Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_mobile

050 plus for Biz / W-mode

注意事項

本サービスについて

このページのトップへ

共通

  • 本サービスのご契約は契約者住所が日本国内のお客様に限ります。 本サービスは休止することはできません。
  • 本サービスは、法人のお客様向けにその事業・職務の用に供するために提供するサービスです。
  • Web電話帳オプション、ビリングステーション、カスタマーコントロールのご利用にあたっては、アクセスする環境としてインターネット環境が必要です。
  • ご利用の携帯キャリアにより一部機能に制限がございます。
  • 本アプリのダウンロードは無料です。

050 plus for Biz/050 plus W-mode

  • サービスのご利用に必要となる情報を記載した「ご利用のご案内」をお届けいたします。
    各種変更等のお申込の際に必要となりますので、紛失しないように十分ご注意ください。

050 plus W-mode

  • ご利用いただく端末の番号(080/090/070等)は、0035ビジネスモード/ビジネスモバイルとの重複登録/利用はできません。
  • 1契約あたりの電話番号数の上限は500電話番号までとします。
  • 本サービスはビリングステーションのご契約が必要となります。
    なお、本サービスと同時にご利用いただく場合はビリングステーションの 利用料はかかりません。
    本サービスを解約され、他にビリングステーションのご利用がない場合、本サービス解約月の翌々月末をもってビリングステーション解約とさせていただきます。
  • ビリングステーションについては以下のサイトをご覧ください。 https://www.ntt.com/business/services/voice-video/discount-statement/billingstation.html
  • 本サービス提供の条件として、保証金を預け入れていただくことがあります。
  • ご利用上限額を1ヶ月につき、100万円と設定させていただく場合がございます。
Web電話帳オプションについて
  • Web電話帳のご利用には、050 plus W-mode/050 plus for Bizのご契約が必要です。
  • お申し込みは30ID以上となります。
  • サービス開通時に通知する管理者ID・パスワードもご契約ID数の中に含まれます。
  • フィーチャーフォン及びAndroidOSのタブレット端末は提供対象外です。
  • 本サービスのご利用にあたっては、アクセスする環境としてインターネット環境が必要です。
  • 電話帳データ編集などの管理者機能は、PC用Webサイトからのみご利用できます。
  • 着発信履歴の保管期間は30日となります。
  • 050 plus for BizアプリからWeb電話帳と端末のローカル電話帳を同時利用することはできません。
  • 一部の機種で、050 plus W-modeの携帯モードの発信の際に、スマートフォン端末に発信履歴が残ります。 対応端末の詳細は以下サイトをご覧ください。
    http://www.ntt.com/business/services/mobile/discount-byod/050plusbiz/spec.html
  • パスコードロック機能は
    050 plus for Bizアプリ iOS版/Android版 Ver.2.3.0以降でご利用いただけます。
    Web電話帳アプリ iOS版 Ver.1.4.0 / Android版 Ver.1.3.0以降でご利用いただけます。
  • メッセージ機能をご利用いただくには、管理者によるメッセージ機能の利用権限の設定が必要となります。
  • メッセージ機能をご利用いただくには、050 plus for Bizアプリ iOS版/Android版 Ver.2.3.0以降でご利用いただけます。
  • メッセージは、Web電話帳オプションの同一契約内で送受信が可能です。
  • Windows PC版では、メッセージ機能はご利用いただけません。
  • メッセージの保管期間は90日となります。

このページのトップへ

料金について

050 plus for Biz/050 plus W-mode(IP電話モード)

  • NTTコミュニケーションズの050IP電話および無料通話先プロバイダの050IP電話との通話は無料です。
  • 「ひかりライン」から「050 plus for Biz」への無料通話については別途オプション料金「ひかりライン間通話定額」が必要です。
  • 無料通話先の一覧は提携ISP/CATV事業者 をご覧ください。
    http://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/isp_catv.html#tab1-4
  • 有料通話先の一覧は相互通話可能IP電話事業者 をご覧ください。
    http://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/isp_catv.html#tab1-5
  • 050 plus W-mode/050 plus for Biz の月額基本料と通話料以外に発生するパケット通信料や各携帯事業者との契約にかかわる基本料等はお客さまのご負担となります。
    本サービスご利用の際にはパケット定額サービスでのご利用をおすすめします。

このページのトップへ

発信不可番号について

共通

  • 110番、177番などの3ケタの番号
  • 060、020、もしくは、#で始まる電話番号(※詳細は「対象外番号一覧」をご覧ください。)
  • NTTドコモ社の「他の電話機からの遠隔操作」の発信番号
    (090-310-14xx ※詳細はこちら、090-310-1655 ※詳細はこちら
  • ソフトバンク社の「転送・留守電・着信お知らせ機能サービス」に関する発信番号(※詳細はこちら

