Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Cloudn

第22回
クラウド・エヌ勉強会

 

seminar0120

Cloudn勉強会では、Cloudnの活用方法、最新サービスのご紹介など、Cloudnを活用してビジネスを活性化するためのTipsを毎回テーマを絞ってご紹介して参ります。

Cloudn勉強会のお申し込みはこちら

お申し込み受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

第27回 Cloudn 勉強会
CloudnのLoggingの使い方やDockerを導入した開発環境管理方法など、事例を含めご紹介

今回のテーマ

内容

『第22回 NTTCom Cloudn 勉強会』の開催が決定しましたのでご案内させていただきます。

今回のテーマは…

その1:『Cloudnのサービスラインナップとお知らせ』

Cloudnサービスのご紹介など、Cloudnの最新情報をお知らせします。


その2:『有効なLoggingの使い方!』

KibanaとElasticsearchを活用したサービス「Cloudn Logging」について
効果的な利用方法をご紹介します。


その3:『CloudnにおけるDockerを利用した開発環境管理』

コガソフトウェア様で提供している介護事業者様向けサービス「ケアサポーター」
の開発では、Cloudn上に構築したVMにDockerを導入して運用をしており、
開発環境管理に関する課題を、Cloudn+Dockerを用いてどう解決したか、実例にてご紹介します。

開催概要

日時 2015年3月5日(木)15:30-17:15(開場 15:10)
対象者 Cloudnを導入中もしくは導入を検討されている
情報システム担当者、開発担当者、サービス事業者、パートナー様 など
※競合会社の場合、お断りする場合がございます。
募集定員 30名
参加費 無料(事前登録制)
※受付完了メールは、開催前日までに配信します。
会場

NTTコミュニケーションズ
 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング11F
 NTTコミュニケーションズ プレゼンテーションルーム

アクセスについて
◆[1]浜松町駅・・・JR山手線・京浜東北線(北口)・東京モノレール(中央口改札)/下車徒歩2分
◆[2]大門 駅・・・都営大江戸線・浅草線(B1出口)/下車徒歩3分

プログラム(予定) ■15:30-15:35 開催概要説明
■15:35-15:55 1. Cloudnのサービスラインナップとお知らせ
■15:55-16:25 2.有効なLoggingの使い方!
■16:25-16:35 休憩
■16:35-17:05 3.CloudnにおけるDockerを利用した開発環境管理
■17:05-17:15 質疑応答
主催 NTTコミュニケーションズ株式会社

このページのトップへ