Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Arcstar IP-VPN

本サイトは、L3 ギャランティサービス「Arcstar IP-VPN」の
サポート情報をご紹介します。

Arcstar Universal One

拠点追加や新規VPNサービスをご検討中のお客さまには
クラウド利用に最適な高品質・高信頼なVPNサービス
「Arcstar Universal One」がオススメです。

アクセスメニュー/料金
オプションサービス
よくあるご質問
SLA

主なアクセスメニュー

通常プラン

バーストイーサタイプ

メニュー 提供地域 品目
バーストイーサタイプ 一部帯域を確保し、物理インターフェース速度までバースト対応可能なメニューです。 全国 バースト10・バースト100

イーサタイプ

メニュー 提供地域 品目
NTT Com光アクセス利用 NTTコミュニケーションズの光回線を利用し、幅広い帯域をカバーした低廉なメニューです。 全国 10Mbps、100Mbps、1Gbps
ポート速度は0.5Mbps~1Gbps
NTT東日本・西日本ワイド利用 NTT東日本・西日本のビジネスイーサワイドを利用してエンド・ツー・エンドでワンストップに提供するメニューです。 全国 0.5Mbps~100Mbps
電力系NCC利用 電力系地域会社の「イーサネット通信網サービス」などを利用し、幅広い帯域をカバーした低廉なメニューです。 電力系地域会社の「イーサネット通信網サービス」などを利用し、幅広い帯域をカバーした低廉なメニューです。 10Mbps、100Mbps、1Gbps
ポート速度は0.5Mbps~10Mbps、
10Mbps~100Mbps、100Mbps~1Gbps

STM タイプ

メニュー 提供地域 品目
STM タイプ NTT東日本・西日本のデジタルアクセスを利用した幅広い提供エリアが特長のメニューです。 全国 64kbps~128Kbps

局内接続

メニュー 提供地域 品目
イーサネットタイプ NTTコミュニケーションズ ハウジングビルでArcstar IP-VPNをご利用いただけるメニューです。1Mbps~1Gbpsからお選びいただけます。 弊社営業担当にお問い合せください。 1Mbps~1Gbps

IPv6デュアル対応

イーサタイプ

メニュー 提供地域 品目
NTT Com光アクセス利用 (IPv6デュアル) NTT Com光アクセスを利用し、1つの物理回線上でIPv4とIPv6のそれぞれの利用が可能なメニューです。 全国 10Mbps、100Mbps、1Gbps
ポート速度は0.5Mbps~1Gbps
NTT東日本・西日本ワイド利用
(IPv6デュアル)
NTT東日本・西日本のビジネスイーサワイドを利用し、1つの物理回線上でIPv4とIPv6のそれぞれの利用が可能なメニューです。 東京、大阪エリアを中心に提供中。
順次拡大予定。
0.5Mbps~100Mbps

局内接続

メニュー 提供地域 品目
イーサネットタイプ
(IPv6デュアル)
NTTコミュニケーションズ ハウジングビルでArcstar IP-VPNを利用し、1つの物理回線上でIPv4とIPv6のそれぞれの利用が可能なメニューです。 弊社営業担当にお問い合せください。 1Mbps~1Gbps

※ 詳しくは弊社営業担当までお問合せください

ping監視メニュー

無料オプションのping監視をお申し込みいただくことで、VPNからアクセス回線、回線終端装置までをpingにより常時監視。
5分間隔のping監視がNGの場合に通知。

故障の早期発見とご報告を実施。プロアクティブな対応をいたします。
IP-VPNの信頼性や品質を更に高めることにより、お客さまの利便性向上に貢献します。

ping監視サービスイメージ

(※状況により対応内容が変動する場合があります。)

ping監視:IP-VPNバックボーン内のping監視端末からお客さま指定端末までのping疎通を確認
故障発生通知:故障検知後、15分以内に電話にて通知
復旧対応経過報告:故障検知と同時に調査・故障復旧対応を即時開始。30分ごとに経過を報告
故障報告書:ご希望のお客さまには、措置状況などを報告書として翌営業日をめどにご提出
トラフィックレポート:回線ごとに時間帯別のトラフィック変動をwebでお知らせ

