Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

株式会社クロスリスティング

  • 新サービスリリースに伴う、オンプレミス調達で遊休リソースの存在が無視できない状態に!
  • 時間帯や、注目のニュースなどで大きく変動するブラウザーによるトラフィックにはクラウド環境がフィット!

Cloudn

株式会社クロスリスティング

「検索連動型広告サービス『レモーラリスティング』等の広告配信システムで採用」

リスティング広告およびディレクトリ登録審査、キーワード検索数調査ツールなど、「検索」を中心としたデジタルマーケティングのサービスを提供する株式会社クロスリスティング 事業戦略室 ディレクター磯氏、マネージャー岡野氏、鶴見氏にCloudn導入の背景とクラウド活用についてお話を伺いました。

株式会社クロスリスティング
左から 

岡野氏、鶴見氏、磯氏

新サービスリリースに伴う、オンプレミス調達で
遊休リソースの存在が無視できない状態に!

事業概要を教えてください。

岡野氏、
鶴見氏:
弊社では、リスティング広告やディレクトリ登録審査、キーワード検索数調査ツールなど、「検索」を中心としたデジタルマーケティングのサービスを提供しています。

クラウドサービスの検討をした背景について教えてください。

磯氏:
弊社では、サービスを支えるシステムプラットフォームは、基本的に自社でプログラムの開発、サーバー調達を行い、データセンターにハウジングするという方法で構築しています。広告配信はレスポンスタイムが重視されるサービスですので、すべてを自分たちでコントロールできる、オンプレミス環境は重要なのですが、新サービスのリリース時にどうしても必要となるサーバーや回線調達のリードタイムや、予測される最大トラフィックに合わせた調達によって発生する遊休リソースの存在が無視できない状態になってきました。 そのため、サービスの開発・提供にあたって、早期に実運用と同等なミニマムな環境を構築でき、トラフィック状況に合わせて柔軟にシステムリソースの調整ができるよう、クラウドサービス導入の検討を始めました。

最終的に弊社のBizホスティング Cloudnを採用した背景について教えてください。

磯氏:
弊社では、システムのパフォーマンスを極限まで引き出すために、各種プログラムはもちろんのこと、OSについてもカーネル再構築を含むカスタマイズを行って環境を構築しています。これらの最適化されたOSイメージも持ち込み可能で、仮想サーバーの仕様に癖が無く、性能が予測できるクラウドサービス事業者を探していました。Cloudnの場合、OSテンプレートの持ち込みなどカスタマイズの自由度が高いこと、仮想サーバーがKVMベースの素直なものである所にメリットを感じました。

また、仮想サーバーサービスの従量+固定という課金体系もわかりやすく、ネットワーク転送にかかる費用が無料であるなど、コストが予測しやすい点も評価しています。インターネットとのトラフィックについての実測帯域も安定しており、総合的に判断して、Cloudnを採用することを決めました。
case03_img02

時間帯や、注目のニュースなどで大きく変動する
ブラウザートラフィックにはクラウド環境がフィット!

実際にCloudnどのような用途で使われているのでしょうか?

磯氏:
広告配信システムのフロントエンドを中心に利用しています。広告配信システムは、媒体社様やパートナー企業様のサーバーシステムと直接通信するものと、インターネットユーザーのブラウザーと通信するものの2つに大別されますが、このうちユーザーのブラウザーと直接通信する部分がメインです。

ブラウザーによるトラフィックは時間帯や、注目されるニュースが出た時などで大きく変動する性質があるので、システムリソースを柔軟に調整できるクラウド環境にフィットしています。2013年3月時点でCloudn上ではいくつかのサービスのフロントエンドを配置しており、月あたり10億トランザクションを超える処理を行っています。

データの分析、広告配信にともなう課金管理などのバックエンドシステムは、データセンターに置いたオンプレミスのシステムで処理しています。クラウドとオンプレミスの使い分けをうまく行うことで、システム全体の投資最適化を含むパフォーマンス向上ができました。

今後の展開について教えてください。

磯氏:
今後、ビジネスを拡大していく過程においても、実験システム構築や、新規サービスの初期展開など、システムリソースに対する柔軟性が重要視される場面において、積極的にCloudnを利用していきたいと考えています。
株式会社クロスリスティング

株式会社クロスリスティング

事業内容

情報提供サービス リスティング広告およびディレクトリ登録審査、キーワード検索数調査ツールなど、「検索」を中心としたデジタルマーケティングのサービスを提供

http://www.xlisting.co.jp/index.html

このページのトップへ