Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

コマツ

シンプル機能と高いセキュリティ
きめ細やかなお客さまのニーズまで満たした
ShareStage ASPサービス(オンラインストレージサービス)

 

Bizストレージ ファイルシェア

コマツさま

課題

  • 工場から海外の特定大口顧客へ帳票写しの送信をしたい
  • 早く、安く、簡単、高セキュリティなASPサービスを利用したい

対策

利用方法

  • 工場から海外の特定大口顧客へスムーズなデータ送信
  • 月に100通程度のPDFデータをセキュアに共有

効果

  • 安心、迅速に海外へデータ送信
  • 気軽に送信できて業務への支障もなし
  • 顧客満足度の向上に寄与
コマツさま 情報戦略本部 菊池 明彦 氏

コマツ
情報戦略本部
菊池 明彦 氏

建設をはじめ、農林畜産、解体、運搬、リサイクルほかさまざまな現場で活躍する建設機械。油圧ショベル、ブルドーザ、ダンプトラック、ホイールローダ、フォークリフトなど、こうした機械を製造販売するのが、コマツである。同社では、海外の特定大口顧客へ組立前の部品を輸出する際、お客さま側で円滑な荷受作業をするため ShareStage ASPサービスが役立っているという。情報戦略本部・菊池明彦氏が詳細を語る。

ご利用イメージ

外販先との荷受作業を円滑にする帳票先行共有

黄色い建機本体に「KOMATSU」のロゴでおなじみのコマツは、1950年代、いち早くグローバル化に乗り出した。その果敢な挑戦が実を結び、現在は国内のみならず、アメリカ、ヨーロッパ各国、アジア各国、中国、ブラジルなどに多くの生産拠点を持つ。それとともに日本の工場から海外のお客さまへ、部品やエンジンなども輸出している。
情報戦略本部・菊池明彦氏は語る。「当社ではある外販先の求めに応じ、製造した部品類を輸出する際、インボイスを出荷に先立って PDFデータでお届けしています。これにより、あらかじめ荷受に必要な車両手配などのめどが立ち、先方にとって円滑な作業につながるのです。しかしこうした外部の、しかも特定のお客様とのやり取りにグループ内ネットワークは利用できないため、うまくデータを共有する方法を探していました」。
インターネットに詳しいスタッフや、インフラ系チームのスタッフなど広く声をかけ、寄せられたいくつものサービス情報から、機能、セキュリティ、操作性、価格などを多角的に検討。最終的に、 2社に絞られた。その後双方の営業担当者からの説明を受け、最終的に ShareStage ASPサービスに決定したそうだ。決め手は、「高セキュリティ、低価格はもちろんですが、なにより“分かりやすい機能 ”でした」と、菊池氏。

シンプルでセキュアな標準機能と簡単操作を評価

菊池氏が目をつけたのは「機能」。菊池氏がその理由を話してくれた。「当社は CADをはじめ、大容量のデータを日常的に扱っていることから、それらに対応する送受信システムはすでに社内で整備されています。だからと言って、帳票を送信するという目的だけのために、そこまでの複雑さは求めていない。つまり私たちにとって、ShareStage ASPサービスが持つ機能の“シンプルさ ”も、一つの魅力だったのです」。
「特定の取引先に、決まった内容のデータを、簡単な操作で安心して送信したい」。ShareStageASPサービスは、まさに、こうした同社のピンポイントな希望をかなえるサービスだったというわけだ。現在は、主に ShareDisk機能を利用中というが、導入時よりマニュアルを使うこともなく、非常にスムーズに利用できているのもよかったという。

必要なデータを手軽に送信し、顧客満足度にも寄与

世界中に拠点を持つ建機メーカー、コマツ。「KOMATSU」のロゴも世界を駆けめぐる

「 1社とは言え、200KB程度のファイルを月に100件程度送ります。送信先が限定されている場合でもパスワードを設定できるのが、よりセキュアなやり取りを前提とする当社条件をクリアしていますね。いま小山工場でデータ送信に関わる担当者は、 10名前後。もちろんその仕事だけをしているのではありませんから、忙しい中でも、簡単にこれだけデータを送れるのは助かっていますよ」。このコメントとともに、菊池氏が笑顔で続けた。
「実は今回、ShareStage ASPサービスを利用中のスタッフに、当事者としての使用感をもっと詳しく聞いてみたのですが、彼らにとって、業務の中にあるのが当たり前。スムーズに業務が遂行できている現状では、むしろ答えにくいと言われてしまいました」。
今後もし同じような要望があれば、迷わず利用範囲を広げると菊池氏は言う。「お客さまのニーズに対し、きめ細かい対応とスタッフの作業負担軽減に、ShareStage ASPサービスは、今やなくてはならないツールとなっているようだ。

サービスを申し込む
無料トライアルを試したい
資料請求・お問い合わせ
雪印種苗株式会社さま

このページのトップへ