Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

メールサーバー運用のお困りごとならお任せください!!NTTコミュニケーションズのサーバーソリューション『メール強化セット』

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせはこちら

こんなケースでお悩みではありませんか?

メール保管は個人任せ メール容量の管理が手間 メールとWebを共用サーバーで利用

NTTコミュニケーションズがまとめて解決!

1.送受信メール全てを「アーカイブ(保管)」できる! 2.送受信メール全てを容量無制限で「アーカイブ(保存管理)」できる! 3.万一のサーバーダウン時に「リスク分散」ができる!

2つの「できる」

①サーバー2台の使い分けで「リスク分散」ができる!

どんなメリット?
  • ●Webサーバーとメールサーバーが分かれているから、トラブル時のリスクが減少

サーバー共用型の場合、Webサイトにアクセス集中する時間帯にメールが送れない、メール送受信に遅延が生じるなど、業務への影響もリスクとして捉えておきたいですね。

②メールボックスの容量を「アカウント毎に固定で割り当て*1」できる!

どんなメリット?
  • ●容量オーバーの回避など、管理者の稼働負担を削減
  • ●管理者の定めたディスク容量に達すると警告メールが自動配信される

メールボックスを利用者共用で利用されている場合、個人ごとの容量把握ができず、容量超過でメール送受信ができなくなってから管理者が慌てるケースも!あらかじめ利用者の容量が固定で割り当てでき、容量がひっ迫すると警告メールが自動配信されるため、 容量オーバー回避もスムーズに対応可能です。

*1ドメイン単位でアカウントに割り当てる容量を選択(100MB,3GB,10GB)

サービス提供イメージ

Webサーバー、メールサーバー、DNSサーバーのいずれも、専用のコントロールパネルから簡単にアクセス、
管理できます。

サービス提供イメージ

ご利用料金例

●『Bizメール&ウェブ メール強化セット』料金例

ご利用プラン 月額利用料
(5年ご契約の場合)

Web:Bizメール&ウェブ ビジネス ライト 40GBプラン
メール:Enterprise Mail(10ID)
    メールボックス容量 3GB
    DNSオプション付

5,323円 税込

その他お客さまのご利用年数、ご要望に応じた料金プランもございます。
お気軽にお問い合わせください。

お申し込みから利用開始まで

お申し込みから利用開始まで

はじめてでも安心!お申し込みからサービス利用開始まで手順のご案内や設定に関してサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせはこちら

このページのトップへ