Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_appserv

Biz安否確認/一斉通報

機能

安否確認機能
一斉通報機能
新型インフルエンザ
状況確認
掲示板機能
便利な機能
スマートフォンアプリ
有料オプション

安否確認 利用の流れと機能

安否確認機能では、地震やその他自然災害が発生した有事の際に、社員の安否状況を確認します。安否登録が行われるまで複数の連絡手段を使って社員に登録を 依頼し、登録漏れを防止します。また、PCだけでなく携帯電話やスマートフォンからも安否登録依頼や集計状況の確認ができるため、ご利用場所を選びませ ん。

安否確認の流れ イメージ図

手順1.地震情報を管理者に配信します

手順1.地震情報を管理者に配信します

一般財団法人日本気象協会の地震情報を管理者に連絡します。(初動サポート機能)

地震が発生したら、震度情報と発生地域を管理者の方にメール連絡します。
受け取る地震の大きさは震度4~震度6強の間で予め決めておくことができるので、余計な情報は配信されません。

手順2.安否サービスを自動で起動し、安否状況登録依頼を自動で発信します

自動で安否確認登録依頼を実施します。(初動サポート機能)

システムから自動で安否確認の登録依頼を利用者のみなさまに配信するので、管理者の手間がかかりません。
登録依頼を実施する地震の大きさは、お申込みいただくときに震度4~震度6強の間で決めていただくことができます。

手順3.利用者は安否状況を登録します

被災地の社員が安否状況、出社可否を報告します。メールから安否登録画面にとび、安否状況を登録します。電話での連絡の場合は、読み上げられるメッセージを聞き、プッシュボタンで状況を登録します。

利用者個人個人に専用の安否状況登録画面を用意します。

各利用者一人一人に専用の状況登録画面を用意しますので、メールや電話の回線が混雑しているときも、インターネット画面上で安否サービスにログインすることで、スムーズに状況登録をすることができます。

便利!

スマートフォンアプリからも回答が可能です。 スマートフォンのプッシュ通知を利用し、メール・電話とは別に、リアルタイム性の高い通知が可能です。

通知、ポップアップ通知、アプリ起動、アプリが起動しダイアログ表示ダイアログの安否登録を押下し登録画面へ遷移、登録画面、メールの場合と同じ登録画面

手順4.利用者の安否状況を確認します

自動で利用者の登録状況を集計し、状況を数字で把握することができます。

利用者の方からの回答は、システムが自動で集計します。
管理者の方は、無事と回答した人や出社可能な人の数を部署やグループごとなどで確認することができます。
CSVで情報をダウンロードすることもできるので、被害状況を報告書にまとめるのにも便利です。

豊富な検索機能で、必要な情報を確認できます。

利用者の方からの回答を一覧で確認する際には、豊富な検索機能で知りたい情報だけを検索することができます。所属組織やグループだけでなく回答ごとにも検索できるので、例えば、無事と答えた人のみを抽出して確認することができます。

便利!

スマートフォンの位置情報取得機能(GPSなど)を利用し、各利用者の位置情報を取得し、管理者画面から確認することができます。

各スマートフォン利用者の位置情報も取得可能になりました。

手順5.利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます

利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます。

利用者に対して、一斉に二次連絡する機能もございます。
例えば、上記機能4の検索機能を使って出社可能と答えた人のみを抽出し、 その方々に対して出社時間や場所を連絡することができます。

手順5.利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

スマートフォンや携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます。利用者は、スマートフォンや携帯電話から自身の状況を登録することができます。ま た、管理者は利用者への連絡や登録状況の確認など様々な機能をスマートフォンや携帯電話からもご利用いただくことができます。

一斉通報 利用の流れと機能

一斉通報機能では、社員への緊急連絡や指示、一斉配信を行い、また、その回答結果や返信状況の確認をします。周知内容や質問内容、その回答選択肢を自由に設定できるので、有事の際はもちろん、日常時にも幅広くご利用できます。

一斉通報機能 利用の流れ

安否確認サービス「Biz安否確認/一斉通報」_一斉通報の流れ イメージ図

手順1.一斉に連絡事項を配信します

送信メッセージや質問・回答を自由に編集して送信ができるので、普段の連絡網にも使えます。

日常業務や災害時に連絡事項と質問・回答を自由に記入して、一斉連絡していただくことができます。

<活用例>
・トラブル発生時の関係者緊急招集
・アンケート、意見照会
・毎朝の健康確認(飲食業、介護業、教育業など)
・イベントなどの出欠確認

送り先を自由に設定できます。
(組織だけでなく、グループ単位や個人単位も設定可能)

