロバイダー/
CATVのIP電話(050番号)
8円(税込8.64円)/3分 ●有料通話先プロバイダーのIP電話
(050番号)
全国一律料金 ※2
8円(税込8.64円)/3分 ●国内の一般加入電話
(NTT東日本・西日本)
全国一律料金 ※2
お得な通話料
例) 米国へ9円/1分
 中国へ29円/1分
●国際通話
16円(税込17.28円)/1分 ●国内の携帯電話
全国一律料金 ※2
10円(税込10.8円)/1分
(通話ごとに10円(税込10.8円)加算)
●国内のPHS[ウィルコム]
全国一律 ※2
一般加入電話からの
発信
通常料金 ※3 ●IP電話発信不可番号 ※4
(例)110/119番、0120番号など

※1:ひかりラインから.Phone Direct への発信については「ひかりライン間通話定額」を契約した場合、無料となります。

※2:発信側事業者の定めるIP電話(.Phone Direct)着の料金が適用されます。

※3:発信側事業者の定める一般加入電話発の料金が適用されます。

※4:IP電話発信不可番号(緊急電話網、フリーダイヤルなど)については一般加入電話からの発信をお願いします。0AB~J番号をご利用の場合は、フリーダイヤル/ナビダイヤルに発信することができます。

モデルコスト(ケーススタディ)

300名の社員一人ひとりにパーソナル番号を割り当てた場合

A社では、コスト削減とワークスタイルの革新をめざして「.Phone Direct」を導入。 30チャネルの外線接続を利用し、300個の050IP電話番号を本社・支社、関連会社の個別の社員に割り当てることで、他人あての電話の取り次ぎや伝言メモといったムダな業務を削減するとともに、離席・外出などによるコンタクトロスを解消。 業務の効率化に加え、顧客対応力の強化にも成功した。

モデルコスト(ケーススタディ)

月々わずかなランニングコストで、パーソナル番号化を実現できます。

.Phone Direct月額利用料金

30チャネルのご利用料金 800円(税込864円) × 30チャネル 24,000円(税込25,920円)
300番号のご利用料金 80円(税込86.4円)※1 × 300個 24,000円(税込25,920円)

 
月額合計 48,000円(税込51,840円)

 ※1: 別途、1番号ごとにユニバーサルサービス料が必要となります。
 * アクセスネットワークにGroup-VPNをご利用の場合は、1番号1チャネル分が無料となります。
 * 別途、通話料金/アクセスネットワーク/アクセス回線/機器費用が必要となります。

対応IP-PBX/SIPサーバー一覧

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
NECプラットフォームズ(株) UNIVERGE Aspire UX
UNIVERGE Aspire X
Aspire X Aspire UX (ユニット内蔵)
UNIVERGE SV7000 UNIVERGE SV7000 MG-SIP
UNIVERGE SV7000SS UNIVERGE SV7000SS
UNIVERGE APEX7600i UNIVERGE APEX7600i
UNIVERGE SV8500 UNIVERGE SV8500
UNIVERGE SV9500 UNIVERGE SV9500

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
NECネッツエスアイ(株) AX-5000/
AX-5000SS
AX-5000SS NT-SG

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
N.E.T. Japan, Inc. Microsoft OCS 2007 R2 no image VX1200/
VX1800
Microsoft Lync 2010
Front End Server

Microsoft Lync 2010
Mediation Server
no image VX1200/
VX1800

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
NTTコムウェア(株) SS70V SS70V VF

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
沖電気工業(株) Discovery01 Discovery01 VC-D01
SS9100 SS9100
SS9100 TypeM SS9100 TypeM

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
シスコシステムズ(株) Cisco Unified Communications Manager Cisco Unified CallManager Cisco Integrated Services Routers
(Cisco Unified Border Element機能を利用)
Voice-Gateway
Cisco Unified Communications Manager Express Cisco Unified CallManager Express NX-E1010

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
日本アバイア(株) Avaya Communication Manager no image NX-E1010
Avaya Communication Manager Session Manager System Manager no image NX-E1010

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
日本コムシス(株) comsip comsip comsip
IPCGW-C
comsip S50 Comsip S50

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
パナソニックシステムネットワークス(株) IP-Digaport XII IP-Digaport XII (ユニット内蔵)
IP-Digaport JII IP-Digaport JII