050 plus for Biz/050 plus W-mode(IP電話モード)

  • NTTコミュニケーションズの伝言ダイヤル・0XX0系の番号
    (NTTコミュニケーションズが提供するフリーダイヤル・ナビダイヤル・テレドームは除く)
    ※フリーダイヤル・ナビダイヤルについては0120等の番号ごとに050番号からの接続可否が異なります。
    * 以下の条件などにより、発信できない場合が有ります。
    • フリーダイヤル、ナビダイヤル契約者側で050番号からの接続を許容していない場合
    • 他事業者が提供する0120、0800、0570番号を利用したサービスの場合
    • 050 plus for BizのアプリバージョンがAndroid版1.8.0未満、iOS版1.7.0未満の場合
  • 弊社と接続協定を締結していない事業者(無料通話先プロバイダ、有料通話先プロバイダのIP電話以外のIP電話含む)への通話

    ※その他のサービス対象外通話先等は.Phone IP Centrex、OCNドットフォンと同様です。詳細はホームページをご参照ください。

050 plus W-mode(携帯電話モード)

  • NTTコミュニケーションズのフリーダイヤル・ナビダイヤル・テレドーム・伝言ダイヤル・0XX0系の番号/li>
  • 衛星携帯電話(イリジウム、インマルサット、IsatPhone等)、衛星船舶電話(NTTドコモの衛星船舶電話:090-302等)
  • 携帯電話モードでは、日本国外から発信できません。

このページのトップへ

海外利用について

050 plus W-mode(携帯電話モード)

  • 海外でご利用いただくことはできません。

050 plus for Biz/050 plus W-mode(IP電話モード)

  • お客さまご自身が一時的な海外旅行や海外出張などで本サービスを利用する場合、利用先の国の法令に従ってください。 本サービスを利用する上で必要なアプリをお客さまご自身が一時的な海外旅行や海外出張などで利用する場合、 日本国の法令(外国為替、外国貿易法及び関連する政省令等)により国によってはアプリの持込ができない場合があります。
  • お客さまご自身が一時的な海外旅行や海外出張などで本サービスを利用する場合、以下の規制に抵触する可能性があります。
    ①日本の輸出制限 ②米国の再輸出制限 ③各国の輸入規制、VoIP利用規制
  • 携帯電話モードはご利用いただけません。
  • 海外でご利用いただく場合でも、日本国内でご利用する場合と同料金になります。
  • ローミング料金はご利用者様のご負担となります。
    本サービスご利用の際にはパケット定額サービスでのご利用をおすすめします。

このページのトップへ

ご利用上の注意

050 plus for Biz/050 plus W-mode

  • 当社が動作確認をしている端末と当社が提供するアプリケーションをインストールできる環境が必要です。 当社が動作確認をしている最新の端末は以下のサイトをご覧ください。 http://www.ntt.com/business/services/mobile/discount-byod/050plusbiz/spec.html
  • 当社が動作確認をしている端末以外での動作についてのお問合せにはお答えいたしかねます。動作確認をしている端末でご利用ください。
  • 端末に応じたアプリケーション入手先から当社が提供するアプリケーションをダウンロードしてご利用いただきます。
  • PC版アプリケーションのダウンロードは平日9:00~17:00のみとなります。
  • 当社から最新版のアプリケーションが提供された場合は、最新版のアプリケーションをご利用できる環境をご準備ください。
    最新版のアプリケーションをご利用いただけない場合は、サービスがご利用できないことがあります。

050 plus for Biz/050 plus W-mode(IP電話モード)

  • マイライン等の00XXから始まる事業者識別番号は機能しません。全てNTTコミュニケーションズのIP電話通話料金が適用されます。

050 plus W-mode(携帯電話モード)

  • NTTドコモの2in1サービスでは、2008年3月2日以前に2in1サービスを契約された2in1ユーザの、Bナンバーからの発信はできません。
    また、NTTドコモのマルチナンバーサービスでは、付加番号からの発信はできません。
  • ソフトバンクモバイルのダブルナンバーサービスでは、B回線からの発信はできません。
  • 050 plus W-mode(携帯電話モード)からの着信時に、ご利用の機種や携帯キャリアによっては、着信先の携帯電話のディスプレイに転送元番号が表示される場合があります。

050 plus W-mode

  • 利用可能端末は音声通話機能を持つ携帯電話およびPHSに限ります。
  • 携帯電話モードにて国際電話をご利用された際に、着信側の海外電話事業者の都合により、070/080/090番号を発信者番号として通知する場合や非表示になる場合があります
  • PC版アプリケーションでは携帯電話モードでの発信はご利用いただけません。
  • ご利用のご案内に記載されている、050番号と070/080/090番号の組合せで、必ず050 plus for Bizアプリに番号登録をしてください。
    異なった組合せで設定を行った場合、IP電話モードと携帯電話モードで発信番号が異なってしまいます。