連絡事項は利用者全員に送ることもできますし、限定した対象者にのみ送ることもできます。限定の単位は個人単位の他に、組織単位、グループ単位、地域単位など様々な単位で対象者を絞り込むことができます。

手順2.利用者は、連絡内容を確認し、質問に回答します

利用者には連絡事項が届いたことが電話またはメールで通知されます。届いた連絡事項を確認し、質問がある場合は設定された選択肢のなかから当てはまるもの を選択して回答します。回答にはコメント欄もございますので、選択肢に対する回答の他に、メッセージも自由に記入して回答することができます。

手順3.回答内容を確認します

回答を一覧で確認することができるので、回答の管理が簡単です。

利用者には連絡事項が届いたことが電話またはメールで通知されます。届いた連絡事項を確認 し、質問がある場合は設定された選択肢のなかから当てはまるものを選択して回答します。回答にはコメント欄もございますので、選択肢に対する回答の他に、 メッセージも自由に記入して回答することができます。

豊富な検索機能で必要な情報だけを確認することができます。

回答は一覧で確認できるだけでなく、豊富な検索機能を使って必要な角度から回答結果を確認することができます。回答の結果ごとでの確認のほかに、所属組織やグループでの絞り込みもすることができます。

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

スマートフォンや携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます。利用者は、スマートフォンや携帯電話から自身の状況を登録することができます。ま た、管理者は利用者への連絡や登録状況の確認など様々な機能をスマートフォンや携帯電話からもご利用いただくことができます。

新型インフルエンザ 利用の流れと機能

新型インフルエンザやMERS発生時などに、複数の連絡手段を使って社員に状況確認を行います。社員への質問事項を随時変えられるため、そのときの状況に合わせた確認ができます。

 

新型インフルエンザ機能 利用の流れ

安否確認サービス「Biz安否確認 /一斉通報の感染状況確認の流れ イメージ図

手順1.感染状況の登録依頼を発信します

都度メッセージと質問・回答を自由に記入して、感染状況の登録依頼を発信することができます。

インフルエンザの感染状況を利用者に一斉に連絡して聞くことができます。メッセージや質問・回答は都度自由に記入することができるので、臨機応変に情報を収集することができます。

利用者の状況登録を受け付けする日にちを予め予約しておくことができます。

毎朝など定期的に状況確認の受付をおこないたいときに便利です。
※社員への発信作業は別途必要になります。

手順2.利用者は感染状況を登録します

社員が感染状況、出社可否などを報告します。メールから安否登録画面にとび、感染状況を登録します。電話での連絡の場合は、読み上げられるメッセージを聞き、プッシュボタンで状況を登録します。

利用者個人個人に専用の安否状況登録画面を用意します。

各利用者一人一人に専用の状況登録画面を用意しますので、インターネット画面上で安否サービスにログインしてスムーズに状況登録をすることもできます。

手順3.利用者の感染状況を確認します

自動で利用者の登録状況を集計し、状況を数字で把握することができます。

利用者の方からの回答は、システムが自動で集計します。 管理者の方は、未感染と回答した人や出社可能な人の数を部署やグループごとなどで確認することができます。CSVで情報をダウンロードすることもできるので、感染状況を報告書にまとめるのにも便利です。

豊富な検索機能で、必要な情報を確認できます。

利用者の方からの回答を一覧で確認する際には、豊富な検索機能で知りたい情報だけを検索することができます。所属組織やグループだけでなく回答ごとにも検索できるので、例えば、未感染と答えた人のみを抽出して確認することができます。

手順4.利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます

利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます。

利用者に対して、一斉に二次連絡する機能もございます。
例えば、上記機能4の検索機能を使って未感染と答えた人のみを抽出し、 その方々に対して出社時間や場所を連絡することができます。

利用者の回答に基づいて二次連絡をすることができます。

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

スマートフォンや携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます。利用者は、スマートフォンや携帯電話から自身の状況を登録することができます。ま た、管理者は利用者への連絡や登録状況の確認など様々な機能をスマートフォンや携帯電話からもご利用いただくことができます。

掲示板 利用の流れと機能

震災のときや日常の連絡に、常時連絡事項を掲載しておくことができる機能です。連絡したいメッセージだけでなく、添付ファイルも掲載しておくことができます。たとえば、震災時の出勤ルールなどを掲示しておくのに便利です。

 

掲示板利用の流れ

安否確認サービス「Biz安否確認/掲示板の流れ イメージ図

手順1.連絡するメッセージを記入し、掲示します

メッセージを常時掲載しておくことができます。

掲示板機能では、自由にメッセージを記入して安否サービス上に掲載しておくことができます。掲載するメッセージの数に制限はないので、メッセージはいくつでも掲載することができます。(ただし、掲載期間の終了日から10日が経過したメッセージは自動的に削除されます。)