トラフィックレポート

無料オプションのトラフィックレポートをお申し込みいただくことで、回線ごとに時間帯別のトラフィック変動をWebでお知らせします。グラフ表示のわかりやすいレポートにより、お客さまご自身でネットワークの利用状況を客観的に把握できます。

表示イメージ

トラフィックレポートイメージ図
優先制御機能

重要度の高いパケットを優先して転送、貴重な伝送データを遅延やパケット破棄から救済できる機能です。Arcstar IP-VPNは、3クラスまたは4クラス※1でのQoSを提供。最大1Gbpsまでご利用いただけます※2。VoIPはもちろん、基幹系と情報系データの統合にも最適です。さらに、きっちりと優先制御機能をご利用いただくために、お客さまが収容されている網内ルーターのトラフィック常時監視を実施。最適なパフォーマンスが確保できるよう、定期的な収容設計も行っています。

優先制御機能

※1 どちらか一方をご選択いただけます。

※2 アクセス回線により、一部ご利用できない品目があります。

通信先アドレス制御機能

IP-VPN網からお客さま拠点へ向かうトラフィックにおいて、音声など重要度の高いパケットを優先的に転送し、パケット破棄から守る機能です。

分散メニュー

さらなる信頼性アップのために分散メニューをご用意しています。
機器やアクセス回線の故障に強いPE分散、地震などの大規模災害に強いビル分散をご利用頂くことで盤石のネットワーク基盤が構築できます。

分散メニュー イメージ図

※上記を含むオプションサービスの提供にあたっては、事前のコンサルティングが必要となりますので、弊社営業担当までお問い合わせください。

アプリケーション接続サービス

「アプリケーション接続サービス」は、NTTコミュニケーションズVPNサービスのe-VLAN、Arcstar IP-VPN、Group-VPNと、クラウドソリューションBizCITYを接続するプラットフォームサービスです。
インターネットを経由しないセキュアなVPNサービス上で、さまざまなアプリケーションの選択や認証・課金、セッション制御、ファイアウォールなどの機能を、手軽にかつ安価に利用することができます。

統合VPNアプリケーション接続サービス

サービスの特長

セキュアな閉域網での提供

インターネットを経由しないセキュアな閉域網上でさまざまなアプリケーションを利用することができ、セキュリティの向上、業務効率の向上を図ることができます。

多彩な機能を標準装備

多彩なアプリケーションの利用と、その際に必要となるアプリケーションごとのアドレス解決機能を提供します。各アプリケーション、VPNごとのトラフィックを分離するとともに、ファイアフォールとしての機能を提供します。
またアプリケーション独自の認証に加えて、ネットワーク部分でも許可されたVPNのみアプリケーション利用が可能となるため、安全にサービスを利用することができます。

利用可能なVPNサービス

IP-VPN Ciscoパック

サービスの特長

IP-VPN Ciscoパックは、業界標準の「シスコシステムズ社製ルーター」のレンタルとNTTコミュニケーションズのネットワークサービスをパッケージとしてご提供。
これらの導入から運用・保守サービスまでをNTTコミュニケーションズがワンストップでご提供することで、最適なトータルIPソリューションをお届けします。

IP-VPN Ciscoパック イメージ図

■導入の簡素化

接続用ルーターと「Arcstar IP-VPN」などの各種ネットワークサービスの同一契約により、一体的なシステム導入が可能です。 ネットワークサービスの開通と合わせたルーターの設定・設置工事により、工事調整などの煩わしい稼働を削減。スムーズなお客さまシステムの導入を実施します。

■TCOの削減

ルーターは使用期間に指定のないレンタル契約のため、イニシャルコストを抑えることができ、機種・スペック変更に伴う解約金等の心配も不要です。 また、ルーターとネットワークサービスを合わせた一元的な保守体制により、システム管理・運用に関するコストの削減が可能です。