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
(株)日立製作所 NETTOWER CX9000IP NETTOWER-CX9000 NT-SG
IPTOWER-SP
(TM16000/2000/500)
IPTOWER-SP(TM16000/2000/500)
IPTOWER-SP
(TM-II)
IPTOWER-SP(TM-III4)

 

メーカー IP-PBX/SIPサーバー機種名 SIPコンバータ機種名
富士通(株) IP-Pathfinder IP-Pathfinder SIP-GW/
CL510/
GV700S
CL2100 CL2100
CL5000 no image

(機種ごとに利用可能なアクセスネットワーク、機能、接続先に制限があります)

※「株式会社リクルート キーマンズネット2007年07月18日より転載」
掲載されておりますサービス内容・料金などは、掲載日または更新日時点のものです。

IP-PBX/SIPサーバー専用IP電話サービス「.Phone Direct」
掲載日: 2007/07/18

あなたの会社のIP電話(IP-PBX/SIPサーバー)「もったいない度」チェック!

老朽化したPBXを更改しようとすると、現状では内線も外線もIP電話に対応したIP-PBXやSIPサーバーが主な選択肢となります。

しかしせっかくIP電話に対応したIP-PBXやSIPサーバーを導入しても、次のような使い方をしているのでは、実に「もったいない」状態なのです。

もったいないケース-その1 拠点ごとに外線用の電話回線を引いている

もったいないケース-その2 単に電話をIP化しただけでワークスタイルはそのまま

もったいないケース-その3 内線のみIP化して外線はISDNのまま

そこで今回はIP-PBXやSIPサーバーによる効果を最大限に引き出すために、まずはあなたの会社のIP電話「もったいない度」をチェック。 その上で、具体的な対処法まで紹介します。


もったいないケース-その1 各拠点に電話回線を引いている

これはコスト的に考えると、なんとももったいないケースです。

従来は拠点ごとにPBXを設置し外線用の電話回線を引き込んでいるのは、確かに普通でした。 しかしIP-PBX/SIPサーバーを導入したのなら、拠点間通信用のArcstar Universal OneなどNTT Com VPNサービスと組み合わせることで、センター拠点のIP-PBXに全拠点の外線を集約することが可能になるのです。

PBXそのものの導入コストを抑制できるだけでなく、固定電話の回線数も削減でき、その後の運用・管理が本社一括で行えるのもメリットであるのは言うまでもありません。

【従来】外線用電話回線を全拠点に引き込んで利用

【外線集約】全拠点の外線をセンター拠点のIP-PBXに集約

このページのトップへ



もったいないケース-その2 IP電話導入による「業務の効率化」まで気づいていない

IP電話のメリットをコスト削減の面しか見ていない「もう一息」といったケースです。

現在のIP-PBX/SIPサーバーは「1社員1番号」を大前提に設計されています。 しかしIP-PBX導入後も従来と変わらず部署代表電話による取り次ぎ、といった「非効率」なワークスタイルのままというケースも多く見受けられます。

《Aさんに電話をかける場合》

代表番号による取り次ぎ

代表番号による取り次ぎ

部署の代表電話にかかってきた電話を
Bさんがいったん受け、Aさんへ取り次ぎ

1社員1番号によるダイヤルイン

1社員1番号によるダイヤルイン

Aさんへ直接かけるのでスピーディー

上記のようなダイヤルインは、従来のPBXでも多くの回線数を用いれば可能でした。 しかしAさんが社内の別フロアや別棟にいる場合は、Aさんの代わりに別の社員が一旦電話を受け、Aさんの居場所を探して内線で転送する…といった対応になるでしょう。

《「1社員1番号」と、1人1台のモバイル端末》

「1社員1番号」と、1人1台のモバイル端末

Aさんがどこにいても、お客さまから直接着信!

スピーディーな対応により、顧客満足度アップの実
現やビジネスチャンスを逃がさないワークスタイルへ!

