Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

株式会社エーピーコミュニケーションズ

  • 他社クラウドサービス(IaaS)からCloudn サービス(PaaS)に移行することで、コスト圧縮&ミドルウェアを含めた運用自動化を実現!
  • Cloudn PaaSによるOSからミドルウェアまでの運用自動化でお客様に提供できるサービスレベルも向上

Cloudn

株式会社エーピーコミュニケーションズ

「いつもの印刷をiPadで。『PrinPad』」

インフラやネットワークを中心に、上流コンサルから運用までをワンストップで提供する株式会社エーピーコミュニケーションズのTDL事業部 システム開発部 井上氏に、同社で提供している「いつもの印刷をiPadで。『PrinPad』」におけるCloudn導入の背景と活用方法についお話を伺いました。

株式会社エーピーコミュニケーションズ
TDL事業部 システム開発部

井上氏

他社クラウドサービス(IaaS)からCloudnサービス(PaaS)に移行することで、
コスト圧縮&ミドルウェアを含めた運用自動化を実現!

御社の事業内容について教えてください。

井上氏:
株式会社エーピーコミュニケーションズは、インフラやネットワークを中心に、上流のコンサルティングから運用までワンストップで提供しています。エンジニア中心で、営業がおらず、クチコミでお客さまが増えています。
プライム案件を手がけており、プライムだからお客さまのご要望を直接お伺いし、エンジニアがお客さまの要望に対して紳士に向き合い、エンジニアの発想で直接解決できるのが、自社の強みになっています。
導入事例では、旅行会社系企業様や教育系企業様などのシステムを手がけています。また、動画の配信プラットフォームも多くのお客さまにご利用いただいています。アンドロイドOSをベースとしたスマートフォンやタブレット向けのサービス開発も強みです。
その中でも今回ご紹介する「PrinPad」については、紙の便利さをそのままにタブレット端末を有効活用し、紙と同じようにタブレットを使うことができるサービスとなります。紙資源の削減につながるだけでなく、情報を瞬時に共有することができるので、会議をよりスムーズに進めることが可能となります。

今回、この「PrinPad」の基盤としてCloudnを採用頂いておりますが、 ご検討された経緯について教えてください。

井上氏:
もともと「PrinPad」については、他社のクラウドサービス(IaaS)を用いて構築をしていましたが、さらなる基盤の費用削減やサーバーの運用費用を削減したいと考えていました。Cloudn基盤を利用することで、ランニングコストを削減できるのではないかと考え、サービス提供基盤として検討することを考えました。実際には、現状、想定以上にランニングコストを削減することができました。
PrinPad_image

CloudnPaaSによるOSからミドルウェアまでの運用自動化で
お客さまに提供できるサービスレベルも向上

Cloudnを採用頂いた結果、実際の導入効果はどうでしょうか?

井上氏:
Cloudnを導入したことによる効果は、大きく2点あります。1点目は、さきほども申し上げた基盤のランニングコストの大幅な削減効果です。こちらについては、従来から利用していた他社クラウドサービスの「IaaSサービス」からCloudnの「PaaSサービス」に移行することでお客さまへの提供価格をさらに安くすることが可能となりました。従来のPrinPadの費用構成は、Webサーバー、DBサーバー、OCR・メールサーバー、Storageサーバーという計4台の仮想サーバー費用とデータ転送量費用、さらに弊社で実施するサーバー運用費用(4台分)というものでした。この構成をCloudnサービスのPaaS、RDB、Compute、ObjectStorageというサービスで置き換えて構成したところ、「Cloudnの各サービスの価格の安さ」「サーバー運用費用4台分が1台分に圧縮」、「全体費用で大きなウェイトを占めていたデータ転送量が無料」になること、全体として従来コストの半額で運用可能となりました。もともと、PrinPadについてはサービスの特性上PDFやWordなどのファイルデータの情報をサーバー側に大量に転送しデータ転送量が読めなかったので、転送量の費用0円のCloudnは非常にPrinPadにマッチしていると思います。
case06_zu02
井上氏:
さらにPaaSについては、OSからミドルウェアまでの運用が自動化されているため24H365での運用自動化が可能なので、弊社からお客さまに提供できるサービスレベルも向上するというメリットもあります。

Cloudnへの移行作業はどうだったでしょうか?

井上氏:
移行作業については特に問題なく実施できました。特にPaaSについては、Rubyで作成したアプリケーションをそのままデプロイできるため、非常にスムーズに移行できました。

それでは最後に今後Cloudnサービスに期待することを教えてください。

井上氏:
エーピーコミュニケーションズは、今後アジアでのサービス展開を強化し、数年でアジアのシェアを伸ばしていきたいと考えています。そのため、NTTコミュニケーションズのCloudnPaaS環境も世界中のデータセンターから利用できるようにサービス提供してほしいと考えております。
株式会社エーピーコミュニケーションズ

株式会社エーピーコミュニケーションズ

事業内容

■ネットワーク/サーバ、インフラの設計・構築・運用・保守・運用設計
■SIのプロジェクトマネージメント
■上流工程の経営戦略コンサルティング

http://www.ap-com.co.jp/

このページのトップへ