Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

株式会社WOWOW

営業局・カスタマーセンター・代理店を網羅する
リアルタイムのデータ受け渡し環境を構築。

Bizストレージ ファイルシェア

株式会社WOWOWさま

課題

  • 機密データを高セキュアな環境で自由自在にやりとりしたい。
  • 全国に点在する拠点や代理店ごとにデータ授受を個別管理したい。

対策

利用方法

  • GroupDisk機能とMyDisk機能による
    データ専用受け渡し環境を構築。
  • カスタマーセンターのレポート情報アップロードを
    1時間間隔で定期化。

効果

  • 高頻度のデータ受け渡しを高セキュアな環境で実現。
  • 誤送信やデータ紛失などのリスクを大幅に低減。
  • リアルタイムのデータ受け渡しで業務そのものを革新。
株式会社WOWOW 営業局 営業2部 甘田 史郎 氏

株式会社WOWOW
営業局 営業2部
甘田 史郎 氏

やりとり頻度が高い情報の中継基地として、
ShareStage ASPサービスを採用。
アウトバウンドの業務改革にも成功。

2011年10月にフルハイビジョン・3チャンネルのBSデジタル放送局として新たなスタートを切った株式会社WOWOW様(以下、WOWOW)。映画やスポーツ、音楽などの上質なエンターテインメントを提供しているが、新規加入促進にはニーズに合ったアウトバウンドが不可欠。そこで、常に行われる膨大なプロモーションを支える情報の“中継基地”として選ばれたのが、ShareStage ASPサービスだ。

ご利用イメージ

CDから高セキュアなストレージ環境へ。
それは業務を一変させる出来事に。

年に3回、新規加入が急激に伸びる時期がある。それは、春からの新生活を控える年度末と音楽イベントが目白押しの夏期、家族団らんでテレビを楽しむ機会が増える年末年始だ。またその時期は、誰もが観たがる数々の大型番組が編成される。WOWOWの営業局は、3つある自社のカスタマーセンターと代理店と密接に連携し、新規加入促進のためのアウトバウンドを時期ごとに合わせてきめ細かな展開をしている。
アウトバウンド施策は綿密に計画され、カスタマーセンターや代理店へ受け渡すプロモーション情報は、数ヶ月先の番組など解禁前の情報も含む。さらに送受信頻度も高いため、誤送信の可能性があるメールは不向きだ。加えて数十社ある代理店ごとに個別管理する必要もあり、情報の中継基地となり得るインフラ環境を探していた。そして2010年4月、前任担当者が白羽の矢を立てていたShareStage ASPサービスを導入した。
「当時、私はカスタマーセンターにいました。つまり導入に立ち会った当事者ですが、その日から業務が激変したことを覚えています」と、現システム管理者の甘田氏は振り返る。それまでCDをセキュリティ便で送っていたものが、導入の瞬間からネット上で安全かつ簡単に短時間で受け渡せる。この根本的な差異はあまりにも衝撃的だった。

瞬時の送受信機能を活かし、営業力のレスポンスを大幅に向上。

毎日行われるアウトバウンドは、それぞれの拠点から日本全国のエンドユーザーへ実施され、情報も細かくカスタマイズされている。WOWOWではGroupDisk機能とMyDisk機能を使い、個別にグループを作成。担当者ごとに発行しているIDは300個を超える。
データのやりとりはほぼ毎日で、アウトバウンドが集中する平日17時~21時と土日10時~20時は、カスタマーセンターから1時間ごとにレポートが上がってくる。セキュリティ便だった頃には不可能だった即時性がShareStage ASPサービスの導入で実現し、業務の精度が大幅に向上した。
またデータの受け渡しのほかに、各ユーザー画面上に共通ファイルをひとつ作成し、業務連絡用として掲示板的な使い方も。これは、それぞれがアクションを起こした際にその結果を記入するシンプルなものだが、時系列で整理でき、現在の状況が把握しやすいので重宝しているそうだ。

最も評価したいのは、簡単な操作とシンプルな仕組み。

約2年の運用を経て、ShareStage ASPサービスはアウトバウンドに欠かせないツールとなった。ディスク上のデータは3ヵ月の保管後、自動的に削除するルールを敷いているが、活用機会も増えたことで繁忙期は容量が不足がちになることも。システム管理者である甘田氏は、定期的なIDの整理とともにディスク容量の割り振りにも細心の注意を払っているという。しかし、操作が簡単なので煩わしいと感じたことはないそうだ。サポートセンターへも、システム管理者を前任者から自分へ移行する際にしか問い合わせてないそうだ。
「ShareStage ASPサービスの良さは、シンプルな仕組みで操作が簡単なこと。タイムラグなしで日本全国の代理店と直接、情報のやりとりができるメリットは測り知れません。導入目的はセキュリティの確保でしたが、業務革新ができてしまった。コストを超越した効果がありました」と、甘田氏は本サービスの利用価値を高評価した。

サービスを申し込む
無料トライアルを試したい
資料請求・お問い合わせ
雪印種苗株式会社さま

株式会社WOWOW

このページのトップへ