IP-PBX/SIPサーバーによる「1社員1番号」は、これ以外にもフレキシブルなワークスタイルを実現します。

電子電話帳による在席管理(プレゼンス管理)

一般的なIP-PBXやSIPサーバーは、相手の在席状況がわかる電子電話帳と連携可能。 相手が、現在席にいるならば電話をかけ、外出中であればメールを送信…というように効率的なコミュニケーションをとることができます。

ユニファイドメッセージ

電話だけでなく、ボイスメールや電子メールなどのコミュニケーションツールをPCで一元管理することも可能。 ボイスメールや電子メールの着信がモバイル端末に通知されれば、外出先で即確認できるのです。

これらのワークスタイルは、「1社員1番号」で、IP-PBX/SIPサーバーを使うからこそ実現できるものです。 もしあなたの会社がIP-PBXを導入しているのに、新しいワークスタイルに変わっていないならば、やはり「もったいない」状態なのです。

このページのトップへ



もったいないケース-その3 PBXを置き換えただけで、外線通話はISDNのまま

これは一番もったいないケースです。

現在、PBXを更改しようとすると、もともとIP化を意識していなくても、内線も外線もIP電話に対応したIP-PBXやSIPサーバーが選択肢となるケースがほとんどです。 そのため従来のPBXを、単にIP対応機に置き換えただけで、内線はIP化できても外線は従来のISDN回線…という状態の会社もあるのです。

もったいないケースその3イメージ

《外線電話のIP化による通話料削減メリット》

外線電話のIP化による通話料削減メリット

このページのトップへ

そのIP-PBXやSIPサーバを「宝の持ち腐れ」にしないために
IP電話のメリットを最大限に引き出す.PhoneDirect(ドットフォンダイレクト)

ではせっかく導入した(あるいはこれから導入する)IP-PBXやSIPサーバーを、最大限活用するにはどうすればいいのでしょうか。

そこで注目したいのがNTTコミュニケーションズの「.Phone Direct」です。

「.Phone Direct」は、IP-PBX/SIPサーバーの機能を最大限に発揮するために作られた、IP-PBX/SIPサーバー専用のIP電話サービスです。Arcstar Universal OneなどNTTコミュニケーションズが提供する拠点間の内線用VPNからダイレクトに外線IP電話に接続できるので「安価」「シンプル」かつ「柔軟」なネットワークを実現します。

しかも国内の主要IP-PBX/SIPサーバーに対応しているので、現在導入済みのケースでも、これから導入を検討するケースでも、幅広く活用できるのです。

.Phone Directに対応したIP-PBX/SIPサーバーを提供しているベンダー一覧(順不動)
日本電気(株) / 沖電気工業(株) / NTTコムウェア(株) / (株)日立コミュニケーションテクノロジー / 富士通(株) / シスコシステムズ(株) / NECネッツエスアイ(株) / (株)ネクストジェン / ユニアデックス(株) / 日本アバイア(株) / 日本コムシス(株)/ NECインフロンティア(株)
 ※詳細な対応機種名については、資料をご請求ください。

.Phon Direct サービス概要イメージ図

《.Phone Directなら解消できる3つの「もったいない」》

外線接続をVPN経由でセンター拠点のIP-PBXに集約!
1チャネル800円(税込864円)のリーズナブルな利用料金で通信コストを削減 

  • .Phone Directなら拠点間接続用VPNから直接外線接続できるので、各拠点の固定電話回線が不要。 ISDN/電話回線からの置き換えでコスト削減。
  • 通信コスト削減を実現するとともに、PBXの台数削減による保守運用コストの最小化も。

1番号80円→80円(税込86.4円)で、容易に「1社員1番号化」!
IP-PBXのアプリケーション連携機能をフル活用 

  • .Phone Directなら、1番号80円(税込86.4円)で提供。 1社員1番号利用を前提とした、各種アプリケーション連携サービスの利用による、ワークスタイル革新を実現。

リーズナブルな通話料金で、通信コストを削減

  • IP電話のリーズナブルな外線通話料金により、通話コストを削減。
    (例)一般固定電話へ8円(税込8.64円)/3分、携帯電話へ16円(税込17.28円)/1分、国際電話もお得
  • 無料通話先プロバイダーは約280社(約400万契約)!
 

.Phone Directは、国内の主要IP-PBX/SIPサーバーの機能を最大限に引き出すために作られた専用サービス。 あなたの会社ですでに導入済みだったり、これから導入する予定のIP-PBX/SIPサーバーには、.Phone Directを組み合わせて、「もったいない!」と言われない、効果的なIP電話活用を実現してください。

お知らせ

関連サービス

このページのトップへ