Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

Global Management One
システム運用最前線

※以下は「Bizコンパス」に掲載された記事です。全文(続き)を読むには、会員登録(無料)の上ログインが必要です。

ビジネススピードを加速するIT基盤(第3回)
人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

 複数のクラウドサービスの利用やデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みの強化などで進む、企業のIT環境の高度化・複雑化。運用管理の対象となるシステムが増大する中、IT部門は全体最適化の観点も求められるようになっています。ある企業でクラウドの利用状況を把握する取り組みを行ったところ、管理部門で把握している10倍ものリソースを使っていたことが判明するという事例もありました。
 日本全体における労働力不足も看過できません。この先、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、定年を先延ばししても労働力としてカウントできなくなる「2025年問題」が待ち受けています。運用業務が高度化する一方で、対応できる人材の絶対数が限られてくることから、IT部門における運用人材の不足は深刻さを増しているのです。
 デジタルトランスフォーメーションをはじめとする新たな潮流に対応するために限られた人員を割り当てる必要があり、従来のような人手に頼った運用では、すぐに行き詰まってしまうでしょう。いま必要なのは「IT運用業務の改革」です。では、具体的にどのように取り組んでいけばいいのでしょうか。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

複雑化するシステム運用管理にどう対処すべきか
多忙な運用業務にさよなら!いま自動化がアツい理由

 いまや多くの企業の経営層や事業部門は、IT部門に対して、守りから攻めへ業務の軸足をシフトすべきと考えており、その思いは次第に強まりつつあるでしょう。しかしIT部門にとっては、「複雑化するシステムの運用に追われて手一杯」というのが本音ではないでしょうか。こうした状況の中でIT運用をアウトソースする企業が増えており、その選定条件となるのが「自動化への対応」です。現在、目覚ましい進化を遂げつつある運用プロセス自動化の最前線を、幾つかの事例を交えて紹介していきます。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

“現地まかせ”は被害発生の言い訳にならない!
海外拠点PCを“リスクの温床”にしない管理術

 いまや企業の規模や業態に関わらず、多くの日本企業が事業拡大に向けてグローバル展開を進めています。こうした企業の多くは、グローバルエリアでのガバナンス確立に向けて、事業の根幹となるシステム周辺の対策から着手することが多いようです。一方、システムにぶら下がる海外拠点PCの管理に関しては手付かずだったり、現地任せになっていたりするケースが少なくありません。実はここがリスクの温床となり、事業に甚大なダメージを及ぼす可能性があります。何から始めるべきか、どのような対策が効果的なのか、正しい管理ツールやサービスの選び方などをITマネジメントのプロが解説します。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

情シス部門必見!IT運用の自動化最前線(第1回)
IT運用は「アウトソース」から「スマートソース」へ

 クラウドや仮想化をはじめとした、テクノロジーの台頭により、自社システム運用の“守り”の領域は拡大する一方です。また、積極的なM&Aによりグローバル展開を加速するケースなどでは、より俊敏な“攻め”の対応がIT部門に求められます。こうした中で“守り”の運用をアウトソーシングする企業は少なくありません。ガ―トナー社はプレスリリースにおいて、「アウトソーシング戦略の巧拙が、将来にわたる企業のソーシング全体の成否を分けると、ガートナーでは確信しています。デジタル化のスピードを考えると、今後3年間の取り組みが本当の勝負となるでしょう」と述べています(※1)。

※1:ガートナー プレスリリース「ガートナー、2016年以降の日本におけるソーシングとITサービスの展望を発表」2015年12月9日発行

 

 IT部門が社内から称賛されるヒーローになるか、あるいは混乱を招くヒールになるかは、今後3年間が勝負と言えそうです。今回はIT部門をヒーローにする、プロセスの自動化を交えた新たな運用スタイルのトレンドに注目します。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

情シス部門必見!IT運用の自動化最前線(第2回)
成功事例からひも解く!IT運用自動化のポイントとは

 自動化はITの運用管理を最適化する有効な手段の一つ。しかし自動化ツールを導入すれば万事うまくいくわけではなく、自社のシステムを監視し、障害を検知して構造を深く理解した上で、組み込まないと意味をなさないものになることもあります。その一方でパートナーとの緊密な連携により生み出した自動化プロセスが、現在、さまざまな領域で実装されているのも事実です。今回は成功事例を紹介しながら、最前線の自動化実装のヒントを探っていきます。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

海外拠点において適切にIT環境を構築するために
盤石なITインフラとその運用体制確立を短期間に実現

 企業のグローバル展開が加速する中、海外拠点においてもITを最大限に活用することが求められています。しかし、その国の風土やビジネス環境に合わせて最適なIT環境を構築することは決して容易なことではありません。また拠点開設準備においては、IT構築に携わるスタッフの数も限られています。現在タイにおいて新しい銀行の開設準備を進めている三井住友信託銀行は、どのような考え方や手法で数多くの課題を克服したのでしょうか。

全文(続き)を読む(「Bizコンパス」へ遷移します)

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