Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

株式会社畠山製作所

大容量のCADデータも迅速に共有
お客さまとの調整を大幅に効率化した
ShareStage ASPサービス(オンラインストレージサービス)

Bizストレージ ファイルシェア

株式会社畠山製作所さま

課題

  • CADデータを関係各所と迅速に共有したい
  • お客さまから素早いレスポンスが欲しい
  • 煩雑な調整作業を円滑に進めたい

対策

利用方法

  • 社内とお客さま、協力会社で大容量のCADデータ共有
  • お客さまの要望を確認後、スムーズに作業へ移行

効果

  • 提出データへのレスポンスが早くなった
  • 細かい修正にもスムーズに対応できる
  • セキュリティ面で大きな安心を得た
株式会社畠山製作所さま 技術部 濱浦 司 氏

株式会社畠山製作所
技術部
濱浦 司 氏

静岡県沼津市に本社を置く株式会社畠山製作所は、工作機械を安心して利用するためには欠かせない「カバー」を作る会社である。一口にカバーと言っても、そのサイズや形状は機械によって異なり、そのほとんどがオーダーメード。さまざまなジャンルで、発注元の要求に耐えうる高度な加工技術力が自慢の同社で、ShareStage ASPサービス導入によりお客さまとの間に発生する調整シーンが、大きく変化したという。技術部部長・山本昭男氏と、部長補佐・濱浦司氏に詳細を聞いた。

ご利用イメージ

仕事の流れを変えたオンラインストレージ

株式会社畠山製作所は、自動車・航空機・家電・携帯電話・金型ほか、あらゆるジャンルの「部品」を作り出す精密工作機械、いわゆる「マザーマシン」のスプラッシュガードやテレスコカバーなどを設計、製作する会社だ。現代のあらゆる製造分野で、高精度・高速化する幅広いニーズに対応するため、設計、素材・板金加工、組立、配送までを一貫して行い、国内外に多くのお客さまを保有する。
オーダーメードだからこそ、実際の製作までには、仕様と設計について発注元と度重なる調整が必須となる。「手書き時代から 2次元 CADあたりまでは、コピーを郵送していました。当時はそれだけで 1ヶ月がかりなどということも、珍しくありませんでした。3次元 CAD時代の到来とともに、データでのやり取りが当たり前になり、ずいぶん効率化されましたね。
実を言うと、ShareStage ASPサービス導入以前にも、同様のサービスを利用していました。その終了に伴い、法人向けオンラインストレージサービスを複数検討。保存容量、価格、セキュリティ、操作性などあらゆる条件でバランスの良いShareStage ASPサービスに決定した経緯があります」。濱浦氏は回顧する。

オーダー設計の煩雑な調整もスムーズに進行

「大型製品でも、その構造は精密機械並みの繊細さが要求されるんです」と語る、技術部部長の山本昭男氏

山本氏によると、同社の設計書は元データに加え、項目別部品データがツリー状にパッケージされているそうだ。パーツの数は、部品 1点でも平均20~ 30個。製品全体ではときに 400~ 500個にも上ることがある。だからこそ、安心して大容量データをアップロードできる ShareStage ASPサービスに白羽の矢が立ったのだという。
現在は、設計担当 7名が GroupDiskを利用し、お客さまおよび協力会社へ案件ごとに IDを付与。必要に応じてデータを共有している。「お客さまや協力会社はほぼ限定されていますし、もちろん先方を信頼してはいますが、各社のインターネット環境で、セキュリティ対策がどうなっているかまでは確認できません。だからこそ念には念を入れて、高いセキュリティというのはいいですね」と、濱浦氏。
さらに、大容量データを送受信する際に起こりがちなフリーズからの解放も、評価ポイントだ。「以前のサービスでは送信中に端末がフリーズし、最初からやり直すのが面倒でした。しかしShareStage ASPサービスに替えてからは、この現象がほとんどありません。さすが OCNバックボーンに直結のサービスだと、感心しています」。

次々押し寄せる課題をその場で解決

濱浦氏の実感として、昨今、似たようなサービスも出始めて一見選択肢は増えても、それらの継続性、機能、操作性などは使ってみなければわからない。もし何らかの理由で別サービスへ乗り換えるにしても、そのたびに操作を覚えるのは意外に厄介なのだそうだ。そんな中、 ShareStage ASPサービスは、業務に組み込めるオンラインストレージとして信頼に足るという。そして同社がShareStage ASPサービスを使いこなす様子には、お客さまも注目しているそうだ。
「当社の製品は、工作作業中に飛び散る切削片や粉末、有害物質などから、作業環境やスタッフを守る大切な役目を担っています。そこで設計段階では、たとえそれがどんな小さな箇所でもきちんと仕様を詰める必要があるんです。大きな設計データが共有できるのもそうですが、こうした部品ごとの細々したデータも、お客さまからのご要望があればすぐに確認、微修正できるのは本当に助かりますね」と、濱浦氏。納期に追われる中、次々に押し寄せる課題解決に資するアイテム、それが ShareStage ASPサービスなのだ。

サービスを申し込む
無料トライアルを試したい
資料請求・お問い合わせ
雪印種苗株式会社さま

株式会社畠山製作所

このページのトップへ