Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_cloud

Cloudn

Relational Database
(RDB)

 

特長
提供機能
技術情報
料金

特長

リレーショナルデータベース(MySQL)を簡単にセットアップ、運用、拡張することできます。これにより、手間のかかるデータベース管理からお客様を解放し、柔軟に規模の変更が可能な機能を安価に提供します。これにより、お客様はアプリケーション開発やビジネスに集中することができます。

POINT 1手間のかかるリレーショナルデータベースの管理・運用を簡単・安価に提供。

  • データ転送量やI/O料金も無料で提供。

POINT 2Multi-Zone 構成によるミラーリングにより高い可用性・信頼性を実現。

  • Multi-Zone 構成を選択した場合、MasterとSubMasterの2つのDBインスタンスが自動デプロイされ、常に同期し最新の状態を保持します。
  • Single-Zone構成も可能です。

POINT 3自動バックアップにより、お客様が設定した特定時点へのデータ復旧が可能。

  • 自動バックアップはフルバックアップと差分バックアップを自動取得して、指定された保持期間、堅牢性99.999999999%(eleven-nine)のCloudn Object Storage に格納します。
  • 最大5分前まで保持期間内の任意の時点にDBインスタンスを復元可能。
rdb-img01

提供機能

提供機能一覧

RDBについては下記の提供機能がご利用可能となります。

機能 / 名称 内容 / 説明
自動デプロイ GUIまたはAPI経由で、DBインスタンス(MySQL)を自動的にデプロイします。
1つのDBインスタンスを、Region内の指定されたZoneに配備するSingle-Zone構成、もしくは、2つのDBインスタンスを、Region内の異なる2つのZoneに配備するMulti-Zone構成、のいづれかが選択できます。
Multi-Zone配備 Multi-Zone配備として実行すると、2つのDBインスタンスを異なるZoneにデプロイします。MasterとSubMasterの2つのDBインスタンスは、常に同期して最新状態が保たれます。
推奨パラメータ DBインスタンスの各種パラメータおよび設定値は、選択されたDBインスタンスクラスに対応した、弊社推奨値に設定されています。
自動バックアップ ご利用者様が指定された保持期間、自動バックアップを取得してCloudn Object Storageに格納します。
(※自動バックアップの保持期間は、0日から35日までの間、日単位で設定できます。)
ポイントインタイムリカバリ お客様の指定時刻にさかのぼって、自動バックアップデータからDBを復元させることが可能です。
最大5分前まで保持期間内の任意の時点にDBインスタンスを復元させることができます。
耐障害性 Multi-Zone構成:
計画的なDBメンテナンス、DBインスタンス障害、または Zone障害等が発生した場合、自動的にSubMasterに対してフェイルオーバーを行い、手動操作を伴わずに速やかにDBを再開できます。
DBリソースのスケーリング GUIまたはAPI経由で、起動中のDBインスタンスのComputeリソース(CPUおよびメモリ)を縮小・拡張する事ができます。また、ストレージ容量を増量させる場合は、Multi-Zone構成であればDBを稼働させたまま追加ストレージを配備する事が可能です。なお、ストレージ容量の縮小には対応していません。
モニタリングとメトリックス Cloudn Monitoring を通じて、DB インスタンスの主要動作メトリックスを確認可能です。

サービス仕様

Relational Database(RDB)のサービス仕様は下記になります。

提供エンジン MySQL 5.5.28
DBサーバープラン vDB1 vDB2 vDB4 vDB8
CPU 1vCPU 2vCPU 4vCPU 8vCPU
メモリ 2GB 4GB 8GB 16GB
作成可能数 20台まで
DBストレージプラン DB Disk30 DB Disk100 DB Disk300
容量 30GB 100GB 300GB

※ 作成可能なDBインスタンス数(Master DB)は、1ユーザあたり20台まで(Multi-Zone選択した場合に作成されるSubMasterは上限数には含まれません。)

※ Oracle、MS-SQL、PostgreSQL には対応しておりません。

※ DBストレージは、DBインスタンス1つにつき、1つ選択可能です。

※ DBインスタンスは、プラン変更が可能です。また、DBストレージサイズは、スケールアップが可能です。

※ DBデータディスクを30GBから100GBへ増量することはできますが、30GBや100GBから300GBへ増量することはできません。

API

Relational Database (RDB)のAPI機能はこちらに掲載しています。

技術情報

Relational Database (RDB)のご利用方法に関するマニュアルはこちらに掲載しています。

料金

Relational Database (RDB)の料金についてご説明します。

このページのトップへ