Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_voice

BizFAX ストレージ&リモート

機能

BizFAX ストレージ&リモートの機能をご紹介します。

機能一覧
FAX受信機能
FAX送信機能
電話帳機能

FAX受信

受信したFAXをネットワーク上のサーバーで電子ファイルとして蓄積し、インターネットに接続したパソコンや携帯からFAXの内容確認・ダウンロードができます。受信したFAXを電子ファイルとしてパソコンで管理でき、ファイルの整理・保存が簡単です。
 

FAX受信

お知らせメール機能

FAX受信時にパソコンや携帯へメールでお知らせします。また、FAX画像ファイルをお知らせメールに添付してお知らせすることもできるので、外出中や出張先でも携帯やモバイルPCでいつでもFAXを確認できます。
 

お知らせメール機能

FAX送信

パソコンに保存している電子ファイルをFAX送信することができます。印刷する手間もなくなり自席のパソコンからFAXを送信することができます。また受信したFAXを指定したFAX番号へ転送できます。
 

FAX送信

送信エラーメール機能

FAX送信時にエラーとなった場合、パソコンや携帯電話へメールでお知らせします。
 

送信エラーメール機能

電話帳機能

FAXを送信する際に、ネットワーク上で登録した電話帳から送信先を選択することができます。送信先の情報を1件ずつもしくは一括で登録することができ、FAXを送信する際に登録した電話帳から送信先を選択することができます。送信ミスが無くなり、セキュリティ向上にも役立ちます。
 

電話帳機能

FAX自動削除機能

受信BOXに保存するFAXの保管期間を設定し、受信FAXを随時自動的に削除することができます。
 

※初期設定の初期値は、自動削除を有効、保持日数が60日(受信日を含む)です (2012年9月18日以降に初期設定を行った場合)。FAX自動削除機能を無効とする場合や保持日数を変更する場合は設定用ホームページにて変更が可能です。

※受信FAXは保持日数を経過した場合、既読・未読にかかわらず削除されます。

FAX受信

FAX受信イメージ

「050IP電話番号」で受信したFAXをネットワーク上のサーバーで電子ファイルとして蓄積し、インターネットに接続したPCや携帯からFAXの内容確認・ダウンロードができます。受信したFAXを電子ファイルでPC上で管理でき、ファイルの整理・保存が簡単です。

詳細情報
  • 画像ファイル形式:PDF(PC)、TIFF(PC)、JPEG(携帯)
  • 受信可能な用紙サイズ:A4判、B4判、A3判
  • 1回の通信で受信可能な枚数:最大100枚
  • 受信可能なFAX解像度:ノーマル、ファイン、スーパーファイン
  • 受信可能な通信モード:G3
  • FAX蓄積容量:100MB
  • 受信BOXに保存できるファイル数:2,048ファイル※

※受信したFAXはPDF形式・TIFF形式およびJPEG形式のデータで保存されます。受信BOXに保存できるファイル数は、PDF形式・TIFF形式およびJPEG形式のファイルを合わせたファイル数です。

注意事項
  • ご利用にあたり設定用サイトにて設定が必要です。
  • FAXは2回線まで同時に受信できます。
  • 受信BOXの容量(100M)超過および保存できるファイル数が超過した場合、FAXを受信しません。

お知らせメール機能

お知らせメール機能イメージ

FAX受信時にPCや携帯電話へメールでお知らせします。また、FAX画像ファイルをお知らせメールに添付してお知らせすることもできるので、外出中や出張先でも携帯電話やモバイルPCでいつでもFAXの受信を確認できます。

詳細情報
  • 登録できるメールアドレス数:3件
  • お知らせメールに添付できるファイル:PDF形式・TIFF形式・JPEG形式から選択できます。
注意事項
  • 本機能のご利用には設定用サイトにて設定が必要です。登録したすべてのメールアドレスに送信されます。
  • お知らせメールに添付されるFAX画像ファイルの枚数が15枚を超える場合、15枚ごとに複数のメールに分けて送信します。
  • お知らせメールに添付されるFAXを含めてメールの容量が10MBを超過した場合、お知らせメールにFAXを添付せずに送信します。
  • PDF形式・TIFF形式のFAXは携帯電話からは閲覧できない場合があります。

FAX送信

FAX送信イメージ

PCに保存している電子ファイルをFAX送信することができます。また、「050IP電話番号」で受信したFAXを指定したFAX番号へ転送できます。印刷する手間も無くなり、自席のPCからFAXを送信することができます。また、FAX送信時にエラーとなった場合、PCや携帯電話へメールでお知らせします。

詳細情報
  • 送信先の指定方法:「相手先FAX番号の直接入力」・「電話帳からの選択」・「受信FAXからの選択」・「送信履歴からの選択」
  • 送信可能なファイル数:最大3ファイル
  • 変換可能なファイル:TIFF  JPEG  PDF  Word  Excel  PowerPoint  text
  • 送信可能な用紙サイズ:A4版  B4版  A3版
  • 1回の通信で送信可能な枚数:最大100枚(本サービスで作成したFAX送付票を含む)
  • 送信可能なFAX解像度:ノーマル  ファイン  スーパーファイン

