Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Cloudn

第27回
クラウド・エヌ勉強会

 

seminar0120

Cloudn勉強会では、Cloudnの活用方法、最新サービスのご紹介など、Cloudnを活用してビジネスを活性化するためのTipsを毎回テーマを絞ってご紹介して参ります。

定員に達したため、
受付を締め切らせて頂きました。

第27回 Cloudn 勉強会
M2M、IoT、スマートマシンでクラウドの利点を最大限利用する活用術についてご紹介

今回のテーマ

内容

『第27回 クラウド・エヌ(Cloudn)勉強会』の開催が決定しましたので、ご案内させていただきます。

今回のテーマは…

人工知能(AI)を実装したロボット、ドローン、自動運転車などに代表される自律的に行動する「スマートマシン」の領域に注目が集まっています。
「スマートマシン」の今後の展望と、その基盤となるクラウドの役割について、解説します。


その2:『IoTに不可欠なクラウド技術の最前線』

クラウドをIoTのITインフラとして見た場合、クラウドには数多くの利点がある一方、クラウドならではの弱点もあります。
今回は、具体的な事例を元に、クラウドの弱点をカバーする技術的な対策の例を解説します。
ドイツの製造業界で進む「Industry4.0」を解説し、日本の製造業界コミュニティーである「Virtual Engineering Community(VEC)」で検討が進んでいる「Industry 4.1J」の技術にも触れます。


その3:『クラウド・エヌを利用したM2Mデータの収集・活用事例のご紹介』

エネルギー/インフラ監視、家電メンテナンス、健康管理等の分野でM2Mデータの収集や活用は特にニーズが高まっています。
 クラウド・エヌを活用し、M2Mデータの収集/解析/利活用として、実験を行った事例についてご紹介します。

開催概要

日時 2015年11月5日(木)14:30-16:20(開場 14:10)
対象者 Cloudnを導入中もしくは導入を検討されている
情報システム担当者、開発担当者、サービス事業者、パートナー様 など
※競合会社の場合、お断りする場合がございます。
募集定員 30名40名60名(定員拡大!)
参加費 無料(事前登録制)
※受付完了メールは、開催前日までに配信します。
会場

NTTコミュニケーションズ
 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング11F
 NTTコミュニケーションズ プレゼンテーションルーム

アクセスについて

◆[1]浜松町駅・・・JR山手線・京浜東北線(北口)・東京モノレール(中央口改札)/下車徒歩2分

◆[2]大門 駅・・・都営大江戸線・浅草線(B1出口)/下車徒歩3分

プログラム(予定) ■14:30-14:35  開催概要説明  
■14:35-15:10  1. 『「スマートマシン」の展望とクラウドの役割』
■15:10-15:20  休憩
■15:20-15:50  2. 『IoTに不可欠なクラウド技術の最前線』
■15:50-16:10  3. 『クラウド・エヌを利用したM2Mデータの収集・活用事例のご紹介』
■16:10-16:20  質疑応答
主催 NTTコミュニケーションズ株式会社

定員に達したため、
受付を締め切らせて頂きました。

このページのトップへ