公開範囲を特定することができます。

メッセージを見る方を限定して公開することもできます。公開範囲は、組織やグループ単位で指定することができます。

添付ファイルも掲示することができます。

公開するメッセージには、添付ファイルを掲載することもできます。掲示板に添付ファイルを掲載することによって、ファイルを共有していただくことができます。

提示するメッセージ数に制限はございません。

掲載するメッセージの数に制限はないので、必要なときに必要な情報をいくつでも掲載していただくことができます。
※ただし、掲載期間終了後10日間を過ぎたメッセージは自動的に消去されます。

手順2.掲示された内容を確認します

掲示されたメッセージは、パソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォンからも確認することができます。
※ただし、添付ファイルはパソコンから確認していただきます。

安否確認サービス「Biz安否確認/登録されている掲示板は一覧で確認可能:掲示板一覧画面 URLや添付ファイルも確認可能:掲示板一覧画面

その他.スマートフォン・携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます

安否確認サービス「Biz安否確認/登録されている掲示板は一覧で確認可能:掲示板一覧画面 URLや添付ファイルも確認可能:掲示板一覧画面

スマートフォンや携帯電話でも各機能をご利用いただくことができます。利用者は、スマートフォンや携帯電話から自身の状況を登録することができます。ま た、管理者は利用者への連絡や登録状況の確認など様々な機能をスマートフォンや携帯電話からもご利用いただくことができます。

便利な機能

安否確認サービス「Biz安否確認/一斉通報」では、各メイン機能の他にもさまざまな機能を標準機能として提供しています。それぞれの機能は通常の月額料金の範囲でお使いいただける機能のため、ぜひご活用ください。

認証スキップ機能

届いたメールのURLをクリックして、状況を登録する際はIDとPWの認証をスキップすることができます。認証スキップを有効にする時間はお申込みの際に決めていただくことができます。
認証をスキップすることによりいざというときにスムーズにご利用いただけるのに加え、URLの有効時間を設定することでセキュリティも考慮した上でご利用いただくことができます。
※お手軽導入プランの場合は、認証スキップの有効時間は48時間です。

リトライ機能

利用者が安否状況や一斉連絡に関連した情報登録がされない場合に、自動で再連絡する機能です。連絡する回数や間隔は、お申込みの際にお客さまにて自由に決めていただくことができます。
※お手軽導入プランの場合は、追加連絡の回数は2回、連絡間隔は60分です。

よく連絡するメッセージと質問・回答は、定型文として登録することができます。

よく使用するメッセージや質問・回答は、定型文として予め登録しておくことができます。メッセージは999種類、質問・回答のセットは999セットまで登録できます。

管理者数は、お申込みのIDの範囲で制限なく設定いただくことができます。

管理者として設定いただける利用者の数に制限がないため、何名でも管理者として任命していただくことができます。管理者としての設定は、お客さま管理画面にてお客さまが自由に設定・変更していただくことができます。
※管理階層はお客さまの会社組織に合わせて、組織数や組織名を自由に設定いただくことができます。(階層の数はお申込み時に決めていただきます。)組織の設定や変更も、お客さま管理画面にて自由にしていただくことができます。

管理者数は、お申込みのIDの範囲で制限なく設定いただくことができます。

※組織は横にいくつでも作っていただくことができます。
※階層は1~5階層までお選びいただけます。

組織を横断したグループを作成することができます。

利用者を会社組織でグループ分けする以外にも、各組織の個人を選んで任意のグループを作ることができます。グループは99,999つまでいくつでも自由に 作成いただくことが出来ますし、一斉連絡や掲示板でもご利用いただける機能のため、災害対策チームの他にも普段よく連絡するチームがあれば予めグループと して設定しておくと便利です。

よく連絡するメッセージと質問・回答は、定型文として登録することができます。

個人情報非表示機能・上書き制限機能

■個人情報非表示機能
管理者がユーザー情報のメンテナンスを行う際、住所、連絡先、パスワードを非表示にできる機能です。
※ユーザーご自身による個人情報の閲覧・編集は可能です。

■上書き更新制限機能
管理者がユーザー情報のメンテナンスを行う際、住所、連絡先、パスワードを上書きできないように制限できる機能です。(一括登録時に連絡先などを消してしまうことを防止できます。)
※ユーザーご自身による個人情報の編集は可能です。