※送信の解像度は受信者側のFAX機器の仕様や送信時の条件により自動的に確定します。送信者側で選択することはできません。

  • 送信可能な通信モード:G3
  • 送信できるファイル容量:1ファイルあたり10MB未満

※1ファイルあたり10MB未満であってもFAXデータへの変換時にファイルサイズがシステムの許容量を超える場合は送信できません。

注意事項
  • 携帯電話に保存したファイルのFAX送信は行えません。携帯電話からのFAX送信は受信したFAXの転送のみ可能です。

送信エラーメール機能

FAX送信時にエラーとなった場合、パソコンや携帯電話へメールでお知らせします。

詳細情報
  • 登録できるメールアドレス数:3件
注意事項
  • 本機能のご利用には設定用サイトにて設定が必要です。登録したすべてのメールアドレスに送信されます。
  • 送信エラーメールアドレスは3件まで登録できます。

注意事項詳細

電子ファイルをFAX送信する際の注意事項について

推奨するファイル形式について

パソコンに保存したファイル送信において、推奨するファイル形式は以下のとおりです。

ファイル形式 対応バージョン 拡張子
Microsoft Word Microsoft Office 2000  XP  2003  2007 doc,docx
Microsoft Excel Microsoft Office 2000  XP  2003  2007 xls,xlsx
Microsoft PowerPoint Microsoft Office 2000  XP  2003  2007 ppt,pptx
TIFF 非圧縮  Packbits  JPEG  CCITT-ID  MMR MR  MH  LZW tiff,tif
JPEG 標準JPEG (JFIF) jpeg,jpg
Text
※入力文字コードはShift-JISのみ
- txt
Adobe PDF PDF1.3 ~ PDF1.7 (Acrobat 4.0 ~ 8.0) pdf

※ Microsoft、MicrosoftWord、MicrosoftExcel、MicrosoftPowerPointは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ AdobePDFは、AdobeSystemsIncorporated(アドビシステムズ社)の登録商標または商標です。

ファイル作成時の留意事項

PCに保存したファイルをFAX送信する際、相手先のFAX機によって、またはお客さまの文書の設定の仕方によって、文書の端が切れたり、指定と異なったレイアウトで送信される場合があります。ここでは想定される事象と対処方法についてご説明します。

Microsoft Word

【想定される事象】文書の端が切れた状態で相手先に送信される場合があります。
【原因】Word文書の余白が小さすぎるため。
【対応】文書の上下左右に最低15mm程度の十分な余白を設定してください。
【手順】「ファイル」→「ページ設定」→「余白」タブ→「余白」で最低15mm程度の十分な余白を設定して文書を作成してください。

◆(例)Microsoft Word 2003の設定画面

◆(例)Microsoft Word 2003の設定画面

Microsoft Excel

【想定される事象】プリントアウト時の枚数と異なる枚数で相手先に送信される場合があります。
【原因】プリンターの印刷範囲とBizFAXストレージリモートにおける送信範囲の相違のため。

【対応】Excelページの縦横の比率を調整することで、送信枚数を設定することができます。
【手順】「ファイル」→「ページ設定」→「ページ」タブの中の「拡大縮小印刷」の「次のページ数に合わせて印刷」に設定してください。

※FAXを送信する前に相手先FAXへの送信イメージをプレビュー画面にて必ずご確認ください。

(例)Microsoft Excel 2003の設定画面

◆(例)Microsoft Excel 2003の設定画面

Microsoft PowerPoint

【想定される事象】A4以外のスライドサイズ(A3・B4)で作成したファイルを送信した際、文書が縮小されずに切り取られた状態で相手先に送信される場合があります。
【原因】PowerPoint文書の印刷はA4サイズが規定値のため。
【対応】PowerPoint文書はA4のスライドサイズで作成してください。
【手順】スライドサイズをA4に指定するためには、「ファイル」→「ページ設定」→「スライドのサイズ指定」で「A4」を選択してください。

※A3・B4のスライドサイズで作成したPowerPoint文書をFAX送信したい場合は、「ツール」→「オプション」→「印刷」タブの中の「用紙サイズに合わせて印刷」をオンに設定してください。この場合、相手先のFAXによっては文書の端が切れることがありますので、最低15mm程度の十分な余白を取って文書を作成してください。

※FAXを送信する前に相手先FAXへの送信イメージをプレビュー画面にて必ずご確認ください。

(例)Microsoft PowerPoint 2003の設定画面

◆(例)Microsoft PowerPoint 2003の設定画面

その他の留意事項

  • 印刷範囲の指定がある場合、指定された範囲のみ送信されます。
  • ファイル内に改ページの指定がある場合、指定にしたがってページが分割されます。
  • 空のファイルを送信指定した場合はエラーとなります。
  • 設定用サイトに対応していない文字コードの入力文字は「・」や 「?」などとして表示されます。
  • PCに保存したファイル送信において推奨される ファイル形式でも正常に送信できない場合があります。
    -ウイルスに感染していると判断した場合※
    -パスワードでロックされている場合
    -マクロが組まれている場合
    -他のファイルへの参照項目が含まれている場合 など

※ウイルスチェックはトレンドマイクロ株式会社の基準に準じています。

  • 送信が完了するまでファイルを移動・削除しないでください。お客さまが指定した送信ファイルが存在しない場合、送信エラーとなります。

電話帳機能

電話帳機能イメージ

FAXを送信する際に、ネットワーク上で登録した電話帳から送信先を選択することができます。送信先の情報を1件ずつもしくは一括で登録することができ、FAXを送信する際に、登録した電話帳から送信先を選択することができます。送信ミスが無くなり、セキュリティ向上にも役立ちます。

注意事項

  • 携帯からは電話帳はご利用できません。ただし、携帯の送受信履歴などにはPCで登録した内容が反映されます。
  • 一括で登録すると現在の登録内容はすべて削除され、新たに登録されます。必ずバックアップを取ってください。

このページのトップへ