このページのトップへ

その他

共通

  • お客様が他のアプリケーションをインストールされた場合、アプリケーションの状態により、発信や着信及び通話が出来ない場合があります。
    なお、050 plus for Bizアプリと0035ビジネスモードアプリは併用できません。
  • ご利用のご案内は開通日前日までに到着します。

050 plus for Biz/050 plus W-mode

  • 一つの050番号/ID/PWを、複数のスマートフォン/Windows PCに設定してご利用可能ですが、設定したアプリが同時に起動している場合、後からIP電話サーバにRegist(認証)したアプリに着信するため、着信動作が不安定になる可能性があります。
    (同一の050番号/ID/PWを複数端末で使用する場合、どちらか一方のみを起動することをおすすめします)
  • 050 plus for Bizアプリで着信する際、発信者側へ識別音(“プップッ”)を聴取いただくことになります。
  • SMSは利用できません。

050 plus for Biz/050 plus W-mode(IP電話モード)

  • 通話中にハンドオーバーが発生した場合、通信の再接続を行うため一時的に無音となる場合があります。
  • 3G回線や無線LANの接続ネットワークに変更が生じた場合にIP電話の通話が切断されることがあります。
  • 通信状態によりIP電話から送出されるPB信号(プッシュボタン信号)が着信側で正しく認識されない場合があります。

050 plus for Biz

  • 本サービスで利用可能な音声通信は050番号及び内線番号によるIP電話通信のみになります。

050 plus W-mode

  • 050 plus W-modeは、フィーチャーフォンでもご利用が可能です。通話モードは携帯電話モードに限ります。
  • フィーチャーフォンをご利用の場合、050番号で着信するには、Webカスタマーコントロールより携帯電話等への転送設定が必要です。
    なお、上記設定により050番号に着信した通話は、ご契約者さま(ご契約企業さま)に転送通話料が発生します。
  • 携帯電話モードは、070/080/090から始まる番号の音声通話機能を持たない、または発着信ができない端末でのご利用はできません。

マニュアル

  • 事前設定を含むため、利用する際には必ずご確認ください。

このページのトップへ

免責事項等

共通

  • 機種によって画面の表示が異なる場合があります。
  • 一部ご利用になれない機種があります。
  • 当社電気通信設備の工事により、通信又は各種設定を行うことができない場合があります。
  • 本サービスの通話はNTTコミュニケーションズの各種割引サービス、または各電話会社が提供する割引サービスまたは無料通話利用分の対象外となります。

050 plus for Biz/050 plus W-mode

  • 050plus W-modeの対応端末は、各通信キャリアの音声契約が可能な端末となります。
  • 本サービスにおけるIP電話は、IP電話品質を保証するものではありません。
    また、お客様の端末環境を含む通信設備や利用形態、ネットワークの混雑状況等により、通話品質に影響が出る場合やIP電話で発信、着信および通話ができない場合があります。
  • 特定の端末について、アプリでの通話中に090/080/070への着信があった場合には、その端末に係る通信方式やインストールされたアプリケーション等の影響により090/080/070への着信が優先されアプリでの通話ができなくなることがあります。
    この場合、通話ができなくなった時から当社が通信を切断するまでの時間(最大で約170秒間)については通話時間として計算され、通話料金が発生します。

    ※ 2013年1月30日現在で当社が当該事象の発生を確認している特定の端末は次の通りです。 KDDI株式会社が提供する全ての端末

  • サイレントモードでもアプリケーションがフォアグラウンドで起動している場合には着信音が鳴動します。

    ※ 2013年1月30日現在で当社が当該事象の発生を確認している特定の端末は次のとおりです。 iPhone3GS、iPhone4、iPhone4S、iPhone5

  • 特定の端末について、通話中にアプリをバックグラウンドにすると、送話音声が数十秒間無音になることがあります。
    アプリを最前面に表示したままご利用していただくことを推奨します。

    ※ 2013年1月30日現在で当社が当該事象の発生を確認している特定の端末は次の通りです。
    パナソニック株式会社が提供するBizPad(Android 7型)JT-H580VTRGJ

  • 上記のほか、端末にインストールされた他のアプリケーションの影響等により通話できなくなった場合は、通話ができない状態になってから一定時間経過後に自動的に通信を切断いたします。
    この場合、通話ができなくなった時から通信が切断されるまでの時間については通話時間として計算され、通話料金が発生します。

このページのトップへ

モバイルIP電話の特性について、知っていただきたいことがあります。

このページのトップへ