Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

Enterprise Cloud

ベアメタルサーバー

Enterprise Cloud 2.0のベアメタルサーバーについてご説明します。
従量課金でオンデマンドに利用できる物理サーバーサービスです。

特長・メリット

  • 高性能な物理サーバーをオンデマンド&分単位の月額上限付き従量課金で利用できます。
  • 高性能なデータベースや物理サーバー専用ライセンスの利用に適しています。
お客さま専有環境(物理サーバー)

利用シーン

システム運用プロセスを変更せずクラウドへ拡張・移行を実現

  • 非仮想化が必須のシステムや大量にメモリを消費する解析処理に利用
  • 複数のハイパーバイザー(VMware vSphere 、Hyper-V)環境をクラウドでも利用
  • <Before>
    BEFORE オンプレミス
  • <After>
    BEFORE オンプレミス

サービス仕様・料金

フレーバー(プラン)一覧とスペック

フレーバー(プラン)およびそのスペックについて、以下のページでご説明しています。
 

利用可能なOS一覧

ベアメタルサーバー上で利用できるOSについて、以下のページでご説明しています。
 

料金

ベアメタルサーバーの料金について、以下でご紹介しています。また、見積もりシミュレーターにより料金を試算できます。

料金体系および提供拠点など

時間単位の従量課金で提供されます。また、リージョンごとの提供状況や運用に関しては以下をご覧ください。

提供条件

最低利用期間の定めはありません。その他、提供条件について詳しくは以下をご覧ください。
 

もっと詳しく:専有型物理サーバー「ベアメタルサーバー」

ベアメタルサーバーとは

オンデマンドに物理サーバー+OSを作成できるクラウドのことです。サーバー故障などハードウェア側の対応はサービス側で対応し、お客さまは、IP-secでIPMIにアクセスしてオンプレミスと同様、自由に利用できます。
ネットワーク/セキュリティ設計*の変更を行うことなく、クラウド上にオンプレミスと同様の環境を構築することができます。

*64vLANまで

ベアメタルサーバーを利用するメリット

1.既存オンプレミス環境の運用管理のために行った投資の継続活用
オンプレミスにおいてVMware/Microsoft仮想環境での既存の運用プロセスや運用習熟したツールの活用を継続できます。

< NTT Com Enterprise Cloudのご提供構成例>

  • ■ ベアメタルクラウドでオンプレミスと同様の運用プロセスを実現
  • ■ インフラ基盤(ハードウェア/コロケ等)のオペレーションコスト削減、vSphereのバージョンアップによる効率化により、運用コスト20%以上減
  • ■ また、マネージドセキュリティサービスでセキュリティ運用をアウトソース
Before:本社(オンプレ) vSphere 5.0(物理サーバー) → VMDK  Veeam を活用しマイグレーション After:Enterprise Cloud  VMDKファイルサーバー vSphere 6.0(ベアメタルサーバー) + WIDEANGLE(マネージドセキュリティサービス) Arcstar Universal One(VPNネットワーク)

2.オンプレミスシステム リソース枯渇時のクラウドへの拡張やディザスタリカバリ
事業環境の変動に合わせたコスト最適化/アセットライト/DR対応を実現できます。

< NTT Com Enterprise Cloudのご提供構成例>

  • ■ オンプレシステムのvCenterとベアメタルクラウドのvCenterをリンクモードで接続し、統合管理
  • ■ NSX(VMware仮想ネットワーク)を活用し、オンプレミスのL2ネットワーク/マイクロセグメンテーション(VMware社のセキュリティ機能)をベアメタルクラウドに延伸
  • ■ データセンター間ネットワークを活用し、低コストかつ VMware Site Recovery Manager(SRM) で高可用性システム環境を構築
Before:DC(オンプレ)vSphere 6.0(物理サーバー)→ ESXiサーバー作成 After:(関東)→(関西) SRMレプリケーション  SD-Exchange  vSphere 6.0(ベアメタルサーバー)

3.Oracleなどライセンスの問題やセキュリティなど、仮想環境を利用できないソフトウェアを含めたクラウド移行
アプリケーションのライセンス/セキュリティ要件などにより、物理サーバーでのみ運用が許されているソフトウェアを含め、ワンストップにクラウド化を実現できます。

< NTT Com Enterprise Cloudのご提供構成例>

  • ■ 仮想サーバー上に情報系システム、ベアメタルクラウドにSAP系を含めた可用性を重視する業務システムを構築
  • ■ マネージドセキュリティサービス(SOC含む)を組み合わせ、構築/設計から運用までのトータルソリューションとして提供
Before:DC(オンプレ)→ データバックアップ・移行 After:Enterpeise Cloud Arcstar Universal One(VPNネットワーク)

このページのトップへ