Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Arcstar Universal One

導入事例
エーザイ株式会社

世界各地に点在するエーザイ様現地オフィスを一括サポート

エーザイ株式会社

エーザイ株式会社
業種
医薬品
課題
本社─インド間での販売や開発に関するデータのやり取りを行うため、ネットワーク導入
サービス
ArcstarグローバルIP-VPNサービス

 

※「ArcstarグローバルIP-VPN」は2014年10月7日より「Arcstar Universal One」に名称変更いたしました。本ページに掲載している導入事例はサービス名称変更前のものです。

課題、テーマ

本社─インド間での販売や開発に関するデータのやり取りを行うため、ネットワーク導入

icon_l_arrow

選択の決め手(ポイント)

  • これまで他の海外拠点を結ぶMPLS構築を通じて実感した高い技術力
  • 海外での万全なサポート体制を提供できると確信していた
icon_l_arrow

導入効果

  • 日本本社のサーバーへの円滑なアクセス環境の実現により、インドでの円滑な業務遂行の実現
  • 納期遵守:通常6週間かかるインドでのネットワーク構築を5週間以内に実現
  • 当初依頼していたアクセスライン提供事業者のTATA Powerは容量不足のため、急遽TTML (Tata Teleservices Maharashtra Limited)に変更し アクセスラインを確保
Arcstar MPLS IP-VPN

課題、テーマ

  • 2004年、エーザイはインドに国内製薬メーカーで初めて100%出資の医薬品販売子会社「エーザイ・ファーマシューテカルズ・インディア・プライベート・リミテッド」を設立した。今後は、生産や開発機能も整備する予定である。2005年5月には、本社─インド間での販売や開発に関するデータのやり取りを行うため、ネットワーク導入の検討に入った。重要拠点の一つであるインドを結ぶネットワークを任せるには、高い信頼性、迅速な対応を提供してくれるパートナーが必要であった。
  • エーザイの各サーバー(プロキシーサーバー、連結決算データ収集システム、Lotus Notesサーバーなど)は日本のデータセンターで集中管理しているため、エーザイインドからこれらのサーバーへアクセスするためには、ネットワークを介さなければならず、エーザイのインド現地法人にとってネットワークは生命線であった。

選択の決め手(ポイント)

エーザイが、NTTコミュニケーションズをネットワーク構築・運用の委託先として選んだのは、これまで他の 海外拠点を結ぶMPLS(Multi Protocol Label Switching)構築を通じて実感した高い技術力と海外での万全なサポート体制を提供できると確信していたからであった。

導入効果

  • 日本本社のサーバーへの円滑なアクセス環境の実現により、インドでの円滑な業務遂行の実現。
  • 納期遵守:通常6週間かかるインドでのネットワーク構築を5週間以内に実現
  • 当初依頼していたアクセスライン提供事業者のTATA Powerは容量不足のため、急遽TTML (Tata Teleservices Maharashtra Limited)に変更しアクセスラインを確保

VPNご利用シーン

関連サービス

このページのトップへ