■豊富な製品ラインナップ

IP-VPN Ciscoパックでは、SOHOからデータセンターまで事業所規模に応じたレンタルメニューをご用意。
ご契約時はもちろん利用開始後でも、お客さまニーズに合わせIOS・パッケージ・メモリ増設などのカスタマイズが可能です。ルーターおよびネットワークサービスともにアップグレードが可能なため、システムの変更にも迅速かつ柔軟に対応します。

■ルーターとネットワークサービスの故障受付窓口の一元化

故障の受付については、ネットワークサービス、ルーターとも24時間対応可能な一元化した窓口をご用意。ルーターの保守内容は、故障対応時間とリモート保守の有無に応じた4つの保守タイプからご選択いただけます。特にリモート監視付保守タイプでは、NMS(ネットワーク監視システム)による24時間リモート監視を行い、故障の早期発見・回復を行います。

※ネットワークサービスの故障対応については、ご利用いただくネットワークサービスの保守内容に準じます。

4つの保守タイプ
保守タイプ1 9-17時対応タイプ NTTコミュニケーションズの営業時間内のみ(土日祝、1月2、3日を除く9:00~17:00)故障対応を行います。
保守タイプ2 24時間対応タイプ 24時間365日故障対応を行います。
保守タイプ3 コールドスタンバイタイプ 同じ機器構成および設定のルーターを 1台設置します。
保守タイプ4 リモート監視付タイプ 24時間対応タイプに加えリモート監視サービスを行います。

※コールドスタンバイタイプをご利用になる場合は、他の保守タイプと組み合わせてのご利用となります。

VPN間フィルタリング機能

異なるVPN間通信を高セキュアに接続する機能です。通信可能な相手先をIPアドレス、アプリケーション(ポート番号)で選択でき、IPアドレスが重複する場合でも気にせず通信ができるため、エクストラネットの構築が容易に実現できます。

VPN間フィルタリング機能 イメージ図
マルチキャストVPNサービス

お客さまが送出したデータを、Arcstar IP-VPN網内で複数の拠点向けに複製、一斉に同報通信できます。企業のデータネットワークとは別に、衛星IPマルチキャストで構築していた全社一斉放送や、各店舗へのコンテンツ配信などがArcstar IP-VPNに統合可能です。
※組み合わせによって利用できないアクセス回線やオプションサービスがあります。

IPマルチキャスト機能 イメージ図
IPsec接続機能(クライアントソフト型)

NTTコミュニケーションズが提供するIPsec暗号化ソフトウェアを利用して、PC端末からインターネット経由でArcstar IP-VPNへのアクセスを可能にするサービスです。

IPsec接続機能(クライアントソフト型) イメージ図

■特長

◎ISPフリーおよびアクセスラインフリー
ISPやインターネットに接続するアクセスラインメニュー(ISDN、DSL、無線LAN、携帯電話網)などに限定されることなく、国内外からの出張先などから「Arcstar IP-VPN」へ接続可能です。

◎暗号化と2つの認証でセキュリティは万全
IPsecとRADIUS認証、さらに、ソフトウェアによるワンタイムパスワード認証「MCOP」を利用することでセキュリティレベルがさらに向上します。

◎アクセス制御が設定可能
「アクセス制御機能」(オプションサービス)を利用することで、アクセス先のIPアドレスや通信ポートを指定することができ、アクセス可能なセンタ側のサーバーやシステムを制限できます。

◎アウトソーシングでTCO削減
リモート接続環境構築に必要となるIPsecゲートウェイやクライアントソフトをNTT Comが提供します。さらに、本来お客さまシステム管理者にて行っていただく問い合わせ対応やユーザー管理・設定をサポートするエンドユーザー・サポート(オプション)をNTT Comが提供します。

モバイルコネクト接続機能

■i-mode、EZweb、Yahoo!ケータイ、ブラウザホン※1からの接続

「MCOP※2」またはRADIUS認証を利用してArcstar IP-VPNへの接続を可能にするサービスです。 携帯端末のブラウジング画面からArcstar IP-VPNを経由して、現在お客さまがお使いの社内メールや社内システムにアクセスできます。 さらに、FOMAの高速アクセス(最大384Kbps)にも対応しています。

