Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

メディアマート株式会社

  • Cloudnはデータ転送料が無料で、複数データセンターへの負荷分散が可能
  • NTTコミュニケーションズならではの「高度な回線品質」と、「サービスの安定稼働」が魅力

Cloudn

メディアマート株式会社

世界のどこからでも、スマホから社内システムにアクセスできる『クラウドスマートゲート』のプラットフォームは国産のCloudn

「エンジニアリング事業」、「セールスサービス事業」、「クラウド事業」の三本柱で事業を展開するメディアマート株式会社。2014年8月から、「クラウド事業」の一角をになう『クラウドスマートゲート(CloudSmartGate)』サービスの提供を開始し、既に大手企業にもご利用されています。順調にビジネスを拡大している秘訣について、技術統括の加藤賢哉さまを中心にお話を伺いました。

メディアマート株式会社
技術統括 加藤賢哉氏を中心にお話を伺いました

まず始めに、御社の事業についてお聞かせください。

加藤氏:
メディアマートは、「エンジニアリング事業」、「セールスサービス事業」、「クラウド事業」の三本柱で事業を行っています。「エンジニアリング事業」は、簡単に言えば、システムベンダーーやエンドユーザーがPCやサーバーを導入する際の設定業務を請け負う事業です。
「セールスサービス事業」もビジネスプロセスアウトソーシングの一種で、サーバー構成などの煩雑な作業や、会社の中で行う営業(ISR)のアウトソースを請け負っています。
3つ目の「クラウド事業」には、クラウドPBXのサービスと『クラウドスマートゲート(CloudSmartGate)』というクラウド統合認証基盤サービスがあり、今は、この統合認証基盤サービスでNTTコミュニケーションズのCloudnを利用しています。
case09_smartgatelogo

『クラウドスマートゲート(CloudSmartGate)』とは、具体的にどのようなサービスですか。

加藤氏:
スマートフォンやタブレットなどからクラウドゲートウェイを介して、社内システムに安全にアクセスできる認証基盤のサービスです。認証サーバーはクラウド上に用意されているので、新たにハードウェアを用意する必要はなく、安価に利用することができるといったメリットもあります。
case09_img02

運用のプラットフォームとして、Cloudnを選定された際のポイントをお聞かせください。

加藤氏:
まず、国内・海外のベンダーを問わず、いくつかのパブリッククラウドサービスを利用してみました。その中で、Cloudnに一番メリットを感じたのは、データ転送料が無料だったことですね。運用コストに不確定な要素があると、社内稟議が通らないこともあるので、評価のポイントとしてこの部分がとても重要でした。お客さまの利用状況は正確にはわかりませんが、画像が大量に転送されているようなので、もし転送料が有料だったら、かなりの追加料金が必要になっていたのではないかと思います。

次に、1つのロードバランサで複数のデータセンターへの負荷分散が可能なことが選定の大きな要因です。ほとんどのクラウドサービスでは対応していません。システムダウンを起こしてはならないサービスを運用するには、このようなデータセンターの負荷分散対応が不可欠です。最終的には国産サービスであるCloudnの安全・安心を評価し採用しました。
また、お客さまに説明をする際にも、「NTTコミュニケーションズが運営しているクラウドサービス基盤を利用しています」と言うと、すぐに納得してもらえるというメリットもあります。

実際に利用してみて、使い勝手などはいかがですか。

加藤氏:
サポートの対応が真摯に対応していただけていると思っています。また、安価なサービスであるにも関わらず、融通を利かせてもらえるという点もよいと思います。前もって案内があるため運用対応するための日程調整が可能になります。
中野内氏:
私自身、今回初めてクラウドのサービスを構築したのですが、やってみるとクラウドで管理したほうが楽だと感じました。オンプレミスの場合は、故障時にサーバーのある場所まで行って作業することになりますが、クラウドの場合は、当社とNTTコミュニケーションズの業務の切り分けができるので、対応スピードが早くなったと思います。また、故障に備えてどのような対策が必要かを事前に考えるようになるなど、故障対応の考え方も変わってきたと感じます。

最後に、今後のCloudnを活用のご予定をお聞かせください。

加藤氏:
『クラウドスマートゲート(CloudSmartGate)』に続くような、クラウド分野でのインテグレーションサービスを展開する構想があります。ちょうど今、クラウドバックアップ関連や、DR対応のハイブリッドクラウド版のファイルサーバーソリューションなどの新しいプロダクトをつくり始めているのですが、その基盤としてもCloudnの安価な回線利用料、データ転送料無料というのは、大きなメリットになりますね。今後も積極的に活用したいと思っています。
メディアマート株式会社

メディアマート株式会社

事業内容

システム開発、ネットワーク構築、システム保守全般、 コンピュータ・周辺機器に関する販売、 マーケティング活動に関する代行業務全般、 電気通信事業 届出番号A-23-12100、 一般労働者派遣事業 般13-01-0954、 特定労働者派遣事業、 有料職業紹介業 03-01-ユ-0821、 古物営業に関する業務 第301000405914号、 前各号に付随する一切の事業

http://mediamart.jp/

このページのトップへ