ヘルプデスクが24時間365日、管理者のみなさまをサポートいたします。

24時間365日の体制で、管理者のみなさまをサポートいたします。24時間365日、電話とメールでご質問を受け付けていますので、いざというときに安心です。

受付時間:24時間365日
手 段 :電話、メール
受付内容:安否確認の操作方法

安否確認だけじゃない、便利なスマートフォンアプリ(月額無料)
安否確認だけじゃない、便利なスマートフォンアプリ(月額無料)

安否確認機能または一斉通報機能にて、スマートフォンアプリに通知し、利用者は簡単に回答することができます。
さらに、管理者は利用者が安否確認登録をした時の位置情報を管理者画面から確認することも可能です。

1.アプリの特徴

(1)通知の即時性・確実性が高まります。

メール、電話での通知に加えて、スマートフォンアプリにも通知します。
これにより、メールや電話がつながりにくい状況でも、通知ができる可能性が高まります。

安否確認/一斉通報サービス 概要

(2)簡単・便利な使い勝手

画面に表示されたプッシュ通知をタップすることで簡単に回答することができます。
また、管理者は通知の送達・開封状況を管理者画面から簡単に確認することが可能です。

通知受信、アプリ起動、安否状況回答(Webブラウザ)、回答完了、かんたん3ステップ!

2.「安否確認」「気象・災害情報」「防災マップ」「家族・知人に連絡」の4つの機能

「安否確認」「気象・災害情報」「防災マップ」「家族・知人に連絡」の4つの機能
①Biz安否確認
安否確認のWEBサイトにアクセスできます。

②気象・災害情報
気象情報や災害情報を確認できます。

③防災マップ
避難所や病院などの施設情報を地図上に表示され確認できます。

④家族・知人に連絡
家族や知人に自分の状況を伝えることができます。


①通知の即時性・確実性が高まります。


安否確認の登録依頼と一斉通報の登録依頼をプッシュ通知でお知らせします。
安否送信情報イメージ

②気象・災害情報


以下の気象情報/災害情報をプッシュ通知でお知らせします。
  1. 警報・注意報
  2. 地震速報
  3. 台風情報
  4. 津波情報
  5. 火山情報
  6. 洪水情報

  • お客さまが通知を受信したい地域を3つまで選択可能
  • また現在地と連動した情報配信も可能
アプリインストール時のデフォルト設定では配信されない設定となっています。
気象情報/災害情報の通知イメージ

③防災マップ


  • 避難所や病院などの施設情報を地図上で確認可能
  • 標高を指定して指定標高以上の施設のみを表示する絞込み機能
  • オフライン地図をダウンロード可能
防災マップイメージ

④家族/知人に安否を知らせる機能


  • 事前に設定したメールアドレス(最大10件)に対して、「自身のステータス(無事、負傷など)」+「現在の位置」+「伝言メッセージ」を選択/入力して、簡易にメールを作成、送信できる機能
  • J-anpi(※)やTwitterに自身の状況を簡易に投稿する機能
    各通信事業社が提供する災害伝言板(web171など)の情報を集約する一般向け無料サービスです。
  • オフライン地図をダウンロード可能
家族・知人に安否を知らせる機能イメージ


3.ご利用にあたって

  • 利用料金は、無料です。(「Biz安否確認/一斉通報」サービスのご契約が前提となります。)
  • ご利用にあたっては、お申し込みが必要です。
    既契約者さまがご利用される場合は、契約の変更申請が必要です。
    変更手数料:お手軽導入プラン:10,000円(税込10,800円)、通常プラン:20,000円(税込21,600円)が必要
  • アプリをご利用される方は、利用されているスマートフォンへアプリのダウンロードが必要です。
  • アプリは、AppStore/Google playよりダウンロードしてください。
  • 対象OSは、iOS 7、Android 4.1以上になります。
  • 対応言語は、日本語と英語です。

有料オプションメニュー

有料 家族オプションサービス

安否確認/一斉通報サービス_家族オプションサービス 概要

社員と家族がメッセージ交換できる機能をご提供します。

社員のご家族内でメッセージを交換する機能を提供します。
複数のご家族が登録したメッセージと時間を確認することができます。

1ID(1社員)につき5名の家族を登録することができます。

1社員(家族オプション 1ID)につき、5名の家族を登録することができます。
家族の登録は、各社員が各自の画面から実施します。

家族メッセージイメージ

※月額費が別途10.8円(1ID/月)かかります。

有料 音声オプションサービス

PCや携帯のWeb・メールに加え、音声通話での安否確認/一斉通報が可能になります。
1回線のご契約で23回線同時に一斉通報が可能となります。また、通話料もオプション料金に含まれるため、従量料金は発生しません。
※ 但し、こちらの音声オプションは「お手軽導入プラン」の対象外となります。

音声による登録 イメージ図
資料請求/お問い合わせ

このページのトップへ