Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

法人向けOCNサービス

バックボーンの重要性

バックボーン品質を考慮した、インターネット接続サービス選びを。
~大規模災害を想定した激甚耐性ネットワーク

インターネット接続サービスはどの会社も似たり寄ったりで、価格以外はどのISPも同じようなものだとお考えではありませんか?インターネット接続サービスは契約プロバイダのバックボーンのレベルによって、お客さまに提供するサービスの品質、信頼性、快適性が大きく左右されます。その重要性をハイウェイ(高速道路)にたとえて4つのポイントから説明しましょう。

ご検討中のお客さま お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

サービスの特長

十分な車線を確保しているか
バックボーン内の車線数が多いことに加えて、通行車両(流れるデータ量)の増加に応じて拡張計画を明確化していることです。車線数が少ない、もしくは車両が増加しても拡張しなければ、コストは安くなりますが渋滞も生じやすくなります。

リスク対策ができているか

バックボーン内の車線にて万が一事故が生じて不通となった場合に、残りの車線で渋滞を生じさせることなく、車両が移動できる設計になっていることです。

他高速道路への乗り継ぎはスムーズか

隣接するプロバイダへつながる車線数を確保していることです。インターネットは複数のネットワークの集合体であり、他のプロバイダへつながる車線数が細い、もしくは拡張性が弱いと高い品質を確保できなくなります。

高速道路が渋滞を起こさないように設計・運用できるか

高速道路が渋滞を起こさないように全体の管理を一括して行える、高度な運用技術力をもっていることです。

高速道路(OCNバックボーン):イメージ

※ 上記はあくまでイメージ図となります。

ご検討中のお客さま お問い合わせ/お申し込み

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00(土日祝日を除く)

このページのトップへ