※1 iモード、ブラウザホンは株式会社NTTドコモ、EZwebはKDDI株式会社、Yahoo!ケータイはソフトバンクモバイル株式会社の商標又は登録商標です。

※2 MCOP(Mobile Connect One-time Password)認証 「乱数表の位置情報」を利用したソフトウェアによるユーザ認証方式(*)です。 (*)ワンタイムパスワード認証技術に関しては、パスロジ株式会社から特許ライセンスを得ています。

※通信速度はベストエフォートとなります。

モバイルコネクト接続機能 イメージ図
サービスについて
  • サービスについて

  • 質問1:IP-VPNとは何ですか?

    【回答】
    IP-VPNとは通信プロトコルとしてIPを利用し、インターネットやデータ通信網上で実現される、 仮想的なお客さま専用のプライベートネットワーク(VPN:Virtual Private Network)です。
  • 質問2:Arcstar IP-VPNとはどのようなサービスですか?

    【回答】
    「Arcstar IP-VPN」は、堅牢なバックボーンに、ギャランティ型(帯域確保型)を中心としたアクセス回線を柔軟に組合わせた高品質・高信頼なレイヤ3のスタ ンダード型VPNサービスです。高度な保守対応に加え、ネットワークの設計・運用から管理までをまとめたアウトソーシングが可能です。
  • 質問3:Arcstar IP-VPNはどのような利用に適していますか?

    【回答】
    基幹系ネットワークなど、重要拠点に向いており、アウトソーシングですべてをまかせたいお客さまに最適です。
  • 質問4:Arcstar IP-VPNは全国で利用可能ですか?

    【回答】
    Arcstar IP-VPNは各都道府県にアクセスポイントを設置しており、全国でご利用可能です。
    ただし、利用可能なアクセス回線は、各アクセス回線提供事業者(NTT東日本・西日本、電力系NCC、イー・アクセス社)の各サービスの提供エリアに準じます。
  • 質問5:Arcstar IP-VPNは、OCNとは別のネットワークなのですか?

    【回答】
    Arcstar IP-VPNは独自の閉域ネットワークを構築しているので、インターネットであるOCNとは別のネットワークとなっています。
  • 質問6:アクセス回線にはどのような種類がありますか?

    【回答】
    高品質で信頼性の高い「ギャランティ型」から、品質とコストを両立させる「バースト型」、コストを重視した「ベストエフォート型」まで、お客さまのご利用用途や拠点の規模に応じて、柔軟にお選びいただけます。
    アクセスメニュー一覧はこちら
  • 質問7:アクセス回線にある「IPv6デュアルプラン」について教えてください。

    【回答】
    「IPv6デュアルプラン」は、1つの物理回線上にIPv4とIPv6両方のプロトコルを混在できます。既存のIPv4環境を活かせるため、簡単かつ低コストにIPv6環境を導入できるプランです。
  • Arcstar Universal One

  • 質問8:Arcstar Universal Oneは、Arcstar IP-VPNをはじめとした従来のVPNサービスとどのように違いますか?

    【回答】
    Arcstar Universal Oneは、これまで通信レイヤーやアクセス品質ごとにご提供していた複数のVPNサービスを統合するとともに、企業がネットワークに求める信頼性、迅速性、柔軟性、拡張性を備えた新しいネットワークサービスです。
    • 拠点の重要度にあわせて選べるシンプルなメニュー
    • バックアップ回線の標準提供
    • ワンストップオペレーション
    • NTTコミュニケーションズのクラウドサービス「BizCITY」基盤直結
    • グローバルシームレス
    といった特長を持ち、信頼性の高いネットワークを柔軟、かつ手軽に導入していただけます。
    詳細は、「Arcstar Universal One 特長(従来のVPN比較)」をご覧ください。
  • 質問9:Arcstar Universal Oneはどのような利用に適していますか?

    【回答】
    Arcstar Universal Oneは、ギャランティ(帯域確保型)からベストエフォートまで多彩なアクセスに対応していますので、拠点の重要度に合わせて組み合わせが可能です。クラウド利用やBCP対策など、信頼性、柔軟性、拡張性が必要とされる企業ネットワークの構築に最適です。
    さらに、NTTコミュニケーションズが提供するクラウドサービス「BizCITY」基盤と直結し、面倒な設定、設計なしでクラウドをご利用いただけます。
  • 質問10:今、Arcstar IP-VPNを利用しており、拠点の追加を考えているが、追加拠点をArcstar Universal Oneにすることは可能ですか?

    【回答】
    Arcstar IP-VPNをはじめ、e-VLAN、Group-VPN、Group-Etherをご利用の場合、拠点をArcstar Universal Oneにすることは可能です。 一部、ご利用サービスの組み合わせに制限がありますので、詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。
保守・運用、技術について

サービス全般について

質問1
:
Group-VPNとはどのようなサービスですか?
質問2
:
Group-VPNはどのような利用に適していますか?
質問3
:
アクセス回線にはどのサービスが利用できますか?
質問4
:
提供エリアを教えてください。
質問5
:
品質は保証されますか?
質問6
:
Group-VPNの各プラン(「フレッツ 光ネクストプラン」「フレッツ・光プレミアムプラン」「フレッツ・ADSLプラン」「光サービス(F)」「ADSLサービス(F)」)の同一VPN内の混在は可能ですか?
質問7
:
Group-VPNはインターネットVPNですか?
質問8
:
どのような付加サービスが受けられますか?
質問9
:
インターネットに接続できますか?
質問10
:
設置する拠点の数に制限はありますか?
質問11
:
フレッツプランおよび光/ADSLサービス(F)で専用レンタルルーター以外のルーターを利用することはできますか?
質問12
:
エントリールーターとスタンダードルーターの違いは何でしょうか?
質問13
:
NTTコミュニケーションズからは、故障の際どのような方法で通知を行っていますか?

Arcstar Universal One(アークスターユニバーサルワン)

質問14
:
Arcstar Universal Oneは、Group-VPNをはじめとした従来のVPNサービスとどのように違いますか?
質問15
:
Arcstar Universal Oneはどのような利用に適していますか?
質問16
:
今、Group-VPNを利用しており、拠点の追加を考えているが、追加拠点をArcstar Universal Oneにすることは可能ですか?

サービス全般について

  • 質問1:Group-VPNとはどのようなサービスですか?

    【回答】
    アクセスラインにNTT東日本・西日本の「フレッツ光ネクスト」「フレッツ・光プレミアム」「フレッツ・ADSL」を利用して、NTTコミュニケーションズクローズドIP網へ接続するVPNサービスです。
  • 質問2:Group-VPNはどのような利用に適していますか?

    【回答】
    中小規模事業所などにおけるグループウェアなどの利用のための社内各拠点を結ぶネットワーク構築や、大企業などにおける部内・プロジェクト内での基幹ネットワークとは別の専用ネットワークの構築に最適です。このほかIP電話の利用など、中小規模ネットワークを中心にさまざまな用途にご利用いただけます。
  • 質問3:アクセス回線にはどのサービスが利用できますか?

    【回答】
    NTT東日本・西日本の「フレッツ 光ネクスト(ファミリー/マンション)」「フレッツ・光プレミアム」、「フレッツ・ADSL」となります。
  • 質問4:提供エリアを教えてください。

    【回答】
    フレッツプランおよび光/ADSLサービス (F)はNTT東日本・西日本の提供エリアに準じます。いずれも提供エリアページにてご確認ください。 提供エリア検索はこちら
  • 質問5:品質は保証されますか?

    【回答】
    ネットワークを複数のお客さまで共用するベストエフォート型サービスのため、品質についてはネットワークの混雑状況により変化します。回線速度は、規格上の最大速度であり、NTT収容局からお客さま宅までの距離やケーブルの品質などにより、規格どおりの速度がでない場合もあります。
  • 質問6:Group-VPNの各プラン(「フレッツ 光ネクストプラン」「フレッツ・光プレミアムプラン」「フレッツ・ADSLプラン」「光サービス(F)」「ADSLサービス(F)」)の同一VPN内の混在は可能ですか?

    【回答】
    可能です。
  • 質問7:Group-VPNはインターネットVPNですか?

    【回答】
    いわゆるインターネットVPNとは違い、NTTコミュニケーションズのクローズドIP網へ接続しておりインターネットを経由しない、よりセキュアなVPNとなります。
  • 質問8:どのような付加サービスが受けられますか?

    【回答】
    Centrex for Group-VPN、ArcstarIP-VPN/e-VLANサービスとの接続サービスをご用意しております。また「フレッツ」プラン(フレッツ別契約型)ではフレッツとGroup-VPNの一元故障受付サービス(有料)を提供します。
  • 質問9:インターネットに接続できますか?

    【回答】
    オプションサービスとしてインターネット接続サービスを提供しております。
  • 質問10:設置する拠点の数に制限はありますか?

    【回答】
    1VPNあたり最大1000拠点まで可能です。
  • 質問11:フレッツプランおよび光/ADSLサービス(F)で専用レンタルルーター以外のルーターを利用することはできますか?

    【回答】
    お客さまが購入されたルーターなどはご利用いただけません。
    Group-VPNフレッツプランおよび光/ADSLサービス(F)でご利用いただけるルーターは、NTTコミュニケーションズよりレンタル提供させていただきます。
  • 質問12:エントリールーターとスタンダードルーターの違いは何でしょうか?

    【回答】
    エントリールーターは、フレッツ光ネクスト/フレッツ光プレミアム/フレッツ・ADSLをアクセス回線とするプランの専用ルーターとして提供します。スタンダードルーターは、さらに高スループットに対応し、拡張機能を備えたルーターとして提供します。
    主な拡張機能は、NAPT/NAT対応、IPアドレスフィルタリング機能、複数ネットワーク設定機能、DHCPリレー機能に対応が可能になります。
    また、スタンダードルーターは複数の機種から選択いただけます。お見積もり金額については弊社営業担当までご相談ください。
  • 質問13:NTTコミュニケーションズからは、故障の際どのような方法で通知を行っていますか?

    【回答】
    オンラインで情報を掲載しております。「オペレーションサポート」ウェブをご覧ください。 「OCN TECHWEB」 はNTTコミュニケーションズが提供するサービスの工事・故障情報などサポート情報をよりわかりやすく、迅速に提供できるサイトとして2013年1月31日より 「オペレーションサポート」ウェブに変更になりました。
  • Arcstar Universal One(アークスターユニバーサルワン)

  • 質問14:Arcstar Universal Oneは、Group-VPNをはじめとした従来のVPNサービスとどのように違いますか?

    【回答】
    Arcstar Universal Oneは、これまで通信レイヤーやアクセス品質ごとにご提供していた複数のVPNサービスを統合するとともに、企業がネットワークに求める信頼性、迅速性、柔軟性、拡張性を備えた新しいネットワークサービスです。
    • 拠点の重要度に合わせて選べるシンプルなメニュー
    • バックアップ回線の標準提供
    • ワンストップオペレーション
    • NTTコミュニケーションズのクラウドサービス「BizCITY」基盤直結
    • グローバルシームレス

    といった特長を持ち、信頼性の高いネットワークを柔軟、かつ手軽に導入していただけます。
    詳細は、「Arcstar Universal One 特長(従来のVPN比較)」をご覧ください。
  • 質問15:Arcstar Universal Oneはどのような利用に適していますか?

    【回答】
    Arcstar Universal Oneは、ギャランティ(帯域確保型)からベストエフォートまで多彩なアクセスに対応していますので、拠点の重要度に合わせて組み合わせが可能です。クラウド利用やBCP対策など、信頼性、柔軟性、拡張性が必要とされる企業ネットワークの構築に最適です。
    さらに、NTTコミュニケーションズが提供するクラウドサービス「BizCITY」基盤と直結し、面倒な設定、設計なしでクラウドをご利用いただけます。
  • 質問16:今、Group-VPNを利用しており、拠点の追加を考えているが、追加拠点をArcstar Universal Oneにすることは可能ですか?

    【回答】
    Group-VPNをはじめ、Arcstar IP-VPN、e-VLAN、Group-Etherをご利用の場合、拠点をArcstar Universal Oneにすることは可能です。
    一部、ご利用サービスの組み合わせに制限がありますので、詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。

SLA(サービス品質保証制度)

6項目のSLA(サービス品質保証制度)を適用。明確化した基準値に基づき、高品質なサービスの提供をお約束します。

SLA(Service Level Agreement)

お客さまとNTTコミュニケーションズの間で、サービスを維持する品質基準について設定・合意を行い、万一合意したサービス品質を維持できなかった場合には、あらかじめ定めた料金を返還する制度のこと。

SLA対象区間

SLA対象区間イメージ

■ 各SLA項目ごとに、アクセスラインの提供事業者、回線種別、提供タイプで、適用条件、返還対象区間が異なります。詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。

<適用条件例>

  •  はIPsec接続機能を除きます。
  • VPNゲートタイプなど「アンバンドル型のアクセス区間料金」や、優先制御機能などの「オプションサービスにかかる料金」は対象外となります。
  • 計画工事などによるサービス中断時間は対象外となります。
  • 天災(地震、洪水など)による場合は対象となります。

 

6項目のSLAについて

6項目のSLA(サービス品質保証制度)

 ネットワーク稼働率

1料金月内において、IP-VPNネットワークの稼働率が99.99%未満となったときに、その稼働率に応じた料金を返還します。

稼働率 料金返還率
99.99%以上 0%
99.8%以上、99.99%未満 1%
98.0%以上、99.8%未満 3%
95.0%以上、98.0%未満 10%
90.0%以上、95.0%未満 20%
90.0%未満 100%

このページのトップへ

 回線稼働率

1料金月内において、回線単位の稼働率が99.9%未満となったときに、その稼働率に応じた料金を返還します。

稼働率 返還率
99.9%以上 0%
99.8%以上、99.9%未満 1%
98.0%以上、99.8%未満 3%
95.0%以上、98.0%未満 5%
90.0%以上、95.0%未満 10%
90.0%未満 20%

このページのトップへ

 故障回復時間

NTTコミュニケーションズ側の理由により、1時間以上故障が継続した場合、故障回復までに要した時間に応じた料金を返還します。

回復時間 返還率
1時間未満 0%
1時間以上、2時間未満 10%
2時間以上、4時間未満 20%
4時間以上、6時間未満 30%
6時間以上、8時間未満 40%
8時間以上、72時間未満 50%
72時間以上 100%

※当該回線において障害が発生、通信が全くできない状態を故障とします。

このページのトップへ

 故障通知時間

NTTコミュニケーションズが故障を発見してから30分以内に、お客さまがあらかじめ指定した連絡先に故障を通知できなかった場合、料金を返還します。

返還率 3%

このページのトップへ

開通遅延期間

NTTコミュニケーションズの設備不足、設定誤りなどの理由により、開通予定日に回線開通ができなかった場合、開通遅延日数に応じた料金を返還します。

遅延日数 返還率
1日 10%
2日~14日 遅延日数あたり1%を加算(14日の場合は23%)
15日~27日 遅延日数あたり2%を加算(27日の場合は49%)
28日以上 50%

※開通予定日は、弊社より「ご利用内容のご案内兼内容確認票」をSLA承諾書として、原則として郵送により、開通1週間前までに発送します。

このページのトップへ

伝送遅延時間

網内におけるIPパケットの伝送にかかる1カ月(暦月)の平均伝送遅延時間が、基準値を超えた場合、料金を返還します。

基準値 返還率
35msec 10%

このページのトップへ

関連リソース

Arcstar IP-VPN Online

契約情報やネットワーク情報のオンライン確認・更新

ログイン

Arcstar IP-VPN Onlineについて

このページのトップへ